eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● BMW 新型 M8クーペ、MotoGPのセーフティカーに起用!

f:id:eddie_k1967:20190821162559j:plain


BMWの新型『M8クーペ』(BMW M8 Coupe)が、二輪ロードレース世界選手権MotoGP」のセーフティカーとして起用され、オーストリアGPから導入されました。

 

f:id:eddie_k1967:20190821162622j:plain

 

BMWは1999年からおよそ20年間、MotoGPのセーフティカーに採用されています。最近では、2012年シーズンは『M6クーペ』、2013年シーズンは『M6グランクーペ』がセーフティカーを務めた。2014年からは2年連続で『M4クーペ』が担当。2016~2017年は、『M2クーペ』がセーフティカーを務め、2018年からは新型『M5』がその任務を果たしています。

 

f:id:eddie_k1967:20190821163336j:plain

 

◆0‐100km/h加速3.2秒で最高速305km/h

新型M8クーペは新型「8シリーズ クーペ」がベースの高性能グランクーペモデルだ。エアロダイナミクス性能やエンジンの冷却性能を引き上げる専用バンパーをはじめ、スポーツ性が強化されたインテリアなど、ベース車両の新型8シリーズクーペに対して、「M」流の変更が加えられています。

 

f:id:eddie_k1967:20190821163425j:plain

 

パワートレインには、BMW Mが開発を手がけた直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。このV8は、シリンダーバンク上を横切るように配置された(クロスバンク)エグゾーストマニフォールドにより、排気ガス流のエネルギーが2つのターボチャージャーのタービンホイールに最適に伝えられる。冷却システムも、最適な効果を発揮するように設計されており、サーキット走行時の熱負荷に耐える。フラップ制御式のエグゾーストシステムのサウンドは、選択しているモードによって変化する。

 

f:id:eddie_k1967:20190821163305j:plain

 

最大出力は600hp/6000rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5600rpmだ。0~100km/h加速3.3秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。オプションの「Mドライバーズパッケージ」ではリミッターが解除され、最高速は305km/hに到達する。さらなる高性能を求める顧客には、「コンペティション」を設定するという。

 

f:id:eddie_k1967:20190821162806j:plain

 

直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力がプラス25hpの625hp/6000rpmへ向上。最大トルクは76.5kgmで変わらないが、1800~5800rpmと、より幅広い領域で引き出される特性とした。0~100km/h加速は3.2秒(カブリオレは3.3秒)と、0.1秒短縮される。最高速は250km/h(リミッター作動)で、オプションのMドライバーズパッケージではリミッターが解除され、最高速は305km/hとなる。MotoGPの公式セーフティカーには、このコンペティションがベースとなっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190821163102j:plain

 

◆パワートレインは市販車と共通

このV8エンジンを含めて、パワートレインは市販車と変わらないそうだ。トランスミッションは8速の「Mステップトロニック」で、ドライバーはMセレクターレバーまたはステアリングホイールのパドルシフトでマニュアル操作が行える。駆動方式は4WDの「M xDrive」だ。このシステムは、後輪駆動を重視した設計となっており、後輪が動力伝達の限界に達し、追加のトラクションが必要になった場合に限って、フロントアクスルにパワーを振り分ける。

 

f:id:eddie_k1967:20190821163533j:plain

 

また、「アクティブMディファレンシャル」も採用する。トランスファーケースが必要に応じて、駆動トルクの一部を無段階かつ可変的にフロントアクスルへと振り分ける。一方、左右後輪間の駆動トルク配分は、アクティブMディファレンシャルが受け持つ。スポーツ走行時や、路面のグリップが変化する場面など、その状況に合わせてM xDriveに組み込まれたアクチュエーターがロック率を選択し、走行安定性を確保する。

 

f:id:eddie_k1967:20190821163954j:plain

 

M xDriveの導入により、車両を安定させるためにDSC(ダイミック・スタビリティ・コントロール)の介入が必要となるのは、極端な状況だけに限定され、エンジンパワーを推進力としてほぼ無駄なく利用できるという。

 

f:id:eddie_k1967:20190821162953j:plain

 

新しいMモードも採用された。BMW Mモデル向けに専用開発されたコントロールシステムは、パワートレインやシャシーを、ドライバーの好みに設定することを可能にする。4WDのM xDriveシステムは、前輪と後輪の間のパワー配分を調整でき、ブレーキシステムもドライバー好みに設定できる。

