eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● チューンドカー「ノビテック」の新作は806ps! マクラーレン720Sをベースにデビュー

一流のスポーツカーをさらにラグジュアリーかつ高性能に仕上げるドイツのスペシャリスト、ノヴィテックが新作「ノヴィテック N ラーゴ(N-Largo)」を発表しました。 ベースはマクラーレン720S。ノヴィテックはこれを大胆にワイドボディ化してN ラーゴに仕上…

● BMW R1250GS / R1250RTを発売へ…全面改良型ボクサーエンジン搭載

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、全面的に改良されたボクサー・エンジンを搭載したBMWモトラッドの新型『R1250GS』および 『R1250RT』を12月22日より発売するそうです。 両モデルが搭載する改良型の水冷ボクサー・エンジンは、吸気バルブのタイミ…

● ホンダHR-V(日本名:ヴェゼル)英仕様 2019年モデルにスポーツグレード

■コンパクトSUV スポーティさプラスへ 2019年型HR-Vはフロントのデザインや装備品などが刷新され、今年8月に発表。そしてこの度、ラインナップの中間に設置されるスポーツ性重視のグレードが英国仕様に追加されることとなった。 今回発表されたスポーツグレ…

● より力強く、より安全に 個性派SUVスズキエスクードが新型へ

スズキはコンパクトSUVエスクードを一部改良し、新登場のキリッと「鉄仮面度」を増した姿を発表しました。 デザイン面では、外観はメッキフロントグリル、フロント・リヤバンパー、アルミホイール、リヤコンビネーションランプのデザインを一新。内装はシー…

● 北米も不評だった… トヨタ「プリウス」MC新型で万人受けへ 歴代でもはじめての大幅デザイン変更の理由

■新型「プリウス」はより多くの人に受けて入れてもらえるデザインへ マイナーチェンジを施した新型プリウスが11月30日から一般公開されるロサンゼルスオートショー2018で正式に発表されました。現行型プリウスは日本ではまだマイナーチェンジを受けていない…

● マツダ、新型アクセラを世界初公開! 美しくてカッコいい魂動デザイン

マツダは新型「Mazda3(日本名:アクセラ)」を世界初公開しました。2019年初頭から、北米より順次販売を開始する予定とのことです。なお、新型Mazda3は、11月30日から12月9日まで開催のロサンゼルスオートショーで一般公開されています。 新型Mazda3は、日…

● 3列シートSUVのプジョー5008にアルカンタラ&テップレザーシートを備えた特別仕様車「5008 CROSSCITY」を設定

プジョー3008と同様に「EMP2(Efficient Modular Platform)」を使うプジョー5008は、同ブランドの新世代SUVとして3008とともに日本市場の販売を牽引するモデルになっているそうです。 3列7人乗りというシート配列に加えて、702Lというクラストップレベルの…

● カワサキ新型「Versys 1000」発表 日本への導入決定【EICMA2018】

カワサキは、アドベンチャーモデルとして高い評価を受けている「Versys 1000(ヴェルシス1000)」の新型をEICMAで発表しました。EICMAのカワサキブースの中央に配置された3代目「Versys 1000」は、来場者にも注目されています。 搭載されるエンジンは、1043c…

● SUVライクな軽ハイトワゴン スズキ「スペーシア ギア」新モデルを先行公開

スズキは、12/17発売予定のハイトワゴン「スペーシア」の新モデル、SUVライクな「スペーシア ギア」を先行公開しました。 「スペーシア」は標準モデルとドレスアップした「スペーシア カスタム」の2モデル展開をしている人気のハイトワゴンだが、幅広い年齢…

● 【光岡自動車】コンセプトは「やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさ」。50周年記念モデル「Rock Star(ロックスター)」が登場!

