eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● 【速報】 日産カルロス・ゴーン会長、逮捕へ! 日産から公式コメント発表

f:id:eddie_k1967:20181119212804j:plain

 
■日産、ルノー、三菱合わせて昨年の役員報酬は約19億円

2018年11月19日17:10頃、衝撃のニュースがメディアを駆け巡った。

 

f:id:eddie_k1967:20181119212946j:plain

 

日産自動車会長、三菱自動車会長、ルノー取締役会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏が、東京地検特捜部により、同日夕刻、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で任意同行・事情聴取を受けているという。

同ニュースを最初に報じたのは朝日新聞。同紙によると、過少申告した金額は億単位にのぼり、容疑が固まり次第、逮捕する方針という。また、この役員報酬の過少申告に関する情報については、内部からの告発情報ではないかということです。

朝日新聞は歴史的に東京地検特捜部に関する事件ネタに強く、また捜査方針に関する記事には強い確信がないと記事化しない。同ニュースはすでに(「事情聴取を受けている」という点までは)共同通信社NHK、民放各局がそれぞれ独自取材をへて記事化しており、そこまでの時点では疑いようがない(日産自動車広報部は「事実関係を確認中」とコメントしているとのこと)。

 

f:id:eddie_k1967:20181119213026j:plain

 

ちなみにカルロス・ゴーン会長の日産自動車からの役員報酬は2016年度が10億9800万円(当時は社長兼CEO)で過去最高、2017年4月に会長職へ退き、33%減の7億3000万円だった。いっぽうフランス・ルノーからの役員報酬は740万ユーロ(約9億5000万円)、三菱自動車からの役員報酬は2億2700万円だった(3社合わせると約19億円)。

2000年6月の社長就任以来18年半にわたり、日産自動車を率いてきたカルロス・ゴーン氏。就任から数年でV字回復を成し遂げ、「名経営者」の代名詞と呼ばれ続けてきた同氏がどうなるのか。

また、独自の鋭い自動車戦略で日本および欧州のトップランナーとして手腕を発揮してきた実績もある。少なくともゴーン氏が豪腕を発揮しなければ、フェアレディZの復活や世界最高のスポーツカーといえるGT-Rの活躍、さらにEV事業への先進的な投資と発展は難しかっただろう。

経済界のみならず、自動車界を大きく揺るがすニュースとなった今回の件、はたしてどのように進展するのか。状況を見守りたい。

 

f:id:eddie_k1967:20181119212842j:plain


日産自動車広報部からの公式リリースが発表、代表取締役も関与!?

当社代表取締役会長らによる重大な不正行為について

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川廣人)は、内部通報を受けて、数か月間にわたり、当社代表取締役会長カルロス・ゴーン及び代表取締役グレッグ・ケリーを巡る不正行為について内部調査を行ってまいりました。

その結果、両名は、開示されるカルロス・ゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明いたしました。

そのほか、カルロス・ゴーンについては、当社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が認められ、グレッグ・ケリーがそれらに深く関与していることも判明しております。

当社は、これまで検察当局に情報を提供するとともに、当局の捜査に全面的に協力してまいりましたし、引き続き今後も協力してまいる所存です。

内部調査によって判明した重大な不正行為は、明らかに両名の取締役としての善管注意義務に違反するものでありますので、最高経営責任者において、カルロス・ゴーンの会長及び代表取締役の職を速やかに解くことを取締役会に提案いたします。また、グレッグ・ケリーについても、同様に、代表取締役の職を解くことを提案いたします。

このような事態に至り、株主の皆様をはじめとする関係者に多大なご迷惑とご心配をおかけしますことを、深くお詫び申し上げます。 早急にガバナンス、企業統治上の問題点の洗い出し、対策を進めて参る所存であります。

以上

 

f:id:eddie_k1967:20181119212910j:plain

 

 

【 日産ゴーン会長 金融商品取引法違反容疑 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=tVSjZ_YPWqo

 

 

【 ルノー本社にも衝撃走る 日産・ゴーン会長の逮捕 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=c5JWELnbs3E

