eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● メルセデス・ベンツのトラックがついにドアミラーカメラを市販モデルに搭載。視線移動の大きなディスプレイの位置は正解なのか?

f:id:eddie_k1967:20180911150844j:plain

 
2018年9月20日より、ドイツ・ハノーファーで開催されるIAA商用車ショーにおいて、メルセデス・ベンツの新型アクトロスが発表される。労働環境の改善、燃料コストの削減という社会的なニーズに応えるべく、「アクティブ・ドライブ・アシスト」を命名された半自動運転技術が搭載されるという新型アクトロスは、ついにドアミラー・レスを実現する。そう、日本風にいえばCMS(カメラ・モニタリング・システム)を標準装備するというのだ。

 

f:id:eddie_k1967:20180911150914j:plain

 

アミラーを薄い筐体のカメラに置き換えたほか、キャビン全体として空力性能を追求したことで高速道路の燃費は3%ほど改善したというアクトロス。それにしても、CMSの採用は、そのルックスもイメージを大きく変えることに成功している。大きなミラーがなくなり、スタイリッシュなウイング状のパーツがドア上部から飛び出しているだけの姿は、実際以上の空力性能の改善を感じさせる。

 

f:id:eddie_k1967:20180911150931j:plain

 

さて、ベンツとして初めてのCMSで注目なのはコクピットのデザイン、カメラの映像を映すディスプレイをどこに配置するのかが気になるところだ。ひとまずアクトロスでは15インチの縦型ディスプレイを左右のAピラー内側に置き、そこにカメラの映像を映し出すという。現時点では、どんなやり方が正しいのか断言はできないが、少なくともこのレイアウトでは、視線の移動は従来通りで慣れ親しんだ乗り方を変えないことでドライバーの負担を増やさないことを優先したのでしょう。

 

f:id:eddie_k1967:20180911150952j:plain

f:id:eddie_k1967:20180911151013j:plain

 

一方で、せっかく自由度の高いCMSを採用したのに視線の移動量が多いのはもったいないという見方もできます。ドライバーの慣れの問題はあるかもしれないが、設置されるディスプレイの位置はどこが最適なのかまだ断言できるものではない。このままの位置でまったく改良の余地がないということはないだろう。トラックのコクピットはスペース的な余裕もあるので、このレイアウトが可能だが、乗用車では視界の問題からAピラー付近にこれほどのディスプレイをつけてしまうのは考えづらい。

 

f:id:eddie_k1967:20180911151037j:plain

 

もっとも乗用車のミラーサイズを考えれば、もっと小型のディスプレイで事足りるわけで、ベンツがアクトロスで示したCMSは、あくまでもトラックにおけるひとつの答えと捉えるべきものなのでしょう。そして、ここをスタートに、どのような設置位置、表示方法がよいのか考え、最善の改良を望みたいものです。

 

 

 

 

【 The new Mercedes-Benz Actros の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=YFiWsIVpIoY

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● スバル 新型FRスポーツ「BRZ」を発売 ハンドリングとエアロダイナミクスを改良

f:id:eddie_k1967:20180912170853j:plain

 

スバルは2リッター水平対向エンジンを搭載した後輪駆動のスポーティカー「BRZ」の改良モデルを9月11日に発売しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180912170943j:plain

 

FRレイアウトと2リッターの水平対向エンジンを組み合わせたることで低重心化された「BRZ」は、優れたハンドリング性能を実現したモデルで、発売以来、走りの性能や内外装の質感に繰り返し磨きをかけてきました。

 

f:id:eddie_k1967:20180912171000j:plain

 

今回の改良では車体後方における空気の乱流を抑えるため、リヤホイールアーチ部分にフィンを追加。それと同時にサスペンションのダンパーをチューニングして、接地性とコントロール性を高め、ドライバーの意のままに操れるハンドリングを実現しています。

 

f:id:eddie_k1967:20180912171055j:plain

 