光岡自動車から同社50周年記念モデルとして、新型「Rock Star(ロックスター)」が発表され、2018年12月1日から受注が開始されます。「Rock Star(ロックスター)」は、200台の限定車で、2019年6月頃からデリバリーされる予定という。 現状のスケジュールで…

● LEAF NISMO RCは次世代EVの”基礎”。可能性を模索する日産「このクルマだけでは終わらない」

日産自動車が11月30日(金)に発表した新型EV(電気自動車)レーシングカー『NISSAN LEAF NISMO RC』の開発を主導した鈴木豊氏は、このクルマが次世代EVのための基礎になっていくと話した。 ニスモの持つレーシングテクノロジーと、日産リーフのEV技術が組み…

● マツダ初のEV 専用モデルとして2020年に登場へ! ロータリーも

マツダ初のEVは専用モデルとして2020年に登場するようだ。ロータリーエンジンを搭載するレンジエクステンダーも同時期に登場し、2021年にはマツダ初のPHEVが追加されるとのことだ。 このEVがどのようなボディスタイルを持つかは不明だが、その人気の高さやバ…

● ダウンサイジングの時代に13リットルにこだわるボルボ FH…重量物輸送には必要

ボルボトラックは、改良新型の大型トラックの発表にともなう試乗走行会を開催しました。発表されたトラックはセミトラクタータイプのボルボ『FH』2種と構内専用車ボルボ『FMX』2種です。試乗会には、運送会社をはじめとするトラックユーザー企業などが招待さ…

● スバル 新型フォレスター|予防安全性能評価で最高ランクのASV+++を獲得

スバルは、7月にフルモデルチェンジを受け発売された新型フォレスターが、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)が実施する「2018年度予防安全性能アセスメント」において、最高ランクであるJNCAP「予防安全性能評価 ASV+++(エー・エス・ブ…

● プジョー3008 クロスシティも登場、充実装備でお買い得感たっぷり

プジョー 3008 クロスシティ(CROSSCITY)が特別仕様車として登場しました。同時に発表された5008 クロスシティと同様の内容で、通常モデルよりも充実した仕様で、さらに個性的な内容となっている。限定台数は設けられていない。 今般の特別仕様としてデビュ…

● 空飛ぶクルマ、試験飛行 アウディ/エアバス/イタルデザイン

アウディ/エアバス/イタルデザインの3社は、アムステルダムで開催されているドローンウイークで、空飛ぶ自動車「ポップ・アップ・ネクスト」のプロトタイプを初公開しました。 フライングタクシー(空飛ぶタクシー)用のこの革新的なコンセプトは、自動運…

● ジープ グラディエーター、26年ぶりのピックアップトラック…ロサンゼルスモーターショー2018

◆ラム・ピックアップのノウハウを導入、アンリミテッドがベースFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)傘下の「ジープ」ブランドは11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2018において、新型ピックアップトラックのジープ『グラデ…

● ホンダ・パスポート 新型のサイズ/内装/スペック ロサンゼルスモーターショー

アメリカで開催されているロサンゼルスモーターショーにおいてホンダがミドルサイズSUV「パスポート」を発表しました。 グローバル・ライトトラック・プラットフォームを採用する「パスポート」は、高剛性ユニボディ・コンストラクションを含め、基本的なス…

● 日産の救急車「パラメディック」、20年ぶりのフルモデルチェンジへ

日産自動車は、高規格準拠救急車『パラメディック』を20年ぶりにフルモデルチェンジし、11月末より全国の消防本部・救急指定病院に納車を開始する予定だと発表しました。 パラメディックは、傷病者の救急活動をサポートし、搬送途中での高度な応急措置にも対…

● カワサキ「W」シリーズ復活 レトロ感満載の2車種発表 【EICMA2018】

カワサキはバーチカルツイン空冷モデル「W」シリーズを復活し、個性の違う2つのスタイルで新たな「W」伝説を築き上げるという。先代のW800は、2016年に「W800Final Edition」を発売し生産を一旦中止しました。今般、EICMAにおいて2台のバーチカルツイン空冷…

