eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● このクルマ、知ってる? インフィニティQ60はエレガントなラグジュアリースポーティーカー

f:id:eddie_k1967:20181008210121j:plain

【 文/写真 = 吉川賢一 】

9月のとある日、横浜のみなとみらいにある日産グローバル本社ギャラリーにて、一台のスタイリッシュなクーペが展示されていました。

 

f:id:eddie_k1967:20181008210204j:plain

 

日産の海外向け高級車ブランド・インフィニティのQ60sというクルマです。2018年10月のパリモーターショーで日産・インフィニティが初公開した『インフィニティQ60プロジェクト・ブラックSプロトタイプ』(Infiniti Project Black S Prototype)のベースとなった車両です。

 

f:id:eddie_k1967:20181008210226j:plain

 

現在、日本にはインフィニティブランドは導入されておらず、V37型スカイラインとY51型フーガが、エンブレムをインフィニティのバッヂにして発売されています。

このQ60はV37型スカイライン(インフィニティ名だとQ50)のクーペ版で、本来ならば、前型のV36型スカイラインクーペの後継車にあたります。そのため、パワートレイン、シャシー、サスペンションなど、基本的なコンポーネントはV37型スカイラインと共用化しています。

 

f:id:eddie_k1967:20181008210300j:plain

 

Q60のクーペボディならではの流麗なスタイルと、走りを予感させてくれる背の低いボディは、見ていて一瞬時間を忘れさせるほどに美しく、「エレガント」さが漂っています。

エンジンはV37型スカイラインセダンにも採用されている「ベンツ製」2.0L直4ガソリンターボと、「日産製」3.0L V6ガソリンターボ。この3.0L V6ターボエンジンはグレードによって2つのアウトプット値があり、LUXE、SPORTグレードには300馬力、RED SPORT 400には400馬力を発生するチューニングが施されています。

 

f:id:eddie_k1967:20181008210329j:plain

 

ちなみに、GT-R(R35型)のアウトプット値が570馬力ですから「物足りない」と感じる方もいるかもしれませんが、GT-Rのような「特殊車両」ではない、通常の量販車で400馬力のエンジンなのですから、そのパワーは想像を超えてパワフルなものです。

他にもQ60には、255/35R20の大径低扁平タイヤ、および4WDシステムを搭載、インフィニティダイレクトステアリングシステム(ステアバイワイヤ)による車線逸脱制御や、電子制御ショップアブソーバも備え、好みのドライブモードに変更することで、ハンドリングのキャラクタを「激変」させることが可能。

 

f:id:eddie_k1967:20181008210401j:plain

 

日産が開発した先進安全技術もほぼすべてが抜かりなく投入されており、聞いているだけで「お腹がいっぱいになりそう」なほどに、贅沢なクルマなのです。

Q60の車両生産は、主に栃木県にある日産栃木工場にて行われています。工場内部を移動する巡回バスに乗ると、輸出待ちのQ60がずらっと建屋の外に並んでいるのを見かけます。カラフルなQ60が数十台と並んでいる光景は圧巻でした。

 

f:id:eddie_k1967:20181008210429j:plain

 

栃木工場付近を行き来するキャリアカーには、このQ60や他のインフィニティのクルマ達が搭載されており、ほぼ毎日、フェリー乗り場まで輸送されていく光景を目にすることができます。

筆者は、会社員時代にQ60の「乗り心地の車両開発」に担当エンジニアとして携わっていました。シート開発、タイヤ開発、サスペンション性能開発など、日々、最高水準の技術者たちと切磋琢磨をして、良いクルマつくりを全力で行っていました。今こうしてQ60が世界中を走っているのを見ると、懐かしく、そしてうれしくもなります。

 

f:id:eddie_k1967:20181008210523j:plain

 

いつの日か、こうしたインフィニティブランドのクルマ達が日本の道を、悠然と走れる日を願います。

 

f:id:eddie_k1967:20181008210627j:plain

 

 

【 Infiniti Q60 3.0t SPORT AWD の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=b69cm__vKb0

 

 

【 The Infiniti Q60 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=j5Uh8HmuhiU

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● 「空飛ぶタクシー」 新宿-横浜間10分の衝撃!? 米ウーバーが狙う「第2の移動革命」とは

f:id:eddie_k1967:20181009223107p:plain

 
配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズは、電動垂直離着陸機(eVTOL)による「空飛ぶタクシー」事業の説明会を今夏、東京都内で開いた。省庁関係者やアジア各国の企業関係者ら約150人が参加し、専門家の話に耳を傾けた。同社は日本での事業の早期立ち上げの可能性を示した。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223316j:plain

