eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● リーフのバッテリー再生工場が浪江町にオープン。半額以下で提供予定

f:id:eddie_k1967:20180327152458j:plain

 
日産自動車は、同社の電気自動車「リーフ」の再生バッテリーの提供を始めることを発表しました。使用済みバッテリーを回収して性能を分析、その性能状態に応じて最適化して再利用することで、大幅に安い価格が実現します。

 

f:id:eddie_k1967:20180327152551j:plain

 

今般提供が始まるのは24kWhタイプで、価格は30万円を予定。新品は65万円なので半額以下となる。性能は電力容量計で “12セグメント中10セグメント以上” が保証されます。 

 

f:id:eddie_k1967:20180327152619j:plain

 

このバッテリー再生事業を手掛けるのが、初代リーフが発売された2010年に住友商事と合弁で設立した、リチウムイオンバッテリーの再利用(Reuse)、再販売(Resell)、再生品化(Refabricate)、リサイクル(Recycle)を目的とする関連会社の「フォーアールエナジー」。

 

f:id:eddie_k1967:20180327152658j:plain

f:id:eddie_k1967:20180327163035j:plain

 

福島県双葉郡浪江町に再生工場がオープンしたことで、いよいよ本格的なリサイクルが始まります。ちなみに3月23日金曜日には浪江町の街灯に、リーフの使用済みバッテリーを再利用した「THE REBORN LIGHT」も発表されています。

 

f:id:eddie_k1967:20180327153359j:plain

 

同工場に持ち込まれる使用済みバッテリーは、48個のモジュール毎に性能を3段階にランク分けされます。リーフの再生バッテリーは状態のいいモジュールを使って組まれるとのこと。バッテリーの性能チェックに10日~2週間近く掛かかる日産の精密診断方式に対して、フォーアールエナジーの新方式は4時間で大まかに判定が可能というのも、再生事業を可能にした理由のひとつという。

 

f:id:eddie_k1967:20180327153320j:plain

 

国の復興事業(補助事業)による、東日本大震災で受けた被害からの復興を目指す浪江町が整備する企業立地の第1号が本工場となるのも、企業を誘致することでちょっとした町の未来像を示す象徴的な話なのですね。

 

f:id:eddie_k1967:20180327153632j:plain

 

 

【 THE REBORN LIGHT の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=yN4J4_nyIpI

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会