eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● プジョーが精悍なブラック色を纏った特別仕様車「308/308 SW GT Line Black Pack」を発売!

f:id:eddie_k1967:20190909131353j:plain


プジョーシトロエン・ジャポンは、308をベースにした特別仕様車として「308/308 SW GT Line Black Pack」を発売しました。専用のブラックエクステリアパーツと18インチブラックアルミホイールを装備することで、精悍な印象を際立たせた特別な1台となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20190909131242j:plain

 

欧州車のハッチバックといえば、VWゴルフを連想する人が多いかもしれない。機能やパフォーマンスは申し分ないが、スタンダードであるがゆえに個性という点において、少々物足りなさを感じる人も少なくない。そこで注目してほしいのが、同クラスの欧州製ハッチバックにはプジョーという選択があるということ。

 

f:id:eddie_k1967:20190909131446j:plain

 

とくにプジョー308は、日本市場においてプジョーの販売を担う重要なモデルであり、同ブランドの国内販売比率の約24%を占める人気車種となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20190909131613j:plain


人気の理由は、いかにもフランス車らしい卓越したハンドリングと快適な乗り心地。パワーユニットガソリンエンジンディーゼルが選択できて、さらにハッチバックの308、ステーションワゴンの308SWともに優れた利便性を実現していることだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20190909131652j:plain

 

今回308シリーズのラインアップに追加された308 GT Line Black Packは、308が持つ魅力はそのままにスポーティイメージを強調した特別仕様車です。308シリーズの上級グレードである308GT Line(BlueHDi)をベースに、専用のエクステリアパーツを加えている。

 

f:id:eddie_k1967:20190909131734j:plain

 

具体的には、フロントまわりはダーククロームライオンエンブレム/ブラックフロントグリルを装備し、さらにブラックドアミラー&ブラックサイドウィンドウモールをプラス。ワゴンのSWにはルーフレールもブラックとなる。また、足もとには18インチブラックアロイホイールを履いて、引き締まった印象に仕上げている。

 

f:id:eddie_k1967:20190909131804j:plain

 

パワーユニットハッチバック、SWともに1.5リッターディーゼルターボを搭載。ベース車は308 GT Lineとなっているので、アクティブクルーズコントロールやアクティブセーフティブレーキ、アクティブブラインドスポットモニターシステムといった安全装備も充実している。ボディカラーはパール・ホワイト、マグネティック・ブルー、ペルラ・ネラ・ブラック、そしてハリケーン・グレーの4タイプが設定されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190909131822p:plain

 

車両価格(8%消費税込み)は308が338万円、308SWが362万8000円となり、特別装備を加えながら、ベース車に対して8万1000円高の抑えた価格設定となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20190909131539g:plain

 

 

【 Peugeot 308 SW GT Line の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=zuFcYYWQ16U

 

 

【 Modified full black 308 gti clip の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=tRH_2fhDVbA

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● アウディA5がマイナーチェンジ 4気筒にもマイルドハイブリッドを採用

f:id:eddie_k1967:20190908133320j:plain


◆マイルドハイブリッドで燃費改善

アウディが「A5」のマイナーチェンジを発表しました。デザイン面で他のラインナップと足並みを揃えたほか、新たにマイルドハイブリッド・パワートレインが加わったものです。

 

f:id:eddie_k1967:20190908133352j:plain

 

アップデートを受けたA5クーペ、A5カブリオレ、A5スポーツバックは、高性能モデルのS5と共に、2020年モデルとして年内に発売される予定という。欧州仕様のS5は今年春、ガソリンV6ターボからディーゼルV6マイルドハイブリッドに変更されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190908133416j:plain

 

欧州では発売時に4種類の直列4気筒ガソリンおよびディーゼル・エンジンが用意され、新たに12Vのマイルドハイブリッドが採用されました。クランクシャフトに結合されたベルト駆動のオルタネーター/スターターが、減速時にエネルギーを回生して電力に変換し、小型のリチウムイオンバッテリーに蓄える。このシステムによって燃費を改善し、CO2排出量を減らすことができたとアウディは言う。

 

f:id:eddie_k1967:20190908133437j:plain

 

◆インフォテインメントを大幅改良

ビジュアル面のアップデートは、大部分が先にリフレッシュを受けたA4に倣ったものです。前後バンパーのスタイリングが刷新され、エアインテークが大型化した。ワイドになったグリルのデザインはトリムレベルによって異なる。

 

f:id:eddie_k1967:20190908133724j:plain

 

SラインはS5と同じハニカム・メッシュだが、下位トリムでは水平スラット(横桟)になる。ボンネットの下には、コンパクト・モデルのA1と同じような3つの切り込みが設けられた。全車LEDヘッドライトは標準装備。オプションでマトリックスLEDも装備できる。

 

f:id:eddie_k1967:20190908133209j:plain

 

インテリアはさらに大きな変更が施された。従来のA5に備わっていたインフォテインメント用のロータリー式コントローラーは姿を消し、代わりに10.1インチ・タッチスクリーンを採用。新たなインターフェイスがA7やA8から受け継がれた。

