eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● 破壊不可能?! 世界でもっとも壊れないと云われたクルマ 「トヨタ・ハイラックス」

f:id:eddie_k1967:20180307203352j:plain

 

世界一壊れないクルマと云われた「トヨタ・ハイラックス」がイメチェン、女性からも人気に・・・国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話

 

過去にはイギリスの超人気クルマ番組「トップ・ギア」で、この頑丈な4WD車をどうにかして壊そうと試みたのをファンなら決して忘れないはずだ。お騒がせキャスターのジェレミー・クラークソンは、ハイラックスを燃やしたり、海に沈めたり、森の中で樹木にぶつけ、高層ビルの上から落下させたりした。それでも、どんなに過酷な試練を与えても、この車は壊れることなく、エンジンは始動し、走行することができた。

 

f:id:eddie_k1967:20180307203450j:plain

 

壊れないクルマ「トヨタ・ハイラックス」が1968年の誕生以来、地球上で1700万台以上も販売され、トヨタ車の中で最も売れているクルマの1つである理由だろう。オーストラリアで最も売れる車種だし、インドネシアからロシア、南アフリカからシリアまで、さらに北に上ってはフィンランドでも、ハイラックスは伝説的な信頼性を築いている。

 

f:id:eddie_k1967:20180307210140j:plain

 

とはいえ、これまでハイラックスのデザインと頑丈さ、存在感を好むのは、主に職人たちやオフロードでの力強さを求めるドライバーたちだった。しかし、デザインが新しくなったハイラックスには、飽くなき頑強性を求めるこれまでのユーザーに加えて、新しいユーザーが触手を伸ばしている。

 

f:id:eddie_k1967:20180307203604j:plain

 

それは、ニューウェーブのライフスタイルを持つユーザーや、若いファミリー・ユーザーだ。手頃な価格で信頼性の高いクロスオーバーを持つことがファッション性の主張だと考える彼らの視線が、ハイラックスに集まっている。

 

f:id:eddie_k1967:20180307210928j:plain


新型の8代目ハイラックスは、マナー教室で教養を身につけてきたプロレスラーのようだ。ボディは屈強で柔軟性がありながら、物腰が柔らかくて社交性も身につけたというところだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20180307203717j:plain

 

それでも、海外での販売は引き続き快調な上、生まれ故郷の日本市場には13年ぶりに導入されて人気が出てきている。トヨタが昨年9月に同車を発表した時に、1年で2000台という販売目標を立てたが、たった3か月で3000台以上。つまり、こういう荷台付きのピックアップ・トラックは意外にも生まれ故郷の日本でも需要があったことがわかった。

 

f:id:eddie_k1967:20180307204255j:plain

 

では、新型ハイラックスのどこが、ファミリー・ユーザー、特に若い母親たちを惹き付けるのだろう?まず第一は、外観のデザインがぐっと柔らかくなり、新しいユーザーの視野に入るようになったことだ。これまでの商用車というよりも、オーリスを思わせるトリムを配した室内もなかなか魅力がある。実際、大人が4人ゆったりの乗れるダブル・キャブのインテリアは、現在市販されているクロスオーバーの中で一番よくできていると言えそうだ。

 

f:id:eddie_k1967:20180307203529j:plain


もうひとつの理由は、最新の安全機能だ。全車種にカーテン・エアバッグと運転席の膝用を含めて7つのエアバッグが標準装備されている。トヨタ・セーフティ・センスPという安全システムが搭載されているので、すべてのモデルにABS、緊急ブレーキ・アシスト、スタビリティ・コントロール、登坂発進・下降アシスト・コントロールが提供されているのも魅力だ。クラスでトップレベルの安全機能だ。

 

f:id:eddie_k1967:20180307204606j:plain

 

トラックのようなにアイポイントが高くて前方向の視認性がよく、リバースカメラも搭載されていることはお父さん・お母さんどちらにも嬉しいポイントだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20180307210536j:plain

 

エンジンは2.4L、4気筒ディーゼル・ターボのみだが、150psでトルクは400Nm。海外では6速のマニュアルとオートマティックも提供されているが、日本仕様はオートマのみだ。このエンジンには、燃費と性能を向上させる最新のテクノロジーが採用されていて、燃費は12km/Lと競争力もある。静止時から時速100kmまでの加速は13秒だからそれほど速いわけではないが、低速トルクは太いので、他のクロスオーバーに比べて遜色はない。

 

f:id:eddie_k1967:20180307204420j:plain

 

基本設計は頑丈なラダー・フレーム、オフロード専用サスペンション、そしてダイヤル操作で駆動方式を選択できるパートタイム4WDシステムになっている。そのおかげで多様な環境で楽に走れて、しかも上手にうねりを吸収するので、乗り心地も快適だ。

 

f:id:eddie_k1967:20180307213352j:plain

 

旧型は跳ねる傾向があって、ステアリングが甘かったけれど、新型はコーナーもキリっと曲がりねらったラインを保って、路面の凹凸も気持ちよく吸収する。路面からのノイズと風切り音が室内に入ってこないので、ハイラックスは高速道路での走行も快適だ。

 

f:id:eddie_k1967:20180307205427j:plain

 

ハイラックスの人気が高まるもう1つの理由は、自動車税が安いことかも知れない。兄貴分のランドクルーザーなら年間8万8千円だが、ハイラックスならわずか1万6千円だ。

唯一、不利な点を挙げるなら、車体の大きさだ。特に車長は、販売されているSUVの中で一番長い5.3mなので、日本の狭い道では取り回しが難いことは否めない。回転半径は6.4mと、多くのライバル車種に比べて大きいことは記しておこう。

 

f:id:eddie_k1967:20180307204508j:plain

 

世界的にユーザーの3分の1がSUVやクロスオーバーを指向する今、より外観が魅力的で、新鮮なファッション性があり、ファミリー・ユーザーに適したこのピックアップを発売したトヨタは、上手く時流を読んでいる。しかも価格も370万円からと的確だ。

 

f:id:eddie_k1967:20180307205143j:plain

 

でも忘れてはいけません。よりカッコよくなり、ゴツさを抑えたとはいえ、ハイラックスはやっぱり頑丈で、世界で最もぶっ壊れないタフなクルマであることに間違いない。

 

 

【 Toyota Hilux Offroad Drive System の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=VVxxyk9gMI0

 

 

【 Toyota HILUX Truck Best 4x4 In USA Action の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=BKBOopJKf3E

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会