eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 美女がコース上から消える - F1・グリッドガール廃止の「正義」はどこに

f:id:eddie_k1967:20180208183612j:plain

 
3/22 からオーストラリアGPで開幕する2018年のF1。トロロッソ・ホンダにも注目が集まる中、F1の「景色」が変わろうとしています。これまで華やかなグリッドガールたちが、各国のグランプリを彩ってきました。

 

f:id:eddie_k1967:20180323220635j:plain

 

そのグリッドガールが今年から廃止され、代わりにグリッドキッズが導入されることが決まっています。なぜ、グリッドガールは廃止されるのか? そして、そこに「正義」はあるのか? F1ジャーナリストの津川哲夫氏が解説する。

たいして露出度も高くない衣装、昨今では開催地の特徴ある民族衣装を纏い、各国のグランプリを彩っていたグリッドガール。世界最速の車両でスピードを競う殺伐としたレースシーンの中、潤いを魅せるグリッドガールが消えるのです。

 

f:id:eddie_k1967:20180323220615j:plain

 

グリッドガール廃止の裏にあるのは、あの“アメリカ・ハリウッドのセクハラとパワハラ問題”なのでしょう。最近は昔のようにセクシーな水着で挑発的なスタイルではなく、民族衣装やスポンサーのユニフォームなどシックなスタイルが多くエレガントかつ華やかなモードで潤いを与えてくれていました。

しかし、この数年、巷では男女同権、女性蔑視、女性尊重等々の問題が語られ、レースだけでなくあらゆるシーンで女性の尊重が重視され、女性への軽佻な見方が非難されてきました。

 

f:id:eddie_k1967:20180323221052j:plain

 

特にグリッドガール廃止の裏側には、アメリカの「あの問題」が強烈にあるのです。ハリウッドに起こった慢性的なセクシャルハラスメントに対する抗議運動“#me too”。これが怒濤の勢いでアメリカ中に広がり、ハリウッドに留まらずアメリカ議会にまで広まり、今や世界の潮流となったのです。

F1は現在“リバティメディア”というアメリカの巨大メディアグループがその商業権を持っています。彼らがアメリカでのF1展開を重視しているのは言うまでもありません。

 

f:id:eddie_k1967:20180323221139j:plain

 

メディアユーザーの半分は女性!その重要なカスタマーの気持ちを逆なでする事は、全て排除しなければならない。

グリッドガール廃止の持つ意味は社会的なアピールなのでしょうか。F1グランプリのグリッドガールは、近年は冠スポンサーであるエミレーツ航空のCAがグリッドガールを務めていました。

 

f:id:eddie_k1967:20180323221215j:plain

 

また、F1の本拠地イギリスでは、2018年は女性の選挙権獲得が100周年目です。“#me too”運動を機に一気に女性軽視の問題が浮き彫りになってきたようです。英国国営放送BBCの女性中国特派員長が同じ仕事をする男性との給料格差の大きさを訴え、辞任したことに始まり、一気に女性運動が高まってきたのです。

したがって、グリッドガール廃止は、女性を尊重しているというリバティメディアFIA国際自動車連盟)の重要な社会的アピールとなったのです。

 

f:id:eddie_k1967:20180323221251j:plain

 

廃止のパフォーマンス、このジェスチャーが重要なのが今の世の中、ツイッター世代への対処法というわけなのだろう。“グリッドガール=女性蔑視”とツイートされれば、現在の情勢ではアッと言う間に炎上しかねない。

F1ドライバーの多くは廃止に対して、「残念、殺伐としたレースシーンでの唯一の潤いだったのに!」と嘆くが、「やはり男女同権へ考えなければならないことだから…」と付け加える。

 

f:id:eddie_k1967:20180323221329j:plain

 

この裏には、“FIAがそう決めたのだから反発は許されない”とか“女性に反感をもたれても困る”とかの保身と忖度もありそうですね。

それでも、グリッドガールレースクイーンをセクシーさという部分だけで見る輩が多いのは事実です。このスケベ心を世界的にはなんとかしなければならない。しかし、いつの世でも男の目線は“美女に釘付け”なのですね。セクハラ糾弾されないように気をつけましょうね。

 

f:id:eddie_k1967:20180323221403j:plain

 

なお、F1のグリッドガール廃止を巡る国内レースにおける動きは、レースクイーンは基本的にチーム側と個別に契約し、各チームごとの衣装を身に着けて従来どおりの活動をするそうだ。スーパーGTなどでこれらは継続する見込みという。

 

f:id:eddie_k1967:20180323221429j:plain

 

 

【 F1 Season Launch 2018 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=vtqq_KbfUx0

 

 

【 F1 Grid girls vs feminists の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=U_pLHe4YjsQ

 

 

【 Grid Girls おバカトーク の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=uEA1SksOLSg

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会