eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

トヨタの欧州ミニカー 新型アイゴ のXフェイスがドロンジョ様風に!?

f:id:eddie_k1967:20180228225059j:plain

 

トヨタ自動車の欧州法人 トヨタモーターヨーロッパは、欧州で販売するAセグメント(一番小さなコンパクトカー)「アイゴ」のフェイスリフトモデルの画像を公開しました。実車は3/6に開幕するジュネーブモーターショーで初公開される予定です。

アイゴはトヨタとグループPSA(プジョーシトロエン)の合弁会社で開発されているモデルで、「シトロエン C1」「プジョー 108」と共通のボディを持ち、ヴィッツよりさらに一回り小さい。今後はアイゴに続き、シトロエンプジョー両ブランドからも新型のフェイスリフトモデルが登場すると予想されます。

 

f:id:eddie_k1967:20180228225156j:plain

 

エクステリアはフロントの「X」デザインがさらに大胆になり、ヘッドライトに内蔵されたデイライトのラインと一体化したことでさらに「X」が強調されています。リアは新しいデザインのLEDランプも採用されるそうだ。

72ps/6000rpmと93Nm/4400rpmを発揮する1.0L 3気筒エンジンは、デュアルインジェクターやバランサーシャフトの改良で、アイドリング時の振動を軽減し、燃費を向上。サスペンションやステアリングも改良される。また、ボディには吸音材が追加されるなど、静粛性の向上が図られているようです。

 

f:id:eddie_k1967:20180228225247j:plain

 

今般の新型アイゴには、「トヨタ・セーフティ・センスP」が搭載されるそうで、車速が10~80km/hの範囲で、衝突の危険を察知した場合に、「PCS(プリ・クラッシュ・システム)」が作動。ドライバーに警告を発し、ドライバーが回避行動を取らない時には、自動でブレーキをかける。

 

f:id:eddie_k1967:20180228225543p:plain

 

また、「LDA(車線逸脱警告)」は、高速道路などにおいて、自車の走行車線をモニター。ウインカーなしで車線を逸脱した場合、ドライバーに音やサインで警告を発する。

 

f:id:eddie_k1967:20180228225456j:plain

 

衝突回避支援パッケージが搭載された新型アイゴのフロントフェイスは、まるでドロンジョ様のような雰囲気を感じます。そういえば、先代がこの顔を採用したのは、アニメや漫画などの日本の若者文化を取り入れた「J-プレイフル デザイン」というコンセプトからきているそうです。ドロンジョ様が思い浮かんだのもあながち間違ってはいないのかもしれませんね。(苦笑)

 

 

【 TOYOTA 新型AYGOの最新PV の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=MLOX1F1zajQ</

 

 

【 Toyota Aygo 2018 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=QjmPducthMg

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

      

 

北関東CNG車普及委員会