 

f:id:eddie_k1967:20190821163136j:plain

 

センターコンソールにある新しいセットアップボタンを押すと、5つの車両パラメータに関するセットアップ項目に直接アクセスできる。そして、コントロールディスプレイにセットアップメニューが表示される。その後、ドライバーはタッチスクリーンまたはiDriveコントローラーを使って、エンジン、サスペンション、ステアリング、ブレーキ、M xDriveの各モードを、1ステップで設定できる。

 

f:id:eddie_k1967:20190821163832j:plain


◆セーフティカーらしい専用装備

今般、この新型M8コンペティションが、MotoGPのセーフティカーとして起用された。BMW Mの手によって、フラッシュライトやロールケージ、バケットシート、消火器、無線システム、専用デカールなど、セーフティカーらしい装備が加えられています。

 

f:id:eddie_k1967:20190821162905j:plain

 

また、「Mパフォーマンスパーツ」から、チタンスポーツエキゾーストシステム、カーボンテールパイプフィニッシャー、カーボンエンジンカバー、カーボンリアディフューザーステアリングホイールプロ、カーボンサイドスカートなどが装着された。さらにミシュランカップタイヤ、レーシングカーの『M8 GTE』用リアウィングも採用されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190821164316j:plain

 

 

【 BMW M8 Coupe MotoGP (F92) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=pQs0f4W0nI8

 

 

【 The first-ever BMW M8 Coupe の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=b5ZhpJVIqvA

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● キャデラック XT5に精悍で上質な特別限定車「スポーツエディション」が登場!

f:id:eddie_k1967:20190821231005j:plain


ゼネラルモーターズ・ジャパンは、SUVのキャデラックXT5に25台の限定モデルとなる「SPORT EDITION(スポーツエディション)」を設定して発売することを発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190821231040j:plain

 

◆上質な本革シートやブラックアイスクロームのモールなどを採用

キャデラック XT5は、ゼネラルモーターズがキャデラック ブランドで販売しているSUVです。先代モデルまではSRXという名称だったが、2016年にフルモデルチェンジされたときに、キャデラックの新しい車名表記方式によってXT5へと変更され、日本では「XT5 クロスオーバー」という車名で2017年10月から販売されています。

 

f:id:eddie_k1967:20190821231134j:plain

 

全長4825×全幅1915×全高1700mm、ホイールベース2860mmというサイズは、日本ではラージクラスに思われるが、本国ではミドルクラスのSUVに相当します。

 

f:id:eddie_k1967:20190821231203j:plain

 

今回の特別仕様車は、最上級グレードのプラチナムをベースに、以下のような特別装備を装着しています。

■ボディカラー:ステラーブラック メタリック
■インテリアカラー:ジェットブラック/ジェットブラックアクセント
■サイドアクセントモール:ブラックアイスクローム
■テールゲートモール:ブラックアイスクローム

 

f:id:eddie_k1967:20190821231228j:plain

 

ジェットブラック/ジェットブラックアクセントの上質な本革シートやステラーブラックメタリックのボディカラーにブラックアイスクロームのモールをサイドとテールゲートに備え、精悍なスタイルに磨きをかけています。

 

f:id:eddie_k1967:20190821231401j:plain

 

搭載されるエンジンは最高出力314psと最大トルク368Nmを発生する3.7LのV6 DOHCトランスミッションは8速ATで、4輪を駆動する。ハンドル位置は左のみ。車両価格(税込)は772万2000円で、参考までにベース車よりも5万4000円高に抑えられた価格設定となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20190821231442j:plain

 

 

【 The All-New 2019 Cadillac XT5 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=zQDjMDSAjoo

 

 

【 Cadillac XT5 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=ba1J2mR3MTQ

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● BMW 2シリーズ PHV、EVモードの航続を25%増加…改良モデルを欧州市場で発売へ!

f:id:eddie_k1967:20190820001608j:plain


BMWは、『2シリーズ・アクティブツアラー』(BMW 2Series Active Tourer)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「225xe」の改良モデルを欧州市場で発売すると発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190820002532j:plain

 

