eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

新生ランチア・ストラトス 往年の名車が生産開始へ (MAT社)

f:id:eddie_k1967:20180213212221j:plain

 

1970年代中盤のWRC世界ラリー選手権)で大活躍したランチアストラトス

最新技術を駆使したワンオフモデルとして「ランチアストラトス・コンセプト」が、限定生産され甦るという。

 

f:id:eddie_k1967:20180213212250p:plain

 

ビスポーク・スポーツカー・ビルダーとして知られるMAT社(マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ)が、25台の少量製造を公式に発表したものです。

 

f:id:eddie_k1967:20180213213112p:plain

 

生産されるのは、なんと3車種が予定されており、 ・GT ・サファリ ・デイリーユース仕様 になるという。なお、サファリは、ラリーをイメージしたモデルになるようです。

 

f:id:eddie_k1967:20180213213246j:plain

 

1973年から1978年まで492台を生産したオリジナル・ストラトス。それをオマージュしたコンセプトモデルが、2010年に初公開されました。

 

ドイツの実業家、ミハエル・ストシェック氏が製造を依頼。スタイリングは、ピニンファリーナが手掛け、フェラーリ430スクーデリアのアルミ製スペースフレームとドライブトレインを流用していた。

 

f:id:eddie_k1967:20180213214024j:plain

外観は、オリジナルと同様の全長3710mmのボディ、短いホイールベースを採用。「軽量設計」により、車両重量は1274kgとされていた。

 

しかし、2011年に市販化を断念した経緯がある。MAT社は、外観と技術面が同じ新生ストラトスの複製許可を、ストシェック氏から得たと発表している。

 

f:id:eddie_k1967:20180213214056j:plain

デザインと組み立ては、従前担当したピニンファリーナが行う(オリジナルはベルトーネだった)。エンジンやシャシーも同様に、フェラーリ『F430スクーデリア』がベースとなっており、ミッドシップに搭載される4.3リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力510psを発生する。

 

f:id:eddie_k1967:20180213214142j:plain

 

このエンジンは9000rpmという高回転域まで許容し、最高速は360km/hに到達するという。ボディはカーボンファイバー製で、前後重量配分は50対50と理想的なバランスが追求されているそうだ。

 

f:id:eddie_k1967:20180213213707j:plain

 

この復刻版ストラトス、新旧ストラトスが並んだ写真からも分かるように、基本的なディティールが忠実に再現されているのが見て取れますね。

 

f:id:eddie_k1967:20180213213335j:plain

 

一世を風靡したスーパーカーの復刻、国内で実車を目にすることができるだろうか?ちょっと無理かな…?!

 

 

【 New Lancia Stratos Pininfarina の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=cW8OAJteilg

 

 

【 往年の名車 【ランチア ストラトス】 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=xoEqdyWKxOs

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

 

北関東CNG車普及委員会