eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 多目的ユースの“ユルさ”が魅力の80年代風アドベンチャー・ツアラー

f:id:eddie_k1967:20190714111804j:plain


伊 モト・グッツィ(Moto Guzzi) V85TTは、「クラシック・トラベル・エンデューロ」というコンセプトのとおり、ちょっと懐かしい雰囲気を持った多目的な旅用バイクです。

 

f:id:eddie_k1967:20190714111919j:plain

 

現在2輪の世界では「アドベンチャーモデル」と呼ばれるタイプがブームですが、どのメーカーも排気量をどんどん拡大し、電子制御や贅沢装備を「これでもか」と詰め込む傾向にあります。その結果、高性能であるのは確かなのですが、それと引き換えに大きく重くなった車体、複雑な運転操作などに疲れてしまうこともあります。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112014j:plain

 

その点、このV85TTはサイズとエンジンパワーがまさに適当で、扱いやすいところが美点なのです。排気量は850cc、パワーは80ps、車重は200kg強とすべてが“程々”なのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112040j:plain

 

モト・グッツィにはこれまでも「ステルヴィオ1200」といった、縦置きVツインを搭載する多目的ツアラーがありました。しかし、「TT」の名が与えられたのは約40年ぶりだと言う。かつてダカール・ラリーにも参戦した「V65TT」から引用したネーミングであり、古きよき時代のラリー・マシンへのオマージュが込められたモデルなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112722j:plain

 

見た目こそ懐かしさを感じさせますが、丸型2灯ヘッドライトはLED、足まわりには倒立フォークやラジアルマウントのブレーキを装備するなど、中身はしっかり最新のスペックなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112201j:plain

 

跨ると見た目よりコンパクトに感じられ、アドベンチャーモデルの中ではとても足着きのよい部類。シート形状もオフロード車の細めではなくツアラー的な程々形状で、ゆったりと座ることができる。23リットルを飲み込む大容量タンクは前後に長い80年代風のデザインとなっている。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112242j:plain

 

シリンダーが車体の左右に突き出した縦置き空冷Vツインに、スイングアームを兼ねたシャフトドライブの組み合わせ。半世紀以上、基本的に変わっていない独特のエンジン・レイアウトは、モト・グッツィというブランドの頑なさの象徴であり、エンスージアストを惹きつけてやまない部分でもあります。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112325j:plain

 

とはいえエンジンの中身はしっかり進化しているのです。排気量は従来モデルのV9ボバーなどと同じだが、内部はチタンパーツなどで強化された完全新設計で、最高出力も大幅に高められている。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112452j:plain

 

乗り味もV9に比べて、よりスムーズに高回転まで吹け上がり、加速も伸びやか。そのぶん一発一発の力強い鼓動感は薄れたが、空冷OHVらしい穏やかなレスポンスやビート感は健在です。振動やトルク変動が少ないので疲れ難く、快適に距離を延ばすことができる。ロングツーリングには最適のエンジン特性です。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112527j:plain

 

エンジンの回転数を上げずに太いトルクに任せて街を流して乗ることもできる。まったりとしたクルーズ感は最高に気持ちいいだろう。一方、ワインディングロードではかなりペースを上げて走っても、車体は剛性感が高いので安定して走行できる。前後サスペンションはオンロード寄りのセッティングながら適度なストローク量があるので、フロント19、リア17インチのホイールサイズとも相まって、道を選ばず安心して走ることができる。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112101j:plain

 

ノーマル設定のセミブロックタイヤはグリップ力が高く、ライディングモードで「OFFROAD」を選ぶとエンジン出力特性、トラクションコントロール、ABSが協調制御され、水深の浅い川を渡ったり砂浜を走ったりする場面でも、丁寧なアクセル操作さえ心掛ければ問題なく走破できるという。オフロード上級者であればさらにハードな路面コンディションにも不安なくトライできるはずです。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112759j:plain

 

V85TTはモト・グッツィらしさを味わいつつ、最新スペックの走りを楽しめる多目的ツアラーなのです。そして“あらゆる道を走破する”という意味で与えられた「TT」の名が伊達ではないことも感じさせてくれる一台です。扱いやすいサイズとパワー、複雑過ぎず必要にして十分な電子制御など、すべてが“程よい”感じでまとまっていて、盛り過ぎていないところがいい。その“ユルさ”が魅力のアドベンチャーモデルですね。