● ベントレー、新型コンチネンタルGTコンバーチブルを発表

ベントレーは新型コンチネンタルGTコンバーチブルを発表しました。日本での希望小売価格(税込み)は2818万円。デリバリーは2019年第3四半期を予定しているそうです。 ベントレー・コンチネンタルGTは2017年9月のフランクフルトショーで3代目がデビューした…

● レクサス、ニューモデル『UX』をラインアップに追加。大胆エクステリアの都会派小型クロスオーバー

【 プレスリリース 2018年11月27日 】 LEXUSは、新たなライフスタイルを提供する都会派コンパクトクロスオーバーとなる新型車「UX」を全国のレクサス店を通じて11月27日に発売しました。 ●タフな力強さと俊敏な走りを想起させる大胆かつ洗練されたエクステリ…

● トヨタ セーフティーセンス搭載車、グローバル累計出荷台数1000万台を達成|安全・安心なモビリティ社会へ前進

トヨタは、同社の普及型予防安全パッケージである、「Toyota Safety Sense」搭載車のグローバル累計出荷台数が、2015年3月の導入以降、約3年半となる10月末で1,000万台に達したことを発表しました。 2018年内に日本国内では累計300万台、北米では累計500万台…

● 【TAMON DESIGN TDC-Supra】 挑発的なGT-1ボディキットでフル武装したJZA80!

GTカー風でありながら、現代的なアピアランスを随所に盛り込んだ唯一無二の独創的デザイン。とにかく挑発的なスタイリングアプローチだ。奇才・庄治多門率いるタモンデザインが手がけたJZA80エボリューション。そのシルエットは光渦巻くギラギラした都会の戦…

● これが最強のプリウス!? ルーフにF-16戦闘機のバルカン砲を装備!

米国のコーヒーブランド「ブラックライフルコーヒー」は、「トヨタ プリウス」にM61バルカン砲を搭載した戦闘仕様のワンオフモデルを動画で公開しました。 プリウスは米国でも環境意識の高い層を中心に人気となっているが、そのルーフに1分間に6,000発発射で…

● フォレスターのe-BOXERよりも元気な走りと乗り心地の良さが味わえる『SUBARU XV e-BOXER』試乗記

【 文/写真:塚田勝弘 】 SUBARU XVに追加された「Advance(アドバンス)」は、フォレスターの「Advance」と同様に最上級グレードであり、「e-BOXER」と呼ばれるマイルドハイブリッド仕様でもあります。 モーター最高出力10kw/モーター最大トルク65Nm、2.0L…

● 新型 レクサス ES、発売後1か月で5600台を受注…月間販売目標の16倍

レクサスは、新型『ES』の受注状況について、10月24日の発売から約1か月にあたる11月25日時点で、月販目標(350台)の16倍の約5600台と好調な立ち上がりとなっていると発表しました。 レクサスESは、レクサスブランド創設とともに誕生した基幹モデルで、日本…

● アルファ ロメオ 「4C」の特別仕様車を数量限定で予約開始|40台限定販売

「Alfa Romeo 4C」の限定車発売 「4C Competizione」ならびに「4C Spider Italia」を数量限定で導入した。 2018年11月21日、FCAジャパンは、アルファ ロメオの本格2シータースポーツ「4C」ならびに「4C スパイダー」に、専用ボディカラーなど様々な装備を採用した…

● ベントレー、2025年までにEV発売へ。プラットフォームに「PPE」を採用か!?

ベントレーの新CEOイドリアン・ホールマーク氏は、ロイターとの会合で、025年までに、初となる完全エレクトリックモデルを市場へ投入することを示唆しました。 具体的な話まではしていませんが、「エコ」に沿ったEVモデルへシフトすると見られます。同氏はス…

● GTルックのオリジナルワイドボディでS15をフル武装! 【NEO PROJECT SILVIA】

福岡にあるネオプロジェクトは、古くからカスタムしたシルビア系マシンを手がけ、魅力的なチューニングカーを送り出してきたショップだ。GTルックで決めたワイドボディのS15シルビアは、現オーナーがドリフト仕様として製作したもの。 とくに目を見張るのが…