eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● ヤマハ YZF-R3 ABS を日本市場へ投入! 6月10日から67万5000円で発売

f:id:eddie_k1967:20190510175826j:plain


ヤマハ発動機は、ロードスポーツモデル『YZF-R3 ABS』をマイナーチェンジし日本市場に導入、6月10日より販売を開始すると発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190510180019j:plain

 

YZF-R3は水冷2気筒320ccエンジンを搭載するヤマハのグローバルモデル。「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに開発、同コンセプトの『YZF-R25 ABS』同様に、日常的な扱いやすさを確保しながらも、ゆとりあるパワーで爽快な走行が楽しめる。

 

f:id:eddie_k1967:20190510175856j:plain

 

2019年モデルは、MotoGPマシン「YZR-M1」をシンボルとする新しいデザインとし、歴代Rシリーズ同様の二眼ヘッドランプにLEDを採用したという。フロントフェイスはLED二眼ヘッドランプと新造形をバランスさせて低い位置から睨みつける表情をもたせ、サーキットでの緊張感や走りへの闘志を表現。さらに左右ヘッドランプの中央には「YZR-M1」のアイデンティティであるセンターダクトを採用しMotoGPマシン「YZR-M1」イメージを強調しています。

 

f:id:eddie_k1967:20190510180116j:plain

 

フロントカウルとスクリーンは、空力特性の向上に重点を置き開発、フロントカウルは、“クロスレイヤード・ウイング"と呼ぶ立体的な構造で、走行風を後方に逃がすことによる空気抵抗の低減と効果的にエンジンを冷却する機能的なデザインを採用。スクリーン形状は車体の周りの空気を整流する効果があり、それぞれの優れた空力特性が空気抵抗によるライダーの負担を軽減するそうだ。

 

f:id:eddie_k1967:20190510180135j:plain

f:id:eddie_k1967:20190510180904j:plain

 

また、乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立した新デザインのタンク&タンクカバーを採用した。ハンドル位置を22mm、タンクトップ位置を20mm下げ、サーキットの直線で前傾姿勢を取りやすく、旋回時には高いニーグリップ性を発揮。さらにタンクの左右最大幅31.4mm広げ、燃料タンク容量は従来同様14リットルを確保する。

 

f:id:eddie_k1967:20190510180153j:plain

 

足回りでは、37mm径インナーチューブの倒立式フロントサスペンションを採用。倒立式のメリットである優れた剛性バランスを活かすために減衰力とバネレートの最適化を図り、旋回や制動時などの良好なフロント接地感に繋げた。

 

f:id:eddie_k1967:20190510180213j:plain

 

また減衰力発生機構はカートリッジ式とし、伸側・圧側をそれぞれ最適化でき、快適性とスポーツ性の良好なバランスを図っている。また、剛性に優れ、転がり抵抗が少ないラジアルタイヤ(フロント110mm幅、リア140mm幅)を採用し、ハンドリングの軽快さと快適な乗り心地に貢献している。

 

f:id:eddie_k1967:20190510180956j:plain

 

メーターは、新開発の視認性の高いフル液晶のディスプレイを採用。高精細なバーグラフタイプのタコメーターによりアクセルワークを視覚的に楽しむことができる。また、スピードメーターや燃料計だけでなくシフトタイミングインジケーターなどの情報をマルチに表示し、視認性の高さとレーシングイメージを両立している。

 

f:id:eddie_k1967:20190510180253j:plain

 

カラーはブルー、マットブラック、マットレッドの3色を設定。なお、販売価格は67万5000円を予定している。

 

f:id:eddie_k1967:20190510180805j:plain

 

 

【 2019 Yamaha YZF-R3 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=4cGteHcJ4Hs

 

 

【 The New Yamaha YZF-R3 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=UpaZ1vVN3Bg

 

 

【 YAMAHA YZF-R25 PV の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=7wXy7461PDo

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● トヨタ「GRヤリス」を標的に…ヒュンダイ高性能ハッチ「N」の第2弾がニュルでテスト

f:id:eddie_k1967:20190519230949j:plain


韓国ヒュンダイが誇るベストセラー・ハッチバック『i20』に設定されるハードコアモデル、『i20N』の開発車両がはじめてカメラに捉えられた。

 

f:id:eddie_k1967:20190519231017j:plain

 

