eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● WRC奮闘中のトヨタが全面協力したラリー映画 『OVER DRIVE』

昨年、18年ぶりのWRC(世界ラリー選手権)参戦で大きな話題を呼んだトヨタ。「もっといいクルマづくり」に向けた鍛錬の場として挑んだラリー最高峰ですが、復帰第1戦のラリー・モンテカルロでいきなり2位表彰台を獲得。TOYOTA GAZOO Racing WRT(ワールド・…

● DS、フラッグシップ・サルーン発表へ BMW 5シリーズと競合 2020年

DSの新たなラグジュアリーモデルには、PSAグループのEMP2プラットフォームが用いられるようだ。これはDS7クロスバックや最近登場したプジョー508、ヴォグゾール・インシグニアといったグループ内の多くのモデルで共有される。 この新モデルは、6年の間、毎年…

● シビック・タイプR「ピックアップ・トラック」コンセプト 英国ホンダ

ホンダ・シビック・タイプR「ピックアップ・トラック」コンセプトが公開された。ワンオフのピックアップ ベースはタイプRで、最高速度:266km/h、0-100km/h加速:6秒未満。 このタイプRをベースにした「ピックアップ・トラック コンセプト」は、ホンダのスウ…

● 新型Gクラスの生産が開始! 先代の初期から携わってきた職人も

独メルセデス・ベンツは、オーストリア・グラーツのマグナシュタイアー工場において、フルモデルチェンジした新型「Gクラス」の生産を開始したと発表しました。 世界遺産にも指定されているオーストリア第2の都市グラーツ。ここで1979年から組み立てられてい…

● キアの美しすぎるシューティングブレーク、市販モデルの実現度は?

韓国キアが、2017年のフランクフルトモーターショーで初公開した『プロシードコンセプト』がいよいよ市販化されることが確実となった。流麗なボディシルエットがどこまで市販モデルに反映されるか注目される。 プロシードコンセプトは、ワゴンタイプながらク…

● ルノー、アルプスの山と空をイメージした限定車「カングー クルール」発売

ルノー・ジャポンは、フレンチアルプスの緑、そして山々を囲む青い空をイメージしたヴァカンスカラーの限定車「ルノー カングー クルール」を、5月24日から全国のルノー正規販売店で200台限定で販売する。 ルノー カングーは、随所に散りばめられた遊び心の…

● アストンマーティン ヴァンテージが12年ぶりにフルモデルチェンジ! 新型モデルの生産を開始

アストンマーティンは、同社の量産ラインアップの中で最もスポーティなモデルである、新型ヴァンテージの生産を開始した。2018年5月18日に、英国・ゲイドンの工場から最初のヴァンテージがラインオフし、今月後半には納車される予定。 新型ヴァンテージは、1…

● 価格と実用性が優先の「軽トラ」も安全性能ニーズ高まる 背景に高齢者ユーザー増加

■ダイハツが軽トラック初の自動ブレーキ採用 軽トラックはこれまで実用性が最優先で、価格の安さも重要。安全装備を搭載することで価格が上がることは好まれないと思われていました。しかし先日、ダイハツが軽トラック初の自動ブレーキを「ハイゼットトラッ…

● BMW、年次株主総会で「新型コンセプトカー」のイラストを公開

独 BMWは先般の年次株主総会が開催された折に、新型コンセプトカー「iNEXT」のイメージイラストを初披露しました。 「iNEXT」は、BMWが2021年に生産開始予定の新型車。ドイツ・ディンゴルフィング工場で生産が予定されている。BMWの先端技術が投入され、パワ…

● 世界で最も美しいクルマ「レンジローバーヴェラール」に初の特別仕様車 全3モデルが登場!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「レンジローバー・ヴェラール」としては初となる特別仕様車「ベーシック」「プラス」「ダイナミック」の3モデルを設定し、5/22より受注を開始しました。 ヴェラールは、なめらかな面…

● 図柄入りナンバープレート、全国41地域のデザイン決定 「葛飾」「飛鳥」など新地域名も

国土交通省は5/22、地域の風景や観光資源を描いた地方版図柄入りナンバープレートのデザインを発表しました。 2017年に、ラグビーワールドカップ、東京2020オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートの交付が始まっていますが、地方版図柄入りナ…

● トミーカイラZZベースのEV、京セラの技術採用 自動運転を視野 GLM

電気自動車メーカーの「GLM」は、「京セラ」と共同で、京セラの最新技術をスポーツタイプのEV「トミーカイラZZ」に搭載したコンセプトカーを手がけた。両社の協業は今回が初めて。 クルマには、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)への活用が期待される…

● スポーツ車だけでなくSUVとかでもよく見かける最近の「切削光輝ホイール」とは?

ここ数年、アルミ削り出しデザイン+ブラック塗装を施した「切削光輝ホイール」と呼ばれるアルミホイールを見かけるようになりました。この切削光輝ホイール、いったいどうやって作っているのでしょうか。 アルミホイール製造法には、鋳造と鍛造の2つがあり…

● メルセデス・ベンツ GLC 初のリアビューが完全露出! 48VマイルドHVも設定へ

メルセデスベンツのコンパクト・クロスオーバーSUV「GLC」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。フロントに僅かな擬装がありますが、リアビューはフルヌードの状態です。2015年に登場した「GLC」にとって、このモデルは初の改良型となります。 フロント…

● ホンダ「N-BOX」を展示、 美しくのどかなプロヴァンス風庭園空間に!

