eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 高機能エアロパーツで走りに差を付ける「S660」、まるで小さなスーパーGTマシン

f:id:eddie_k1967:20191013131903j:plain


正統派ホンダスポーツとでも言えるような見た目だが、ノーマルのままでは、その容姿はスタイリッシュであるものの、押しだし感はイマイチ足りないS660。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132039j:plain

 

エアロパーツやホイールを手掛ける「パンドラ」は、これを真逆のアプローチでコーディネイトした「S660 VerII」を公開! オートサロンでも受賞経験を持つチューンドパーツを装着しての登場となっています。

 

f:id:eddie_k1967:20191013131949j:plain

 

何はともあれ、そのルックスを見てください。ブラックアウトしたライトや大胆に塗り分けたボディカラー、そして貼り付けタイプのオーバーフェンダーと、外観はどこを見ても“規格外”な魅力に溢れています。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132139j:plain

 

コンセプトは“レーシングカー風のストリート仕様”という。そのため、心臓部は、HKSテクニカルファクトリーの手によってGT100Rタービン仕様へと大幅にパワーアップし、日本一力強いS660を目指して進化が続けられています。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132236j:plain

 

装着されるエアロはどれも機能性まで考え抜かれたものばかりで、グリル一体型のフロントバンパーは、十分なダクト面積を確保。そこから取り入れたフレッシュエアはラジエターへと導かれる。そしてコアを通り抜けた熱気は、ボンネットダクトから排出される仕組みだ。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132647j:plain

 

リヤカナード一体型のサイドステップも空力を意識したデザイン。横に張り出したフォルムとなっており、ボディサイドに沿って流れる空気を整流する効果が期待できる。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132423j:plain

 

スーパーGTNSXをモチーフに製作されたシュノーケルは、冷たい空気を純正インタークーラーへとダイレクトに導く。ミッドシップゆえ吸気温度が厳しいS660にとって、非常に有効なアイテムといえる。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132508j:plain


ウイングをできるだけ後方に設置することで強力なダウンフォースを生み出すGTウイング・タイプII。カーボンとFRPの2種類を設定し、マウント部分はいずれもFRP製となる。補強ステーまで付属する本格設計です。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132306j:plain

 

純正リヤバンパーの下部に追加するリヤディフューザーは、フロア下を流れてくる空気を整流し、後方へと導いてくれる。デモカーにはHKSハイパワースペックLマフラーが付いているが、純正マフラー装着車にも対応可能という。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132803j:plain

 

貼り付けタイプのオーバーフェンダーに収められたホイールは、スタンスマジック#080の15インチ。前後とも8Jとあってディープ感が際立つ。タイヤサイズはフロント195/50、リヤ205/50のADVANネオバを組み合わせる。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132857j:plain

 

まさに機能美。走りを極めるために、徹底的に磨き上げられたスタイルは、コンセプトのレーシングカー風のストリートマシンを具現化している。このチューンド「S660」に惹かれるユーザーも少なくないはずだ。

 

f:id:eddie_k1967:20191013132918j:plain

 

■価格表(カッコ内はカーボン仕様)

フロントバンパー:6万8000円/サイドスカート:3万9000円/リヤディフューザー:2万5000円(3万8000円)/GTウイング Ver.II:8万8000円(12万8000円)/ボンネット:7万8000円(11万8000円)/エンジンフード:6万8000円(10万8000円)/インタークーラーシュノーケル:3万円(4万5000円)/オーバーフェンダー:6万8000円

 

f:id:eddie_k1967:20191013133119j:plain

 

 

【 「Pandora-inc」のWEBサイト はこちら 】

http://www.pandora-inc.com/

 

 

【 TOKYO AUTO SALON 「PandoraS660」 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=S-LpfNYYJFM

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● アクセルの踏み方だけで燃費は良くなる! 自分で出来るエコなドライビングテクニック

f:id:eddie_k1967:20191011232423p:plain


クルマ自体の省燃費に頼る改善だけでなく、サイフにも地球にも優しいエコなドライビングテクニックを磨きませんか。クルマに乗っていれば誰もが気になるガソリン代。

 

f:id:eddie_k1967:20191011232459j:plain

 