 

f:id:eddie_k1967:20190714112842j:plain

 

 

【 Moto Guzzi V85TT PV の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=p-JsFn8P3m0

 

 

【 V85TT - CLASSIC ENDURO の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=IdOkz8RPFTw

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● ニッサン400Rや丸目4灯が復活! 新型『スカイライン』発表

f:id:eddie_k1967:20190716214933j:plain


日産自動車は、伝統のプレミアムスポーツセダン新型『スカイライン』をマイナーチェンジしたことを発表しました。同社が誇る先進運転支援技術“プロパイロット 2.0”が搭載されたほか、エンジンパッケージやニューグレードの追加、一部リデザインされたスカイラインの最新モデルが2019年9月から全国で発売されます。

 

f:id:eddie_k1967:20190716215123j:plain

 

スカイラインは1957年の初代誕生から62年を迎えた今日まで人々の“憧れのクルマ”として愛されてきたニッサンを代表するグランドツーリングカーです。スポーツ性能が重視され、派生グレードのスカイラインGT-Rモータースポーツ界において数々の伝説を生み出してきたことは周知のとおりですね。

 

f:id:eddie_k1967:20190716215302j:plain

f:id:eddie_k1967:20190716215823j:plain

 

そんなスカイラインは2001年にデビューしたV35型以降、GT-Rと袂を分かつとともに海外市場も視野に入れたプレミアム路線にシフトされた。今日ではニッサンの海外向け高級ブランド、インフィニティでの販売が重要視され、そのエクステリアデザインも海外プレミアムブランド由来のものになっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190716215152j:plain

 

しかし、今回発表された新型スカイラインは、フロントグリル内に輝くバッジがインフィニティからニッサンに回帰するとともに、同社の象徴として多くのニッサン車に採用されている“Vモーショングリル”が組み込まれた。さらに、リヤにはスカイラインのアイコンとも言える伝統の丸型4灯リヤコンビネーションランプが復活するなど、ニッサンブランドの『スカイライン』を強く印象づけるリデザインがなされています。

 

f:id:eddie_k1967:20190716215348j:plain

 

インテリアはプレミアムスポーツセダンとしての機能性と質感がさらに高められ、ハイブリッド車にはニッサン車では国内初採用となるヘッドアップディスプレイやアドバンスドドライブアシストディスプレイなど“プロパイロット 2.0”専用装備が備わっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190716215445j:plain

 

このプロパイロット 2.0は、高速道路上における単一車線のレーンキープをアシストする同1.0から進化を遂げたもの。新型システムはナビゲーションシステムと周囲360度のセンシング情報が連動し、あらかじめナビで設定した高速道路上ルートの分岐や追い越し時の車線変更をアシストするほか、高速道路の同一車線内でドライバーが直ちにハンドルを確実に操作できる状態に限り、ステアリングから手を離した状態での走行が可能となった。

 

f:id:eddie_k1967:20190716215613j:plain

 

この他、新型スカイラインでは走行シーンに合わせてサスペンションの減衰力を緻密に制御し、車体の挙動を安定させるインテリジェント・ダイナミックサスペンションを初搭載。また、ステアリングの切り始めのレスポンスを向上させ、ライントレース性を高めるダイレクトアダプティブステアリングが採用された。

 

f:id:eddie_k1967:20190716215537j:plain

 

さらに、ガソリン車に3.0リットルV6ツインターボエンジン“VR30DDTT”を新たに搭載。ガソリン車にもハイブリッド車と同様に、GTタイプSP、GTタイプP、GTの3グレードを設定すると同時に、スカイライン史上最高の400馬力を超える最高出力を実現した“400R”がラインアップに加えられている。400Rという名はかつてNISMOが限定発売した「R33型スカイラインGT-R」のコンプリートモデルと同名ということもあり、史上最強スペックとあわせて注目を集めるグレードになりそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20190716215931j:plain

 