今年で初開催から20周年を迎えた「国際バラとガーデニングショウ」。さまざまな庭師がガーデンデザインを競うガーデニングゾーンの一番奥のほうにあるのは同ショウへの協力企業、ホンダのコンセプトガーデン。2階建ての四角い南欧風の小屋が目印だ。 今年の…

● デロリアンや金田バイクなど…映画『レディ・プレイヤー1』に名車がたくさん登場!

現在話題沸騰中のスティーブン・スピルバーク監督最新作『レディ・プレイヤー1』は、VRの世界を舞台にしたSF映画です。そのVRの世界では、さまざまな映画・テレビの名車が数多く登場します。その活躍ぶりだけでも、見る価値のある映画に仕上がっています。で…

● 豊田自動織機、建機向けディーゼルハイブリッドエンジン(モータ一体型)を初出品

豊田自動織機は、「自動車の電動化技術」をテーマとして、車両の中で当社のカーエレクトロニクス製品がシステムとして機能する点にクローズアップした展示を行なう。 1967年に電動フォークリフトを生産開始して以来、電動化技術を自動車関連にも応用する豊田…

● シェフラー エンジン軽量化、電動化製品を「人とくるまのテクノロジー展」に出展

グローバル・サプライヤーの「シェフラー」は5月23日(水)~25日(金)にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展すると発表しました。 出展ブースではシェフラーが持つCO2削減、小型・軽量化、電動化へ貢献するシステムソリュ…

● 新型レクサスES、ついに日本初導入!どう進化したのか?

北京モーターショーのレクサスブースにて、フルモデルチェンジをはたした新型ESが発表されました。「レクサスES」は、日本国内で販売されたことはなく、多くの方には馴染みの薄い車種ですが、1989年のブランドスタート時からLSとともにランナップされている…

● F1マシンと同じカラーリング! ルノー・ルーテシアR.S.に限定モデル「R.S.18」登場

ルノーは、モータースポーツの最高峰であるF1に参戦するルノー・スポール・フォーミュラワン・チームの2018年型マシン「R.S.18」をイメージを限定車「ルーテシア R.S.18」を5月17日より限定50台で抽選販売を開始しました。 今回の限定車は、最高出力220馬力…

● 新型フォレスター(北米仕様)をエビススバルビル1Fショールーム「SUBARU STAR SQUARE」で展示開始

5月18日からSUBARUの新型フォレスターの先行予約受付が開始されています。先行予約の受付開始に伴い、同日からエビススバルビル1Fショールーム「SUBARU STAR SQUARE」にて「NEW FORESTER STUDIO」がオープンしました。 「NEW FORESTER STUDIO」は、森をモチ…

● 新型フォレスターの予約受付開始、モーターアシストを採用した「e-BOXER」など新技術を多数搭載

スバルは、今夏に予定されている新型「フォレスター」のフルモデルチェンジに先駆け、新型の先行予約を5月18日に開始した。 今回のモデルチェンジで5代目となるフォレスター。新型では、スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を採用…

● 日産、インテリジェントモビリティの取り組みを紹介予定…人とくるまのテクノロジー展

日産自動車は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展、持続可能な社会の実現を目指すとともに、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていく「ニッサンインテリジェントモビリティ」…

● 中国人は「L」が好き? 大型車じゃダメで小型車のロングWB車が必要な事情とは

中国市場で、EVに続き日本メーカーは「L」化でも遅れをとっている印象です。北京モーターショーにおいて、メルセデス・ベンツは予告通りにメルセデス・ベンツAクラスセダンをワールドプレミアさせた。さっそくメルセデス・ベンツブースへ行き、展示車の化粧…

● BMW、新型ミニを発売…ユニオンジャックのリアランプが可愛い!

ビー・エム・ダブリューは、ミニ 3ドア/5ドア/コンバーチブルをモデルチェンジし、2018年5月16日より発売。価格は、3ドアが238万円~450万円、5ドアが271万円~ 407万円、コンバーチブルが373万円~523万円となるそうだ。 今回のモデルチェンジで、3モデル…

● ヤマハ発動機、自律モーターサイクル「モトロイド」など展示予定…人とくるまのテクノロジー展

ヤマハ発動機は、5月23日から25日までパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展、ロボティクス技術を応用した試作モデル「モトロイド」などを展示する。 モトロイドは、「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」を目指…

● スズキ、新型軽トラ スーパーキャリイを発売 広々キャビン+誤発進抑制機能を採用

スズキは、新型軽トラック「スーパーキャリイ」を発表、発売しました。スーパーキャリイは、軽トラックで初めて前後の誤発進抑制機能を搭載し、誤ったアクセル操作による衝突被害を軽減する。価格は、97万4160円から133万9200円。 スーパーキャリイの誤発進…

● テスラ モデルX、130トンのジェット機を牽引…ギネス新記録

オーストラリアのカンタス航空は、テスラ『モデルX』の「P100D」が、ボーイング『787-9 ドリームライナー』の牽引に成功した、と発表しました。 モデルXのP100Dは、シリーズの頂点に位置する高性能グレード。バッテリーは、蓄電容量を100kWhへ大容量化。これ…

● 新型カローラハッチバック、海外メディアが高評価!

この夏、日本でも発売される(復活する)カローラハッチバック。北米ではカローラハッチバック(サイオンiMとカローラiMの後継モデルとして)、欧州ではオーリス(先代のフルモデルチェンジとして)と地域でモデル名が異なるあたりに複雑な生い立ちを感じま…

● スズキ、新型 スペーシア 車いす移動車などを出展予定…ウェルフェア2018

スズキは、5月17日から19日までの3日間、ポートメッセなごやで開催される総合福祉展「ウェルフェア2018」に、福祉車両5台、電動車いす6台の合計11台を出展する。 スズキブースでは、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」を標準…