小さな“こと”の積み重ねが燃費向上に繋がります。お金をかけずに節約する方法とはどんなもの。そこで、アクセルの踏み方やエンジンブレーキ、アイドリングにエアコンの使い方など、今すぐ実践できる省燃費のためのドラテクをご紹介しましょう。

 

f:id:eddie_k1967:20191011234150j:plain

 

◆発進は穏やかなアクセルワークで

省燃費、いわゆる燃費を上げるためのドラテクで非常に重要なのはアクセルワークだろう。特に発進時の加速は燃費に大きく影響するだけに重要だ。秘訣は『ゆっくりと踏み込む』こと。青信号になったとたんに猛ダッシュする人がいますが、レースのスタートならともかく街中では百害あって一利なし。しかし、あまり発進が遅すぎると後続車の走行ペースを乱したり、渋滞を招く原因になるのでホドホドに。

 

f:id:eddie_k1967:20191011232846j:plain

 

目安としては、市街地の場合で、スタート後に約5秒で時速20kmに到達する感じ。それくらいのペースで、ゆったりとアクセルを踏み込むと「優しい発進」といわれるうまいアクセルワークでしょう。

 

f:id:eddie_k1967:20191011232909j:plain

 

◆ムダな加減速を減らしたドライブを

続いて減速時のテクニック。信号が赤になったり前方のクルマが速度を落としたら、早めにゆっくりとアクセルを戻し、エンジンブレーキを使って減速する。この方法は、ガソリンだけじゃなくブレーキパッドの摩耗節約にもなるというメリットがある。アクセルは、前のクルマとの距離や停止位置などを考えて戻すが、アクセルオフ状態時に追突などしないよう、エンジンブレーキだけでなく必ずフットブレーキも併用することが必須。

 

f:id:eddie_k1967:20191011233207j:plain

 

また、走行中はムダな加減速をできる限り減らし、一定の速度をキープすることも重要だ。要は『アクセルの踏み直し』を減らすのが目的で、燃費にとってベストな速度は一般道なら時速40~50km、高速道路では80kmといわれています。 

 

f:id:eddie_k1967:20191011234550j:plain

 

ただ、双方とも交通の流れを乱してまで、燃費改善運転に徹するのは決して褒められた行為じゃありません。交通量や他車のスピード、前後の車間距離などを見極めることも忘れずに、流れに乗ることがスムーズでうまい運転ということですね。

 

f:id:eddie_k1967:20191011233055j:plain

 

注意点は、上り坂ではアクセル一定だと速度が落ちるため、アクセルを踏む量は増やす必要がある。注意点は、勾配がキツくなってから急に加速するのではなく、上り坂の手前からじわじわとアクセルを踏む量を増やすこと。その方が燃費は良くなるのです。

 

f:id:eddie_k1967:20191011234622j:plain

 

また、下り坂では慣性が働き勝手にクルマが加速するので、アクセルを緩めるかオフにして、エンジンブレーキを使い速度が出すぎないようにする。エンジンブレーキだけでは、前のクルマとの距離が近づき過ぎる場合はフットブレーキも併用。車間距離がきちんと取れたらブレーキを離して、うまく前車との距離を保つドラテクを身につけましょう。

 

f:id:eddie_k1967:20191011234031j:plain

 

◆積載物やタイヤの空気圧も要チェック

これら燃費向上に繋がる走り方をだらだらと書きましたが、加えてガソリンを節約するワザとテクニック、確認事項を5つほどご紹介しましょう。

 1)余計な荷物を積まずに軽量化
 2)タイヤの空気圧が低すぎないか定期的に確認
 3)今のクルマは暖機運転不要、数十秒で発進OK
 4)アイドリングストップをマメに行なう
 5)エアコンの使いすぎに気を付ける

 

f:id:eddie_k1967:20191011232657j:plain

 

車重を10キロ軽くして5km走れば15mlのガソリン節約、アイドリングは5分間で65mlのガソリンを消費、タイヤの空気圧が50kpa低いと燃費は2~4%悪化など、日本自動車工業会がデータを公表している項目も多い。

 

f:id:eddie_k1967:20191011232811j:plain

 

いずれも単独じゃ効果は小さいかもしれませんが、省燃費ドライブはまさに『チリも積もれば山となる』だ。ご紹介したテクニックを組み合わせて、サイフにも地球にも優しい『優秀なドライバー』を目指して欲しいものです。

