eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● 韓国ジェネシス エッセンシア・コンセプトで電動GTをプレビュー

f:id:eddie_k1967:20180329183047j:plain

 
ヒュンダイのラグジュアリー・ブランドである「ジェネシス」は、欧州市場で2022年までの販売を目指す量産モデルのプレビューとして、エッセンシア・コンセプトという名のなかなか魅力的なGT車輌を公開しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183129j:plain

 

ニューヨークショーで発表されたこの4シーター・ピュアEVコンセプトは、ジェネシス欧州進出の先頭に立つべく、未来のジェネシス・ブランドのクルマがまとうデザインと技術のプレビューとしての役割を持っているそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183156j:plain

 

エッセンシア・コンセプトはカーボンファイバー・モノコックボディに、複数の電気モーターをもつ電動パワートレインと高密度バッテリー・パックを搭載している。ジェネシスでは、バッテリーについて、2020年代における次世代バッテリー技術(全固体電池)のブレークスルーと目されている。ただ、この全固体電池が採用されているかどうかについては、まだ明らかにされていない。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183235p:plain

 

車輌デザインは、EVアーキテクチャがもつ効率的なパッケージングの恩恵を受けるとともに、その長いボンネットやダブルバブルルーフ、リアスタイルには古き良き時代のクラシックなグランドツアラーからの影響を大きく見て取ることができます。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183256j:plain

 

2枚のバタフライ式ドアにより、前後シートへの乗降性も確保されており、Bピラーに取り付けられたセンサーによる指紋認証か生体顔認証によって、ドアの開閉は自動で行われるようだ。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183332j:plain

 

キャビンもクラシックなデザインと現代のテクノロジーが融合している。シートにはシェブロン柄の刺しゅうが施され、ダッシュボードのデザインもクラシック・スポーツカーのような雰囲気だが、ワイドなインフォテインメント・ディスプレイが組み合わされる。そして、キャビンの大半は3Dプリンターによって作り出されており、カーボンファイバーのトリムは3Dの積層技術によるものと思われます。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183403j:plain

 

さらにエッセンシア・コンセプトでは、マシン学習の新たな利用法も提示しており、ドライバーのキャラクターに基づく新たなドライブルートの提案とともに、シートポジションや、パワートレイン・レスポンス、シャシー・セッティングの調整が可能となっている。さらに、ドライバーがもつIoTデバイスをシームレスにクルマと家で一体化させることもできるという。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183445j:plain

 

いまのところ量産モデルへの移行は確定していないが、このコンセプトカーは2021年までにジェネシスが発売を計画している新型モデル6台のうちの1台になるだろうと予測されています。当初は米国市場が中心になるだろうが、このクルマは欧州向けGTの量産モデルへと続いて行くことだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183531j:plain

 

ヒュンダイでは、将来的なジェネシス・ブランド導入に備えて、昨年英国でジェネシスという車輌名をもつサルーン・モデルの販売を取りやめています。

 

f:id:eddie_k1967:20180329183556j:plain

 

 

【 GENESIS ESSENTIA CONCEPT の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=ZqhqDxYj0KM

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会