「N」は、2015年に同ブランドが立ち上げた高性能ブランドで、2017年に第一弾として『i30N』を発表しており、i20Nは第2弾となるモデルです。

 

f:id:eddie_k1967:20190519231044j:plain

 

i20は、2016年に世界累計販売100万台を達成し、2018年4月にフェイスリフトを受けている。捉えられたプロトタイプはこの改良新型をベースとしたテストミュールだが、ディテールについては不明です。

 

f:id:eddie_k1967:20190519231109j:plain

 

しかし、ローダウンされたボディの足元には、レッドブレーキキャリパーが覗くなど高性能ブレーキを備え、215/40 R18のピレリP-Zeroタイヤを装着している。また強力なターボエンジンを予想させるデュアルエキゾーストパイプも見てとれる。当然ですが、ハードセッティングされたスポーツサスペンションも装備しているはずです。

 

f:id:eddie_k1967:20190519231128j:plain

 

予想されるパワートレインは、1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」エンジンが搭載される。標的となるライバル、トヨタ『GRヤリス』は1.6リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載しており、最高出力250psと予想されているので、当然、200ps以上のパワーは欲しいところだろう。同様のエンジンを積むキア『シードGT』が201psを発揮しているので、それほど難しいことではないはずです。

 

f:id:eddie_k1967:20190519231157j:plain

 

現行i20は2014年から発売されており、2021年には第3世代へバトンタッチされるでしょう。そのため、高性能仕様となるNモデルのワールドプレミアも間近に迫っている可能性が高いといえそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20190519231236j:plain

 

 

【 Hyundai i20 Aerodynamics の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=7KrG8XPHjoQ

 

 

【 Hyundai PR WRC 60 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=zeV-2pIb6Ro

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● PSAグループの「オペル」が最新モデル「グランドランド-Xハイブリッド4」をグローバル市場に投入

f:id:eddie_k1967:20190515212000j:plain


かつて日本にも正規輸入されていたドイツブランドの「オペル」は、このほど、CセグメントSUVのグランドランド-Xにプラグインハイブリッド4WD車の「グランドランド-Xハイブリッド4」を設定したと発表しました。このモデルは日本に導入されないようだが、ちょっと気になるニューモデルなのでご紹介しましょう。

 

f:id:eddie_k1967:20190515212036j:plain

 

ある年代の方までは「オペル」というドイツブランドを覚えていることでしょう。2006年までは日本に正規輸入されていたので、所有していた方もおられるかもしれない。日本市場撤退後も欧州を中心に展開されており、2017年にはそれまでのGMグループから、プジョーシトロエンを要するPSAグループの一員となった。

 

f:id:eddie_k1967:20190515212055j:plain

 

そんなオペルの現行モデル「グランドランド-X」は、2017年に誕生。PSAグループの新世代プラットフォーム「EMP2」をはじめ、メカニカルコンポーネントの多くをプジョー3008と共有したCセグメントSUVモデルなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190515212118j:plain

 

ボディサイズは全長4477×全幅1856×全高1609mmで、ホイールベースは2675mm。エンジンは、ガソリン仕様が130psの1.2Lターボと180psの1.6Lターボ、ディーゼル仕様が130psの1.5Lターボと177psの2.0Lターボを設定。トランスミッションはエンジンによって6速MTや8速ATが組み合わされている。駆動方式はFFのみとなっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190515212315j:plain

 

今般、このグランドランド-Xにハイブリッドパワートレインを搭載する四輪駆動モデルが登場したのです。それが「グランドランド-Xハイブリッド4」です。200psを発する1.6Lガソリンターボエンジンに2基のモーターを組み合わせるパワーユニットは、システム合計で300psを引き出す。モーターは前後アクスルに配置され、後輪はリヤに搭載されたモーターで駆動する。

 

f:id:eddie_k1967:20190515212341j:plain

f:id:eddie_k1967:20190515212512j:plain

 

バッテリーは13.2kWhのリチウムイオンで、50kmのEV航続距離を実現しているほか、最高で45.5km/Lの燃費(WLTPモード)をマーク。走行モードは選択性で、「EV」、「ハイブリッド」、「4WD」、「スポーツ」の中からチョイスできる。内外装はシンプルでクリーンなイメージを醸し出す。質感も高そうで、プジョー3008とコンポーネントを共有していながらオペルらしい実直なデザインでまとめられています。

 

f:id:eddie_k1967:20190515212234j:plain

 