 

f:id:eddie_k1967:20191011234322j:plain

f:id:eddie_k1967:20191011232741j:plain

 

 

【 誰でもできるエコ運転術(発進時) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=ef3Shk1E7qo

 

 

【 誰でもできるエコ運転術(走行時) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=94n18KXEbgU

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● スバル「ヴィシヴ・アドレナリン・コンセプト」、次世代スバルのデザイン方向性はいかに?

f:id:eddie_k1967:20190828222012j:plain


群馬県太田市、ここはスバルの聖地的な存在の街です。スバルといえばボクサー・エンジンと4WDの組み合わせでちょっと尖がった存在の国内メーカーですね。コンサバ的なデザインも少し気になるところです。

 

f:id:eddie_k1967:20190828221911j:plain

 

今年の春、ジュネーブ・モーターショーで多くの自動車メーカーからオリジナルなデザインの車両が発表され、各メーカーの方向性も見えてきた中、スバルは「ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト」を発表しました。このクルマの重要性を象徴するかのように、スバルのデザイン部長の石井守氏は、少し緊張気味で英語でプレゼンをされていました。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222106j:plain

 

コンセプト発表後のインタビューで、記者さんに「プレゼンどうだったですか? このクルマの『ボールダー』を感じましたか?」と聞かれた。スバルファンという記者さんからは「確かに、ボールダーですよ」との声が…。デザインのキーワードの「Bolder」の意味はまさに、石井氏が提案している「大胆」そのもの。細かく言えば、「Bold」は「大胆」で、「Bolder」は「さらに大胆」ということになる。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222213j:plain

 

さあ、ワンポイント英会話が終わったところで、このヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトの実用性と美しさとデザインの評判について書いてみましよう。

会場でコンセプト・カーが披露された瞬間に感じたのは、キーワードの通り「大胆」だと思う。イタリアから来ていた記者は、「近未来のXVみたいだね」とも言った。その意見に頷くものがあった。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222237j:plain

 

とはいえ、スバルは昔から、かなり大胆なデザインをしてきていると思う。2000年には、“カエルの眼”をしたWRXを…、2014年にはデザイン・フィロソフィのDYNAMICxSOLIDを発表している。このスタイリングを取り入れたインプレッサレガシィなどは、クルマとしてとても良くできている。ただ、デザインは実用的だけど、美しいとは言い難かったように思う。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222301j:plain

 

正直なところ、今回の「Bolder」というデザイン・ランゲージも、近未来的で実用的だけど、「美しい」と表現するにはちょっと難しいように感じた。個人的には、せっかく全く新しいデザイン方向性を発表するなら、なぜ見惚れるほど美しいコンセプトを出してくれないのか…、と少し残念に思ってしまう。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222346j:plain

 

2年前の東京モーターショーで披露したヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプトは、マッチョ的に美しいコンセプトだと思って、ぜひ次期WRXにして欲しいと思ったくらいだ。一方で、今回のヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトは、とてもエッジが効いて、バンパープロテクターも非常に目立っているので、ガンダムというか、トランスフォーマーのようなイメージなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222409j:plain

 

スバルはアメリカでこの10年間くらい、日本の自動車メーカーの中で最もセールスの成長率が良く、市場シェアでは4%弱にまで伸びた。その販売成長の秘密は、まさに「アメリカ人」が乗りたがるアウトバックフォレスターなどの4WDの小型SUVを作っていることにある。つまり、スバルがSUVを作れば、売れるということなのです。デザインがコンサバでもね…。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222545j:plain

 

ジュネーブで発表された新デザイン・ランゲージで、スバルはユーザーにさらにパワーアップした頑丈さを訴え、今や世界中で人気急上昇中のSUVセグメントで、レジェンド的な自分の存在感をよりボールダーにアピールできることだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222443j:plain

 

ちなみに、ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトは、あくまでもコンセプトなので、スバルの広報部に聞くと今回はエンジンなどの情報は一切明らかにしていないとのこと。また、このコンセプトはこのまま市販車になっていくことはなく、その中のいくつかのデザイン要素が次世代モデルに採用されるということだ。

 

f:id:eddie_k1967:20190828223241j:plain

 

スバルの本拠地に近い北関東に居住する筆者が、今回なぜ苦言ともとれるあえて厳しいことを書くかというと、デザイン以外の分野で、スバルは素晴らしいクルマづくりをしていると思うからだ。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222644j:plain