 

f:id:eddie_k1967:20190908133241j:plain

 

アウディ・ヴァーチャル・コクピットと呼ばれる12.3インチのデジタル・メーターパネルも、ナビゲーションのソフトウェアがアップデートされている。Wi-Fiホットスポットは全車標準装備。ソフトウェアのアップデートも無線ネットワークを通じて行える。

 

f:id:eddie_k1967:20190908133602j:plain

 

ドイツ本国での価格は、12Vマイルドハイブリッドを搭載するA5クーペ40TFSIが4万2900ユーロ(約506万円)からとなっている。今秋には注文受付が始まり、納車は2020年はじめになる予定という。なお、英国や日本での販売はまだ発表されていないものの、従来型よりも若干の値上げとなることが予想される。

 

f:id:eddie_k1967:20190908133639j:plain

 

 

【 Audi A5 Coupe facelift 2020 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=P4ZpRoC0IVE

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● 三菱自動車 アウトランダー PHEV、ロンドンで森のパトロールカーに初の電動車起用!

f:id:eddie_k1967:20190908232422j:plain

 

三菱自動車の欧州部門は、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)3台を英国ロンドン市に納入したことを発表しました。ロンドン最大の森のひとつ、「エッピングフォレスト」の保護パトロールに使用される最初の電動車両になる。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232447j:plain

 

アウトランダーPHEVは最新の2019年モデルで、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施した車両。モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、ほぼ一新といえる約9割のコンポーネントを改良している。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232528j:plain

 

エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに、400cc拡大。このガソリンエンジンは、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にしている。また、エンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感を低減させた。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232607j:plain

 

さらに、駆動用のリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhとし、最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求した。2019年モデルのパワースペックは、エンジンが135ps、フロントモーターが82ps、リアモーターが95psとなる。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232641j:plain

f:id:eddie_k1967:20190908232716j:plain


三菱自動車の欧州部門は、このアウトランダーPHEVを3台、英国ロンドン市に納入した。ロンドン最大の森、エッピングフォレストの保護パトロールに使用される最初の電動車両になる。最大45kmのEVモードを備えたアウトランダーPHEVは、エッピングフォレストの保護パトロールチームが最小限のノイズと排出ガスで、任務を遂行することを可能にするとしています。

 

f:id:eddie_k1967:20190908232801j:plain

 

 

【 Epping Forest Gateway の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=XaYdFoYNbXs

 

 

【 Outlander PHEV - London's Plug-in Hybrid の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=-oL_9Xahl0A

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら

 

 

● ヤマハのスポーツモデル『YZF-R3 ABS』と『YZF-R25 ABS』にMotoGPレプリカが登場!

f:id:eddie_k1967:20190908115043j:plain


YAMAHA、スポーツモデルの『YZF-R3 ABS』と『YZF-R25 ABS』にロードレース世界選手権 MotoGP で活躍するYZR-M1のイメージを再現した『Monster Energy Yamaha MotoGP Edition』を設定すると発表しました。台数限定で10月20日から発売する。

 

f:id:eddie_k1967:20190908115131j:plain

 

“毎日乗れるスーパーバイク”をコンセプトに開発された直列2気筒320ccエンジンを搭載するYZF-R3と、直列2気筒249ccエンジンを搭載するYZF-R25。2019年にモデルチェンジされ、MotoGPマシンのYZR-M1を彷彿とさせるデザインに加え、フロントカウルとスクリーンはエアロダイナミクスを追求した形となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20190908115214j:plain

 

タンクは乗りやすさとサーキットでの扱いやすさを両立するために新たにデザインされたラジアルタイヤを履く。また、フロントには、倒立式のサスペンションを装備する。メーターはフル液晶タイプとなり、ヘッドランプはLEDが採用されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190908115306j:plain

 

そんなYZF-R3とYZF-R25に、MotoGPに参戦するヤマハのファクトリーチーム、『モンスターエナジーヤマハ MotoGP』のカラーリングを施したモンスターエナジーヤマハMotoGPエディションが登場する。

 

f:id:eddie_k1967:20190908115343p:plain

 

このモデルは、モンスターエナジーヤマハMotoGPのグラフィックとカラーリングが忠実に再現されており、音叉エンブレムはYZR-M1と同じくゴールドカラーのものがあしらわれる。また、前後ブレーキキャリパーはゴールドカラーとなり、リヤサスペンションのスプリングはイエローカラーとなっている。

 

f:id:eddie_k1967:20190908115430j:plain

 

販売価格(税込)は、YZF-R3が70万4,000円、YZF-R25が67万1,000円となっている。販売台数も限定されており、YZF-R3が限定320台、YZF-R25が限定520台で10月20日から発売開始となる。

 

f:id:eddie_k1967:20190908115514j:plain

 

 

【 Monster Energy YAMAHA MotoGP Limited Edition の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=CczkhGgmCnI

 

 

【 2020 YAMAHA YZF-R3 Monster Energy の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=W1BQOcEck0g

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら