eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

日産タイタン 新型オフロード 初のメーカー公認リフトアップ仕様…シカゴモーターショー2018で発表

日産自動車の米国法人、北米日産は、米国で開催中のシカゴモーターショー2018において、新型『タイタン』のオフロード仕様車を初公開しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180215154534j:plain

 

タイタンは、日産の北米市場におけるフルサイズピックアップトラック。2015年の2世代目へのモデルチェンジを機に、車名を『タイタンXD』に改めた。2016年には、新型『タイタン』を発表。最大積載量を0.5トンに抑えたタイタンXDの派生車種で、この0.5トン仕様が、初代と同じタイタンを名乗る。

 

基本パワートレーンは、5.6リットルV型8気筒ガソリン。最大出力390hp、最大トルク55.5kgmを引き出す。トランスミッションは7速AT。タイタンには、V型6気筒ガソリンエンジンも設定される。

 

f:id:eddie_k1967:20180215154628j:plain

 

シカゴモーターショー2018で初公開された新型タイタンのオフロード仕様車は、日産公認のサスペンションリフトキットを装着。車高調整が可能となっており、最大で76mm最低地上高が引き上げられ、オフロードでの走破性を高めている。

 

このサスペンションリフトキットは、日産のディーラーでボルトオンでの取り付けが可能。装着の所要時間は、およそ4時間。なお、日産がサスペンションリフトキットを公認するのは、初めてという。

 

f:id:eddie_k1967:20180215154844j:plain

 
ピックアップ・トラックはリフトアップすると魅力が増すといわれます。キットはICON Vehicle Dynamics社が開発したもので、タイタンの「クルーキャブ 4x4」モデルに装着できる。

 

f:id:eddie_k1967:20180215154757j:plain

 

車高調整式ショックアブソーバーと特製ロッドエンドベアリング、そしてデルタ・ジョイントという特殊なジョイントによって、3インチ(約7.6cm)までリフトアップすることが可能という。

 

f:id:eddie_k1967:20180215154736j:plain

 

日産によれば、取り付けに際し切断したりドリルを使ったりする作業は無し、装着作業に掛かる時間は4時間ほどで、完全にボルトオンなので簡単に取り外せるから、リース車にも装着することができると強調する。
 

f:id:eddie_k1967:20180215154715j:plain


キットの魅力的な要素の1つは、日産に認可されているということだろう。米国の日産ディーラーで購入でき、そのまま装着してもらえるし、メーカー保証も継続され、サスペンション自体にもICON社の保証が付く。なお、発売は今春の予定で、価格はこれから発表されるそうだ。

   

【 Nissan Debuts Factory Lift Kit の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=hDI28z2uLkk

 

 

【 Titan XD Platinum 2018 Chicago Auto Show の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=RyZmjUW1lAE

 

 

【 Nissan Titan Warrior Concept の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=ycaHvERT4c8

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

      

 

北関東CNG車普及委員会