オペルでは2024年までにラインナップモデルを全て電動化技術に対応し導入する方針とのことで、この「グランドランド-Xハイブリッド4」に続き、今後2年以内に新型コルサ(Bセグメントハッチバック)やミニバンタイプのザフィーラ・ライフなどに電気駆動仕様車を設定する予定とのことです。欧州での電動化の波は着実に押し寄せているようですね。

 

f:id:eddie_k1967:20190515212743j:plain

f:id:eddie_k1967:20190515212201j:plain

 

 

【 Opel Grandland X Hybrid 4 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=ivzvGyHmP68

 

 

【 Opel Grandland X (ENG) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=APsXDqmOJos

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● スマートにガソリンエンジンの最終モデル、21台限定…2020年から全車電動化へ

f:id:eddie_k1967:20190515221903j:plain


メルセデスベンツ傘下のスマート(Smart)は、ガソリンエンジン搭載のスマート『フォーツー』の最終モデルとなる「ファイナルコレクターズエディション」を発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190515221926j:plain

 

スマートブランドの量産第一号車がラインオフしたのは、1998年7月。初代フォーツーがフランス工場からラインオフした。スマートはこの瞬間を、スマートブランドの誕生に位置付ける。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225600j:plain

 

◆キーワードの「21」とはブランド誕生から21年、限定21台の2つの意味

ブランド誕生から21年になるスマートにとって、次の20年は非常に重要なものになる。それは2020年から、全モデルの電動化が控えているため。まずは欧州と米国で、ガソリンエンジン搭載車の導入を終了し、EVに一本化。その後、全世界へこの戦略を拡大していく。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225654j:plain

 

今回発表されたファイナルコレクターズエディションは、スマートブランドの2020年からの全車電動化を控えて、ガソリンエンジン搭載のフォーツーの最終モデルとして登場した。キーワードの「21」には、ブランド誕生から21年という意味と、21台の限定生産車という意味を込めている。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225736j:plain

 

◆工業デザイナーのコンスタンチン・グルチッチ氏とコラボ

スマートは、ファイナルコレクターズエディションの開発にあたって、工業デザイナーのコンスタンチン・グルチッチ(Konstantin Grcic)氏と協力した。グルチッチ氏は1965年生まれ。英国ロンドンのロイヤルカレッジオブアートでデザインを学んだ後、1991年にドイツ・ミュンヘンにデザインスタジオを設立した。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225145j:plain

 

デザインスタジオでは、工業デザインや家具デザイン、展覧会デザイン、建築やファッションの分野でのコラボレーションまで、さまざまな分野でのデザイン活動に取り組む。彼の作品は、米国のニューヨーク近代美術館やフランス・パリのジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センターなどに収蔵されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225408j:plain

 

◆ボディカラーは前半分がイエロー、後半分がマットブラックの大胆なカラーリング

ファイナルコレクターズエディションは、「ファイナルコレクターズエディション」をテーマに掲げる。スマート『フォーツー カブリオ』をベースに、エクステリアは「ブラバス」(BRABUS)仕様としており、フロントスポイラー、サイドスカート、リアディフューザーなどで構成される専用エアロパーツが、スポーティさを演出する。ブラバスは、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られる存在。メルセデスベンツは2003年、ブラバスとの協力により、初代スマートのブラバス仕様を発表。その後の歴代モデルにも、ブラバスが設定されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225332j:plain

 

また、ファイナルコレクターズエディションのボディカラーは、前半分がイエロー、後ろ半分がマットブラックの大胆なカラーリングを採用する。ブラバス製のアルミホイールもフロントがイエロー、リアがブラックとしてコーディネートされた。ドア部分には「21」のデカールが添えられる。スマートによると、このイエローは初代スマートに設定されていた「ハローイエロー」へのオマージュという。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225240j:plain

 

インテリアは、外装と同じく、ブラックとイエローを組み合わせた。ダッシュボード、ステアリングホイール、シート、ドアトリムなどの一部を、イエローで仕上げる。「21」のロゴが、シートのヘッドレスト、シフトレバー、スカッフプレートなどに添えられている。サイドブレーキレバーには、限定車のシリアルナンバーが記される。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225305j:plain

 

なお、ガソリンエンジン搭載のスマートフォーツーの最終モデルとなるファイナルコレクターズエディションは2019年8月にラインオフする予定という。

 

f:id:eddie_k1967:20190515225816j:plain

 

 

【 Smart Fortwo Final Collector's Edition の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=CHH5mJWUjNo

 

 

【 Big ideas start out small | Smart の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=YXwYCm_udlY

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら