eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

ルノー、後輪駆動のコンパクトカー、トゥインゴにルノースポールチューンのホットモデルを設定

f:id:eddie_k1967:20180213144451j:plain

 

ルノー・ジャポンは、リアエンジン・リアドライブ(RR)の特徴的なパッケージングを持つコンパクトカー「トゥインゴ」に、ルノー・スポールがチューニングを施した高性能スポーツモデル「トゥインゴGT」を設定し発売すると発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180213144536j:plain

 

チューニングの内容はエンジンからシャシー、ボディまで多岐にわたり、高いスポーツ性能が期待されます。エンジンは、標準モデルが1リッターNAエンジンを搭載するのに対し、GTは0.9リッターターボチャージャー付きユニットを搭載する。パワーは19ps、トルクは44Nmと大幅にアップしており、最高出力109ps、最大トルク170Nmを発生する。

 

f:id:eddie_k1967:20180213144632j:plain

 

ボディは、エアインテークの位置をホイールアーチ上部から左リアフェンダーに変更することで、ターボチャージャーに入る空気の温度を12パーセント程度低減、また吸気流量も23パーセント向上することに成功したという。トランスミッションは、5速マニュアルと6速EDC(エフィシェント・デュアルクラッチ)が設定されるそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20180213144700j:plain

 

シャシーについても、ダンパーが専用品に変更されているほか、アンチロールバーも強化。また強化されたエンジン特性にあわせて横滑り防止装置もセッティングが見直され、スポーツ走行時に後輪のスライドをある程度まで許容するセッティングが施されているとのことです。横滑り大好きのドリフトファンの方にはうれしい設定なのかな…。

 

f:id:eddie_k1967:20180213144739j:plain

 

またエクステリアは、17インチアルミホイール、クロームデュアルエキゾーストパイプ、ブラックリアディフューザーなどスポーツ性能を物語るアイテムが取り入れられ、インテリアもレザー調ファブリックコンビシートや各部のオレンジステッチ、オレンジのエアコン吹き出し口、シフトレバーブーツリングなどGTならではのアイテムがちりばめられています。

 

f:id:eddie_k1967:20180213144836j:plain

なお、価格は、5速マニュアル仕様が229万円、6速EDC仕様は239万円。

 

 

【 Renault Sport Twingo GT の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=j13CxDW6AXU

 

 

【 Making of Renault Twingo GT の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=0ZCUyixl-ZY

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain