eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● インドのタタ・モーターズ、セダン型EVコンセプトカーを初公開…ジュネーブ・ショー

f:id:eddie_k1967:20180320180622j:plain


インドのタタ・モーターズは、電気自動車(EV)のコンセプトカー「E-Vision Sedan Concept(イービジョン・セダンコンセプト)」をスイスのジュネーブモーターショー2018で初公開しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180320180711j:plain

 

ジュネーブ・ショーでワールドプレミアされた「イービジョン・セダンコンセプト」は、同社のEV基本設計である「OMEGA」をベースにした改良版モデル。

 

f:id:eddie_k1967:20180320180734j:plain

 

普通充電(交流)と急速充電(直流)のいずれにも対応し、最高時速は200キロメートルを誇るほか、停車時から7秒で時速100キロまで加速できるという。

 

f:id:eddie_k1967:20180320180801j:plain

 

ギュンター・ブチェック社長は「インドの自動車メーカーによる圧倒的かつ最も野心的な製品のひとつ。一流のデザインと技術を提供し、持続可能な未来に向けたEV革命を推進し、EVの潮流を変える1台になる」と強調しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180320180824j:plain

 

EVの本家「テスラ・モデル3」へ対抗するためのインド タタ・モータースのコンセプト車両がその答えだとし、タタのEVセダンが持つポテンシャルを示すものとしている。

 

f:id:eddie_k1967:20180320180846j:plain

 

自律走行を可能にする機能(自動運転レベル5)の次世代技術開発とクラウドコンピューティングによるナビ技術を利用して人間と機械のインタフェースを強化するなどを目指しているそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20180320180908j:plain

 

また、予兆コントローラーというバッテリーパックのライフサイクル管理や充電に必要なサービス要件(場所・時間)などを予測、充電方式の管理により最適な充電環境を補助する電気自動車の充電最適化機能も有するそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20180320180936j:plain

 

タタは、航続距離や最高速度などの性能でEV製造技術の高さを強調、併せて充電アプリやバッテリー管理でのソフト技術力の高度化をアピールしています。タタのモビリティの考え方、将来のEVとその技術の可能性をコンセプトカーで表現したものだそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20180320181008j:plain

 

 

【 Tata E-Vision Sedan Concept の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Rv3yUPSJ138

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会