 

同社のバーニー・ハーフォード最高執行責任者(COO)は、新宿―横浜スタジアムの約30キロ間を例に挙げ、「車では1時間半超かかる」が、eVTOLを使えば10分間だとして有効性を強調した。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223609j:plain

 

スマートフォンのアプリを使い、10~100キロの距離を最高時速300キロで飛ぶeVTOLを呼ぶ安価な交通サービスの構想を示し、「ウーバーはもはや単に車だけではない。我々は世界規模の都市交通プラットフォームだ」と述べた。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223641j:plain

 

基調講演した小池百合子東京都知事は「ウーバー社は『空飛ぶクルマ』と呼ばれるeVTOLによるテストフライトを行う計画があると承知している。この空を『空飛ぶクルマ』が横切る光景がすぐに実現すると思うとわくわくする。人々を奮い立たせる新構想が都市交通の未来を切り開くことを真に楽しみにしている」と話した。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223241j:plain

 

しかし、最大の焦点は「価格」と「空域管理」だろう。ウーバー関係者は「パートナー企業が機体を大量生産すれば、1時間当たり数十万トリップも可能となるだろう」と鼻息が荒い。運行数が増えればスケールメリットで料金を抑えることができるが、一方で空域の管理は難しくなる。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223809j:plain

 

規制の問題とも関連するが、災害救助や救急のヘリコプターなどの飛行の安全にも万全を期す必要がある。ウーバーは米航空宇宙局(NASA)と都市部の航空交通などについての技術研究で連携しているとのことだが、この問題をうまく解決できるかは不透明なのだ。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223905j:plain

 

ウーバーでは、機体開発をメーカーにゆだねつつも、2020年の試験飛行、23年の運行開始を目標に「空飛ぶタクシー」事業をすすめている。

 

f:id:eddie_k1967:20181009224023p:plain

 

 

【 UBERAIR | Uber の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=JuWOUEFB_IQ

 

 

【 「空飛ぶタクシー」の説明会 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=j6Oz_TaX36w

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● 【WRC 第11戦】王者オジェが久々の優勝…トヨタは連勝が3でストップも2-3位、メーカー王座争いの行方は…

f:id:eddie_k1967:20181008231412j:plain

 

世界ラリー選手権WRC)第11戦「ウェールズ ラリーGB」が現地4~7日に開催され、前年王者のセバスチャン・オジェ(フォード・フィエスWRC)が7戦ぶりの今季4勝目をあげた。トヨタ勢は4連勝ならずも2-3位、メーカー部門のランク首位を守り、リードを拡大している。

 

f:id:eddie_k1967:20181008231458j:plain

 

グラベル(非舗装路)が主体の英国戦、TOYOTA GAZOO Racing WRTの「ヤリスWRC」はこのところの好調を持続し、競技2日目の金曜を終えた段階では1-3-4と上位寡占状態をつくった。しかし土曜、自身4連勝に向けてトップを快走していた#8 オット・タナクがデイリタイアを喫してしまう(原因はラジエターの破損)。

これで首位に立ったのが#1 オジェ。2番手に上がったトヨタの#7 ヤリ-マティ・ラトバラとの戦いをしのぎきって、オジェは第4戦フランス以来7戦ぶりの優勝を飾る。オジェは「タフな戦いだった。トヨタはとても強かったからね」と振り返りつつ、久しぶりの勝利を喜んだ。

 

f:id:eddie_k1967:20181008231555j:plain

 

#1 オジェはドライバーズポイントランキングで3位から2位に浮上。今回のラリーで5位だったポイントリーダー #5 ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)に7点差と迫っている。自身6連覇の可能性が再び現実味を帯びてきた(なお、オジェは現在所属するMスポーツ/フォードから来季はシトロエンに移籍することを発表済み)。

 

f:id:eddie_k1967:20181008231944j:plain

 

一方、トヨタの#8 タナクは最終日に再出走し、今回のラリーを入賞圏外の19位で終えた。独立したポイントが与えられるパワーステージ(今回は最終ステージではなかった)で4点を獲得するにとどまり、ランク2位から3位へと後退。優勝していればランク首位浮上の公算が高かっただけに無念の度合いは大きい。そして残り2戦で21点差、これは小さくない。タナクも「状況はかなり厳しくなった」と語る。だが、それでも「決して簡単ではないけれど、最後まであきらめることなくタイトルに挑み続ける」と、目下WRC最速といってもいい男は望みを捨てずにチャレンジを続ける決意を示している。

 

f:id:eddie_k1967:20181008231625j:plain

 