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● 日本人があまり知らない日本メーカーのカッコいい4WD 「いすゞ D-MAX」

f:id:eddie_k1967:20181119213840j:plain


いすゞ自動車と聞くと、あなたは何を思い浮かべますか? クルマ好きであれば、かつて人気だったベレット、117クーペジェミニ、ピアッツァ、そしてビッグホーンはすぐ口から飛び出すはず。特に「117クーペは美しかったな~」と懐かしく思い出す人も多いだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20181119213912j:plain

 

しかし、いすゞは10年ほど前に、販売不調で乗用車販売から撤退しました。同社の日本のウェブサイトを見るとトラックとバスしか作っていないように見えるため、一般人の認識から遠ざかっていくのは仕方ない。しかし、日本とアメリカでは2009年あたりから乗用車を販売していないが、海外ではまだ元気そのもの。イギリスやインド、東南アジア、オーストラリア、南アフリカなどでは人気車種である。

 

f:id:eddie_k1967:20181119213941j:plain

 

人気があるとはいえ、ライバルメーカーは当然あります。例えば海外では4WD車D-MaxとMU-Xwをいすゞでは展開しているが、オーストラリアでこの2台は、強力なライバル、トヨタ・ハイラックスや日産ナヴァーラと戦わなければならないのです。

 

f:id:eddie_k1967:20181119214005j:plain

 

その競争心を高めるために、現地のいすゞ・ユート・オーストラリア社はとんでもない行動に出た。なんと、D-MaxとMU-Xの優れたオフロード性能にスポットライトを当てるために、2台の過激なコンセプト・トラックを製作し、先般開催された「メルボルン4x4ショー」で披露したのです。その車名は、「コンセプトX D-Max」と「MU-X SUV」です。

 

f:id:eddie_k1967:20181119214039j:plain

 

まるでステロイドの注射を打たれたかのように見えるむきむきボディは、映画「トランスフォーマー」に出てきてもおかしくないスタイリングに仕上がっています。

 

f:id:eddie_k1967:20181119214059p:plain

 

コンセプトXには大型ブリスターフェンダーや特注のボンネットやバンパーが搭載されると同時に、サスペンションは7インチほど上がって、なんと6ピストンのブレーキもついている。しかし、一番衝撃的なアップグレードは、あの38インチの巨大タイヤ。

 

f:id:eddie_k1967:20181119214126j:plain

 

「最近のとあるモーターショーで、東洋タイヤのブースの前を通った時だった」と、いすゞのスタントチームのジャック・モンクハウスは言う。「あのデッカいタイヤを見たうちのボスが、『俺のクルマに付けたら、迫力あるだろう』と半分冗談で言ったんだ」

 

f:id:eddie_k1967:20181119214217j:plain

 

オーストラリアでは昔から、各メーカーが自社のクルマの可能性を強烈にアピールするために、全国を巡回して派手なデモンストレーションしている。いすゞは近年、D-Maxを使ったスタント・ショーを披露してきたが、同社のボスはより熱狂する観客を想像したのだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20181119214242j:plain

 

ボスの突飛なひと言が、社内にとんでもない行動に火をつけたようだ。あのタイヤをつけてみたら、色々変えたくなって開発がエスカレートしてしまったという。既存のパーツでは納得がいくようなクルマが作れなかったので、結局、社内で特別に専用部品を作ったという。

 

f:id:eddie_k1967:20181119214327j:plain

 

一本9万円もする38インチのタイヤを格好良く引き立てるために、フェンダーを大きくしたり、ノーズ周りがガンダムのようなデザインになるよう特注したんだとジャックがいう。結果として、全長5.5メートル、全高2メートル以上で、どの駐車場にも停められないほどのモンスタートラックが完成した。映画「ジュラシック・ワールド」にもぴったりとなるだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20181119214353j:plain

 

この2台の強烈なコンセプトカーは、メルボルン4×4ショーで来場者にショックを与えた。これから全国のモーターショーを回って、クルマ好きやメディアからのどれだけ関心を惹くのを測る。その反応に応じて、いすゞ・オーストラリアはスポーツ・アクセサリーを作るか、それとも、こういうパーツがつく限定版を製作するかを決めるようだ。いや、「両方とも決行しようか」という勢いかもしれない。