 

あのボクサーのターボエンジンと4WDのパワートレーンは業界でも非常に高く評価されているし、スバル・グローバル・プラットフォームは衝突安全性が業界トップだし、EyeSightという安全技術も一流だ。だからこそ、そこにデザインの要素が加われば…、と考えてしまうのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190828222715j:plain

 

ドイツ・アウディは、スバルのように業界でもトップレベルのエンジン技術と優秀な4WDシステムをその一部門に持っている『匠』といわれる自動車メーカーだ。そして、デザインにおいても、ドイツ勢の中で特筆すべき流麗で綺麗なクルマづくりをしていると思う。もちろん自動車の好みは人ぞれぞれだが…。

 

f:id:eddie_k1967:20190828223409j:plain

 

未来のスバル・デザインに、もっともっと磨きがかかり、パワフルで美しく変貌を遂げたなら、スバル車はどれほど売れることか…と想像せずにはいられない。スバルのデザイナーの皆さん、どうぞ奮起して頑張ってくださいね。期待しています。僭越ですが1ファンから『ガンバレ!』のエールと声掛けなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190828221717j:plain

 

 

【 SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=dfvXsofao4I

 

 

【 SUBARUデザイン「BOLDER」 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=n5djReOJbTg

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● トヨタ、「新しい時代の愛車」を具現化したコンセプトカー「LQ」、SAEレベル4自動運転機能を搭載

f:id:eddie_k1967:20191011213028j:plain


トヨタ自動車は10/11、「新しい時代の愛車」を具現化したコンセプトカー「LQ」を公表しました。このLQは、2017年1月にCESで出展した「TOYTOA Concept-愛i」で表現した未来の愛車体験コンセプトを忠実に実現したもの。

 

f:id:eddie_k1967:20191011213116j:plain

 

米国で人工知能や自動運転、ロボティクスの開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)と共同開発したAIエージェント「YUI」やSAEレベル4の自動運転機能を搭載している。

 

f:id:eddie_k1967:20191011213155j:plain

 

トヨタZEVファクトリーで開発責任者を務める井戸主査は、「クルマには多彩なセンサーが搭載されている。ドライバーモニターシステムなどによって乗員の状態を読み取れる。また、車内でのコミュニケーションや行動履歴などから何が好きで何が嫌いか類推することができる。これらを組み合わせることでAIエージェントからのインタラクションが実現できる」と語る。

 

f:id:eddie_k1967:20191011213651j:plain

 

その一例として「眠いと自覚する覚醒度推定という技術を使うと、本人が眠いと自覚する平均15分前にもうすぐ眠くなると推定できる。サービスエリアが30分先にあったとすると残り15分間は睡魔と戦いながら運転することになる。

 

f:id:eddie_k1967:20191011213424j:plain

 

もしAIエージョントがその人がスポーツが好きと知っていれば『豊田スタジアムラグビーの結果知ってる? また日本勝ったんだって』と話しかけることにより30分間、面白おかしく会話をしながらサービスエリアに到着することができ、AIエージェントが安心、安全にも貢献する」と解説する。

 

f:id:eddie_k1967:20191011213239j:plain

 

このほかLQには様々な先進装備、技術が盛り込まれている。メーターにはトヨタ初となる有機ELディスプレーを採用し、大きく曲げられる特徴を生かして先進的なインパネ造形を実現。またオゾンを酸素に分解する新開発の触媒塗料をラジエーターファンに塗布することで、走行時に光化学スモッグの原因となるオゾンを分解するという。

 

f:id:eddie_k1967:20191011213828j:plain

 

コンセプトカー「LQ」は、「第46回 東京モーターショー 2019」のMEGA WEB会場で開催される「FUTURE EXPO」で初公開される予定。また、東京モーターショーの会期終了後、2020年6月から9月まで東京 お台場・臨海副都心エリアで試乗イベントを開催するほか、東京オリンピック聖火リレーの隊列車両やマラソン競技などの先導車として大会をサポートする予定になっている。

 

f:id:eddie_k1967:20191011213949j:plain

 

 

【 Toyota Concept-i - Toyota USA の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=OrcYSbZeyEQ

 

 

【 Toyota LQ Concept 2020 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=C6gB3be9xTE

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら