eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

レクサス最小クロスオーバー「UX」の市販デザインが正式公開されました

 

レクサスが新型コンパクトクロスオーバー「UX」市販モデルの画像を公開しました。実車は3/6の午前10時(現地時間)にジュネーブモーターショーでワールドプレミアされます。これでレクサスは上から「LX」「RX」「NX」「UX」という4台のSUVのモデルラインを持つことになりました。

 

f:id:eddie_k1967:20180227185058j:plain

 

UXはレクサスのSUV車種の中では最もコンパクトなモデルで、「NX」に似た雰囲気を持っています。リリースには“高剛性かつ低重心な新プラットフォームを採用”とありますが、これはトヨタC-HR」をベースにしていると考えるのが自然でしょう。都会派のコンパクトクロスオーバーらしいルックスと、優れた操縦応答性、操縦安定性が謳われています。

 

f:id:eddie_k1967:20180220232701j:plain

 

公開されたティザー動画を見ると、ヘッドランプに入るレクサス特有の、L字デイタイムランニングライトが、従来とは違ってランプの上辺を縁取っていて、リアランプも呼応するように、リアハッチ・リッドの上辺を細く水平に走っているのが印象的ですね。インテリアでは流行の横長ディスプレイがダッシュボード中央に配置されているのが確認できます。

 

f:id:eddie_k1967:20180220232737j:plain

 

世界のSUVセグメントでは、「BMW X2」「アウディ Q2」「ボルボ XC40」といったコンパクトSUV熱が高まっています。レクサスのエントリーモデルとなるUXも、かなりのセールス拡大が期待できそうです。

 

 

【 Lexus UX teaser の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=9VUWIooqpCE

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

      

 

北関東CNG車普及委員会