◆1.5リットルエンジン+モーターのPHVシステム

PHVシステムは、BMWブランド初のFF駆動車となった2シリーズ・アクティブツアラーの基本構造を踏襲したものです。フロントに積まれるのは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンで、最大出力136hp、最大トルク22.4kgmを発生する。そして、そのエンジンパワーは、前輪に伝えられ駆動する。

 

f:id:eddie_k1967:20190820001915j:plain

 

モーターは、リアアクスルに配置され、最大出力88hp、最大トルク16.8kgmを引き出す。モーターは後輪を駆動し、エンジン駆動の前輪と合わせて、4WDとなる。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、224hpのパワーと39.3kgmのトルクを引き出す。0~100km/h加速6.7秒、最高速202km/hの性能を発揮する。

 

f:id:eddie_k1967:20190820001845j:plain

 

◆バッテリーの蓄電容量をおよそ3割大容量化

バッテリー(二次電池)は、リチウムイオンを採用。改良モデルでは、バッテリーの蓄電容量を7.7kWhから、10kWhにおよそ3割大容量化した。これにより、モーター単独で走行可能なEVモードの航続は25%増加し、最大57kmになったという。この効果もあり、NEDC計測による欧州複合モード燃費は52.6km/リットル、CO2排出量は42g/kmの優れた環境性能を実現する。EVモード時の最高速は130km/h。

 

f:id:eddie_k1967:20190820002436j:plain

 

標準装備される充電ケーブルを使用して、家庭用ソケットでも充電できる。バッテリーはおよそ5時間で、完全に充電することが可能だ。 BMW「i Wallbox」を使用すると、充電時間はおよそ3時間15分となる。充電ソケットは、車両左側のフロントフェンダーに設けられた。

 

f:id:eddie_k1967:20190820001957j:plain

 

高電圧バッテリーは、スペースを節約するためにリアシートの下に配置された。ラゲッジコンパートメントの容量は、およそ400リットル(VDA計測法)。後席の背もたれを倒せば、荷室容量は最大で1350リットルに拡大する。

予測エネルギーマネジメントシステムは、ナビゲーションシステムのデータを利用して、動作モードを制御することにより、高い効率と運転の楽しさを両立する。「SPORT」、「COMFORT」、「ECO PRO」の各モードが用意されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190820002159j:plain

 

また、センターコンソールの「eDRIVE」ボタンを操作して、走行モードを切り替えることができる。eDRIVEの「AUTO」モードでは、システムが電気モーターとエンジンを相互に制御し、最適に連携させる。「MAX」モードはEVモード時に使用できる。「SAVE BATTERY」モードでは、走行中にバッテリーの充電レベルを維持し、回復させることを重視する。バッテリー容量を、よりEVモードに充当することができる。

 

f:id:eddie_k1967:20190820002031j:plain

 

◆歩行者に接近を知らせるサウンドシステム

改良モデルでは、サウンドによる歩行者保護機能を標準装備する。EVモードで30km/h以下で走行中、電動モデル専用のサウンドを発生し、歩行者や自転車などの他の道路利用者に、車両の接近を知らせる。

 

f:id:eddie_k1967:20190820002611j:plain

 

インテリアは、スマートフォンを使用して「BMW コネクテッド」経由により、遠隔操作で空調などをあらかじめ調整することができる。

改良モデルには、「Advantage」、「Sport Line」、「Luxury Line」、「M Sport」の各トリムを設定した。2シリーズアクティブツアラー向けのオプションは、ほぼすべてPHVでも利用できるとしています。

 

f:id:eddie_k1967:20190820002057j:plain

 

 

【 The new BMW 2 Series Active Tourer の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=0o51gnURNgk

 

 

【 BMW 2 Series | PHEV Active Tourer の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=XdxIvT9pjQo

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター に「SVJ 63」…770馬力の創業記念車

f:id:eddie_k1967:20190819174109j:plain


ランボルギーニは、『アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター』(Lamborghini Aventador SVJ 63 Roadster)を、米国で開催した「ランボルギーニ・ラウンジ・モントレー」で初公開しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173414j:plain

 

車名の「63」とは、ランボルギーニが創業した1963年にちなんだもの。アヴェンタドールSVJ 63ロードスターは、創業記念車として63台を限定生産する予定とのことだが、すでに完売しているそうだ。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173526j:plain