なお、競技用ベース車両の「RA Racing」グレードのみロールケージ形状とシートベルトデザインも変更されています。全6種類となるグレードの新型「BRZ」の価格は、243万円から359万1000円となっています。

 

f:id:eddie_k1967:20180912171132j:plain

 

 

【 SUBARU BRZ STI Sport の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Y5yN3bVSFS0

 

 

【 SUBARU BRZ GT300 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=3LjYl7VfFKE

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● レクサス、ラグジュアリーヨット『LY650』発表…ブランド第4のフラッグシップ

f:id:eddie_k1967:20180909150827j:plain


レクサスがブランド初のラグジュアリーヨット、レクサス『LY650』を発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180909150907j:plain

 

レクサスは2017年1月、『スポーツヨットコンセプト』を発表。レクサスが自動車だけに留まらず、顧客に驚きと感動を提供するための新たな提案のひとつとして、スポーツヨットコンセプトを開発した。これまでの技術やノウハウを活用して開発されたオープンクルーザーが、スポーツヨットコンセプトだった。

 

f:id:eddie_k1967:20180909150931j:plain

 

今回発表されたレクサスLY650は、このスポーツヨットコンセプトの流れを汲むモデル。2019年後半にワールドプレミアを行い、市販も視野に入れているという。

 

f:id:eddie_k1967:20180909150955j:plain

 

モデル名のLY650は、65フィートの全長に由来。レクサスLY650のサイズは、全長がおよそ20m、全幅が5.7m。船内には3部屋を備えており、最大15名が乗船できるそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20180909151017j:plain

 

エンジンはボルボ・ペンタ製の「IPS」シリーズの「1350」と「1200」を設定。1350の場合、排気量12.8リットルの直列6気筒ツインターボディーゼルエンジンは、最大出力1000hpを発生する。

 

f:id:eddie_k1967:20180909151039j:plain

 

レクサスは、LY650にもブランドのデザイン言語のLフィネスを導入。セダンの『LS』、SUVの『LX』、クーペの『LC』に続くブランド第4のフラッグシップがLY650としています。

 

f:id:eddie_k1967:20180909151110j:plain

 

 

【 Lexus LY 650 Luxury Yacht の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=EvzaWBGQyhM

 

 

【 LEXUS LY650 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=wPicEp6Qr1A

 

 

【 The Lexus Sports Yacht Concept の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=HGt44RK80m4

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● ランボルギーニの新型ハイパーカー、詳細スペックが流出か?

f:id:eddie_k1967:20180909130641j:plain

 

ランボルギーニは、『ヴェネーノ』や『チェンテナリオ』に続く新型のスペシャル限定ハイパーカー『LB48』を、日本を含む世界数カ国で行われた顧客イベントで発表していたが、その詳細が流出したという。

 

f:id:eddie_k1967:20180909130712j:plain

 

リークされた情報では、先日公開された『アヴェンタドール SVJ』を超える6.5リットルV型12気筒NAエンジンを搭載し、エンジン出力789ps、電気モーター49psを組み合わせ、最高出力は838psを発揮するというもの。

 

f:id:eddie_k1967:20180909130733j:plain

 

エクステリア・デザインは、2017年に公開された『Terzo Millennio』(テルツォ・ミッレニオ)からインスパイアされたものになるという。ランボルギーニは、2014年にプラグインハイブリッド『アステリオン』を公開しているが、こちらは単なるコンセプトモデルであり、「LB48H」は同ブランドの歴史を変えるモデルと伝えられる。

 

f:id:eddie_k1967:20180909130759j:plain

 

価格は250万USドル(約2億8千万円)で、世界限定63台のみだという。この価格にもかかわらず、イタリアで行われたプライベートイベントでは、200人の購入希望者が殺到、抽選で決定される模様。生産は2019年後半からとレポートされています。

 

f:id:eddie_k1967:20180909130825j:plain

 

 

【 Lamborghini Designing the future の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Xi4RrjvZA7w

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会