eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

フェアレディZがスノーモービル仕様に大変身 『日産370Zki』

f:id:eddie_k1967:20180218175223j:plain

 

韓国平昌の冬季オリンピックでの日本人選手の活躍が話題となっていますが、当ブログでは北米の雪原を疾走する車両の話題です。 北米日産は、シカゴオートショーにて、「370Z(日本名:フェアレディZロードスター」をベースとするコンセプトカー「370Zki」を出品しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180218175417j:plain

 

370Zは、米国では「Zカー」の名で知られ、長年の伝統を持つ2ドアスペシャリティカー。クーペとロードスターの両モデルとも、引き締まったスタイリングときびきびした運動性能により米国で高い人気を誇っています。

 

f:id:eddie_k1967:20180218175342j:plain

 

今般の370Zkiは、大胆にも、この伝統あるモデルのロードスターをベースに、前輪をスキーへ、後輪をクローラーへ履き替え、スノーモービル仕様としたコンセプトカー。

 

f:id:eddie_k1967:20180218175511j:plain

 

Zkiは「スキー」と読み、Zカーとスキーをかけたネーミングとなっている。そのエクステリアは、本来タイヤが収まるスペースに、巨大なソリのようなスキー板と無骨なキャタピラが収まるユニークなもの。

 

f:id:eddie_k1967:20180218175533j:plain

 

実はスキーとキャタピラを履かせるために、すべてのドライブトレーンを一旦取り外し、3インチのリフトアップを行うとともに、排気系の取り回しも見直すなど多岐にわたるモディファイが施され雪上走行が可能となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20180218175602j:plain

 

ロードカーがそのまま雪上を走るインパクトを狙ってか、エクステリアはそれほど手を入れられてはいないが、雪山のパターンがプリントされたオレンジのボディラッピングと、ゴーグルをイメージしてイエローに変更されたヘッドライトが目を引く。

 

f:id:eddie_k1967:20180218175627j:plain

 

もちろん、332馬力を発揮するV6エンジンはベース車そのままだから、幌を下ろして雪山の冷気をダイレクトに感じながら、タイヤならぬクローラーを鳴らしてバックカントリーやゲレンデのコーナーを駆け抜けることもできるでしょう。

 

f:id:eddie_k1967:20180218175724j:plain

 

北米日産では、シカゴオートショーにSUV「ローグ」やピックアップ「TITAN」といったウインタードライブに適したフルラインナップを出展。雪山へ頻繁に足を運ぶ米国の日産ファンには目が離せない車両が多数展示されました。

 

 

【 Nissan The 370Zki Roadster の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=K3aFtwRjnJc

 

 

【 370Zki:Attack the Ski Slopes の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=zQlKBieY998

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

      

 

北関東CNG車普及委員会