 

f:id:eddie_k1967:20181119213941j:plain

 

こういった格好いいクルマを育む文化はぜひ日本にも来て欲しいものです。メーカーのスタントショーも同様ですね。日本車をもっともっと格好良くしようじゃありませんか。

 

 

【 The world's CRAZIEST Isuzu の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=9delaaHM_iE

 

 

【 Isuzu D-MAX & Isuzu MU-X Concept X の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=B9Zx1AmDfiU

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● MG初のEV「MG eZS」発表 航続距離430km 広州モーターショー

f:id:eddie_k1967:20181119214856j:plain


MGは中国の広州モーターショーにおいて同社初のEV、eZSを発表しました。コンパクトSUVのZSをベースとしているそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20181119214933j:plain

 

このモデルの技術的詳細についてはまだ公開されておらず、来月中に発表するとのことだ。しかし、入手できた情報では、フロントに搭載されたモーターが150psを発揮し、NEDCサイクルで430kmの走行が可能とのことです。

 

f:id:eddie_k1967:20181119215053j:plain

 

中国は世界最大のEV市場を持っており、MGはそこに新たに参入することになる。航続距離400km超という数値はもはや一般的になっている。英国での発売については未定だが、MGが徐々にSUVに注力している傾向を見る限りでは導入の可能性が高いと見られています。

 

f:id:eddie_k1967:20181119215114j:plain

 

MGは親会社のSAICの本拠地である中国での販売が好調です。昨年は13万4786台の売り上げを記録し、2016年の8万389台から大きく伸ばしています。この傾向は2018年にはさらに強まっており、8月末時点で17万9109台とすでに2017年の数字を上回っています。

 

f:id:eddie_k1967:20181119215140j:plain

 

販売好調を追い風にMGが今回広州で公開したモデルはeZSだけではなく、英国で2019年からGSに取って代わることになっている新型SUV「HS」の展示もおこなわれている。

 

f:id:eddie_k1967:20181119215220j:plain

 

 

【 MG eZS. All-electric SUV の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=5_NlH8p3mqs

 

 

【 MG ZS Electric SUV Full Car Overview の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=pZXC0ZcoVsM

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● 【速報】<順位結果> 2018WRC 第13戦オーストラリア 暫定総合

f:id:eddie_k1967:20181118224436j:plain

 

2018年のWRC終戦オーストラリアをヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が制しました! 復帰2年目のトヨタが19年ぶりのメーカー王座を獲得、そして、個人王座はオジェ(フォード・フィエスWRC )の6連覇となりました。

 

f:id:eddie_k1967:20181118223201j:plain

 

WRC世界ラリー選手権第13戦オーストラリアは11月18日、SS19~24が行われ、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)が2018年シーズン初優勝を達成。エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合4位に入り、トヨタはシリーズ復帰2年目で1999年以来となる通算4度目のマニュファクチャラーズタイトルを獲得したものです。

 

f:id:eddie_k1967:20181118224508j:plain

よかった! やったね!! おめでとうございます。

 

f:id:eddie_k1967:20181118223226j:plain

 

■2018WRC第13戦オーストラリア 暫定総合結果

1 J.ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC
2 H.パッドン ヒュンダイi20クーペWRC
3 M.オストベルグ シトロエンC3 WRC
4 E.ラッピ トヨタ・ヤリスWRC
5 S.オジエ フォード・フィエスWRC
6 E.エバンス フォード・フィエスWRC

 

f:id:eddie_k1967:20181118223310j:plain

 

 

【 WRC 2018 Rd.13 Rally Australia - Podium Ceremony の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=j3DED-cJdMI

 

 

【 モリゾウ WRCマニュファクチャラーズタイトル獲得の喜びを語った の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=uyD2wL3QHs8

 

 

【 TOYOTA Yaris WRC Rally Australia の動画はこちら 】

https://www.facebook.com/TOYOTAGAZOORacingWRC/

 

 

【 2018 WRC Rally Australia - Michelin Motorsport の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=5-vbz3eeVEk

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会