 

◆内外装にカーボンを多用

ベース車両は、『アヴェンタドールSVJロードスター』だ。ルーフ、エンジンカバー、エンジンエアベント、ウインドスクリーンリム、ドアミラーなどは、カーボンファイバー製となり、マットまたは光沢仕上げが施される。専用ホイールの鍛造リムにはマットチタン加工を施した。シリアルナンバープレートも装備される。

ハードトップの製造には、RTM高圧プレス技術を導入。ボンネット、フロントフェンダー、ドアにも軽量素材が多用されており、軽量化に貢献している。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173706j:plain

 

ランボルギーニのパーソナライズプログラムの「Ad Personam」が利用できる。そのため実質的なオリジナル化で、無限のボディカラーとトリムの組み合わせを可能にするという。

インテリアは、コクピット全体にカーボンファイバーやアルカンターラを使用する。2種類のグレーとオレンジの3色のアルカンターラを、カーボンファイバー&カーボンスキンと組み合わせる。カーボンファイバー製のスポーツシートには白いクロスステッチ加工が施される。シートの間には、「63」のロゴが添えられている。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173606j:plain

 

◆最高速は350km/hオーバー

ミッドシップに搭載される6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力770hp/8500rpm、最大トルク73.4kgm/6750rpmを発生する。トランスミッションは、7速「ISR」(インディペンデント・シフティング・ロッド)。駆動方式は4WDで、フロントアクスルとリアアクスル間のトルク配分は、道路条件、グリップ、ドライビングモードに応じて、リアルタイムに変化する。0~100km/h加速2.9秒、最高速350km/h以上の性能を実現している。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173738j:plain

 

走行モードは、「STRADA」、「SPORT」、「CORSA」、「EGO」の4種類。「ダイナミックモードセレクター」が選択したモードを基に、エンジン、トランスミッション、トラクション、ステアリング、サスペンション、スタビリティコントロールを最適に調整する。EGOモードでは、それぞれの設定を個別にカスタマイズすることができる。縦方向、横方向、垂直方向のダイナミクスを独立させたEGOモードでは、あらゆる状況で車両の性能を最大限に発揮させることができるという。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173806j:plain

 

ホイールベースがバーチャルに変化

ランボルギーニの特許技術の「ALA」システムは、最新の「ALA 2.0」を採用する。ALA 2.0では、強化された横加速度を考慮した再キャリブレーションが行われている。ALA 2.0は、ダイナミックな状況に応じて空力負荷を変化させて、高いダウンフォースや低い抗力を可能にする。電動モーターが、フロントリップスポイラーとエンジンボンネットに設けられたアクティブフラップを開閉することにより、フロントとリアの空気の流れを制御する。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173851j:plain

 

セグメント初のアクティブシステムの「ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング」(LDS)と、リアステアリングシステムの「ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング」(LRS)を組み合わせた。LDSシステムは、スピードと選択したドライビングモードに適応して、直接的なステアリングまたは、より間接的なステアリングを選択する。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173911j:plain

 

LRSシステムは、2個の電気機械式アクチュエーターにより、ステアリングリアアクスルを制御。このシステムにより、低速では、リアアクスルがフロントアクスルに対して反対の方向に向きを変えることでホイールベースがバーチャルに減少し、敏捷性が向上する。高速では、2本の軸が平行して回転する。これにより、ホイールベースがバーチャルに延びて、安定性を大幅に向上させるという。

 

f:id:eddie_k1967:20190819173228j:plain

 

磁性流体プッシュロッド式のサスペンションを搭載。道路条件やドライバーが選択したドライビングモードに応じて、スペンションの挙動を絶えず修正し、ローリングや不要な車体の動きを補正するだけでなく、システムはLRSシステムと連動する。すべてのセットアップ条件において、車底と地面との間に発生する空気の流れを一定に保つことにより、ALA の効率とダウンフォースを最大にするよう設計されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190819174040p:plain

 

 

【 Lamborghini Aventador SVJ 63 Roadster の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=lnR8BHP_sdg

 

 

【 Aventador SVJ : shaping the future の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=viW44cUfxCE

 

 

【 Aventador SVJ : ALA 2.0 Aerodynamic System の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=dFQ5U0YzzDo

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら