eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

MITSUOKA 「ヒミコ」 がフルモデルチェンジ! さらにロングノーズ化

f:id:eddie_k1967:20180222212601j:plain

 

光岡自動車は、2シーターオープン「Himiko(ヒミコ)」のフルモデルチェンジを行い、2/23から発売します。価格は497万8800円~598万3200円。

 

f:id:eddie_k1967:20180222212657j:plain

 

ヒミコは、クラシカルなオープン2シーターで個性的なロングノーズ&ショートデッキからなる美しいプロポーションで魅了する、国内唯一のセグメントに位置付けられています。

 

f:id:eddie_k1967:20180222213755j:plain

 

新型ヒミコは、2008年12月の初代モデル誕生以来のコンセプトを継承しながらも、特徴的なドア周辺の造形から、4代目ロードスター(ND型)をベースに抑揚のあるボディパネルがさらに妖艶な雰囲気を醸し出す洗練されたデザインに生まれ変わりました。

 

f:id:eddie_k1967:20180222213135j:plain

 

ボディサイズは、全長4580mm×全幅1740mm×全高1235mmで、前モデルよりもホイールベースは120mm短くし、オーバーハングを140mm伸ばすことで、立体的、かつ彫りの深い造形となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20180222212950j:plain

 

大型のラジエターグリルは、厚みのあるアウトラインと、細く上品な格子状対比によって高級感を演出。ひときわ低く絞り込まれたリアスタイルは、現代のクルマと決定的に異なるデザインとなっています。

 

f:id:eddie_k1967:20180222213229j:plain

 

ビンテージカーに見られる外付けトランクを彷彿とさせるトランクボックスは、リアビューを引き締めながらも、クラシカルな楽しい旅路の雰囲気を演出する。

 

f:id:eddie_k1967:20180222213323j:plain

 

ルーフは手動の開閉式となっており、その軽さは片手でも容易にオープンエアーを楽むことができるそうだ。また、フロントアンダーカバーとフェンダーサイドパネル内部を翼断面形状としたことで、高速域でのダウンフォースを得てフェイスリフトを抑制し、飛躍的に操縦安定性が向上したという。

 

f:id:eddie_k1967:20180222213420j:plain

 

こうしてボディバランスを整え、前後重量配分を大幅に見直した結果、48:52という最適な体幹を得た新型ヒミコは、よりロー&ワイドなスタイルを手に入れた。

 

f:id:eddie_k1967:20180222213548j:plain

 

1930年代ビンテージカーのアーキテクチャを現代の解釈で再構築したデザインとなって、新型ヒミコは 2018年2月22日 にデビューした!

 

f:id:eddie_k1967:20180222212859j:plain

 

 

【 MITSUOKA ALL NEW Himiko の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=T7S7jbyuBCw

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

      

 

北関東CNG車普及委員会