先頭を走っていた#8 タナクの脱落は痛かったトヨタ。しかし、その後も#7 ラトバラが最終日に一時はトップに立つ局面もあるなど、勝利の可能性は最後まであった。最終的には#1 オジェとの接戦に敗れ、#7 ラトバラは2位、トヨタの連勝は3でストップ。とはいえ、#7 ラトバラに続いて#9 エサペッカ・ラッピが3位に入り、これでトヨタは4戦連続のダブル表彰台である。マニュファクチャラー(チーム)部門のランキング首位をキープし、2位のヒュンダイに対するリードを20点へと拡大した。

 

f:id:eddie_k1967:20181008231705j:plain

 

トヨタのチーム代表 トミ・マキネンは以下のコメントで今回の英国戦を総括している。

「今日(最終日)、ヤリ-マティ(ラトバラ)は素晴らしい戦いをし、力を出し切って走りました。ただし、今回に関してはオジェの方が一枚上手だったようです。それでも、今回もまた我々の2台が表彰台に立てたことはとても嬉しく、マニュファクチャラー選手権においても大きなプラスとなりました」

「もちろん土曜日のオット(タナク)のトラブルは残念です。ドライバーズタイトルの獲得が少し難しくなったことも否めません。しかし、まだ大量得点の可能性はありますし、オットは現在最強のドライバーですので、状況が大きく変わる可能性もあります。最終戦オーストラリアまで、チャンスは充分にあると思っています」

 

f:id:eddie_k1967:20181008231815j:plain

 

2018年のWRCも残すは2戦。ラスト前の第12戦スペインは今月25~28日に、最終戦である第13戦オーストラリアは11月15~18日に、それぞれ開催される。

 

 

【 WRC Wales Rally GB 2018 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=8StbqFkPNS0

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会

 

● 新型メルセデスBクラスが世界初披露 3代目のスタイルはよりスポーティに

f:id:eddie_k1967:20181008170854j:plain

 

メルセデス・ベンツは、フランス・パリで開催の「パリ・モーターショー」において、メルセデスの「新型ベンツBクラス」を公開しました。

 

f:id:eddie_k1967:20181008170936j:plain

 

3代目にあたる新型Bクラスは、よりスポーティになったルックスとアジリティを追求したハンドリング、そして快適性の高さをセリングポイントとしています。ダイナミックなスタイリングと共に燃費にも影響する空力性能は、Cd値0.24で現行モデル(0.25)よりさらに向上したそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20181008171008j:plain

 

また、最大で1,540リッターのラゲッジスペースを持ち、定評のあるユーティリティの高さも健在。ベースとなったのは「Aクラス」だが、着座位置が90mm高いため、よりリラックスしてドライビングできることも魅力となるそうだ。

 

f:id:eddie_k1967:20181008171034j:plain

 

インテリアはフードレスの大型液晶パネルを2枚組み合わせたインパネやタービンスタイルのエアベントなど、最新メルセデスインターフェイスが用いられている。ナビと連動し500m先の路面状況を予測してスピードをコントロールする「アクティブ・ディスタンス・アシスト・ディストロニック」などフラッグシップセダン「Sクラス」譲りの運転支援装置や、マッサージ機能付きシートなどクラスを超えた装備も新型の特徴となっています。

 

f:id:eddie_k1967:20181008171108j:plain

 

ローンチに際して用意されるパワーユニットは排気量と出力の異なる5種類で、「B180」(最高出力136馬力、最大トルク200Nm)と「B200」(同163馬力、250Nm)には1.3リッターガソリンエンジンが、「B180d」(同116馬力、260Nm)には1.5リッターディーゼルエンジンが、「B200d」(同150馬力、320Nm)と「B220d」(同190馬力、400Nm)には2リッターディーゼルが搭載される。

 

f:id:eddie_k1967:20181008171139j:plain

 

このうち、2リッターディーゼルは2020年から適用される「Euro 6d」基準をパスする環境性能を誇り、コンパクトクラスへの搭載は初めてとなる。トランスミッションはすべてデュアルクラッチ(DCT)となり、2リッターディーゼルには新開発の8速DCTが、その他には7速DCTが組み合わされます。

 

f:id:eddie_k1967:20181008171202j:plain

 

スタイルとユーティリティを見事両立した新型Bクラス、現地では12月から受注が開始され、デリバリーは来年2月頃に開始される予定とのこと。日本でも人気の高いモデルだけに、なるべく早めの導入を期待したいところでうね。

 

 

 

【 Mercedes-Benz B-Class の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=1GS6o7wmhIw

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会