クルマと社会がネットワークでつながる新しい“NissanConnectサービス”の旗振り役をも担う新型スカイラインの価格は、ハイブリッド車が547万4520~632万7720円、ガソリン車は427万4640~552万3120円となっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190716220059j:plain

f:id:eddie_k1967:20190716220114j:plain

 

 

【 New SKYLINE ProPILOT 2.0 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=-YOdhctp_dQ

 

 

【 中継 新型スカイライン発表会 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=SeuTRa6B10k

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● フィアット 500 次期型にEV設定 2020年第2四半期から生産へ

f:id:eddie_k1967:20190714215527j:plain


FCAフィアット・クライスラー・オートモービルズ)は7月11日、イタリア工場に電動車の専用ラインを設け、2020年第2四半期(4~6月)から、次期フィアット『500』のEVを生産すると発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190714215611j:plain

 

2012年に発表された現行フィアット500のEVは、モーターが最大出力111ps、最大トルク20.4kgmを発生する。バッテリーは、蓄電容量24kWhのリチウムイオンだ。1回の充電での航続は、最大約140kmの性能を備える。充電は120Vソケットで約24時間、240Vソケットなら4時間以内で完了する。

 

f:id:eddie_k1967:20190714215657j:plain

 

FCAは同社の世界最大の製造拠点のイタリア・ミラフィオーリ工場におよそ7億ユーロを投資し、電動車の専用ラインを設ける計画だ。この専用ラインで最初に生産されるのが、次期フィアット500のEVとなる。

 

f:id:eddie_k1967:20190714215731j:plain

 

ミラフィオーリ工場の電動車専用ラインは、年間8万台の年間能力を備える予定で、将来的には、生産能力の拡大も視野に入れる。およそ1200名の従業員が、次期フィアット500のEVの組み立てに従事するとしています。

 

f:id:eddie_k1967:20190714215846j:plain

 

 

【 Fiat 500e Overview の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=aqv9h0e2DKw

 

 

【 FCA Fiat 500e の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=5XT7quHVCGQ

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● 自動運転トラクタ有人仕様、クボタが発売へ - 年内に無人仕様も投入

f:id:eddie_k1967:20190707220223j:plain


クボタは、GPS農機「ファームパイロット」シリーズの第6弾として、有人オペレーターが搭乗した状態での自動運転が可能な「アグリロボトラクタMR1000A【有人仕様】」を9月に発売する。

 

f:id:eddie_k1967:20190707220254j:plain

 

新機種はRTK(干渉測位方式)に対応し、誤差数センチの高精度測位が可能。耕うん、代かき、肥料散布、粗耕起、播種の5つの作業を自動運転できる。作業精度が向上するとともに、オペレーターの疲労を軽減。また未熟練者でも簡単に操作ができるので人手不足の解消にも貢献する。

 

f:id:eddie_k1967:20190707220321j:plain

 

また、作業ルート自動生成機能を装備。ほ場の形状を認識させるため手動操作で外周走行した後、作業に必要な条件をタッチパネル式の自動運転モニターに入力するだけで、ほ場形状に合わせた最も効率的な作業ルートを自動生成する。

 

f:id:eddie_k1967:20190707220412j:plain

 

そのほか、作業開始位置までターミナルモニターのタッチ操作ひとつで自動で移動する開始点自動誘導機能や、直進時のハンドル操作が不要な直進オートステアリング機能、自動運転作業時にルートから外れた場合に自動停止する安全機能などを備える。価格(税抜・ロータリ含まず)はホイル仕様が1124万7000円~、パワクロ仕様が1212万7000円~となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20190707220434j:plain

 

また、クボタはファームパイロットシリーズのラインアップ拡充を進めており、アグリロボトラクタMR1000A【有人仕様】は担い手の作業に適した高馬力と自動運転作業の拡充で、農作業の効率化や高精度化、省人化、さらには軽労化を実現する。また年内には使用者の監視下にて無人運転作業が可能な「無人仕様」も発売する予定という。

 

f:id:eddie_k1967:20190707220455j:plain

 

 

【 クボタトラクタ - スペシャルムービー の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Qmd8IpX6Bfo

 

 

【 クボタ・ファームパイロット 2018 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=CRFSL2i5tSI

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら