eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● 展示車は「スイフト」だけ! 一車種展示を実施したスズキのブース

f:id:eddie_k1967:20180412223453j:plain


スズキが今年のバンコク国際モーターショーに出展したのは「スイフト」でした。ステージ上のクルマから、平場に置かれた10台ほどのクルマのすべてがスイフトで、ほかの車種が1台も展示されていない特徴的なブースになっていました。こんな展示、ほかのメーカーではあまり見かけないものです。

 

f:id:eddie_k1967:20180412223520j:plain

f:id:eddie_k1967:20180412223606j:plain

 

スイフトの最新モデルは日本では2017年1月に発売されましたが、2017年3月のバンコクショーには間に合いませんでした。そのときには旧型スイフトをステージ上に展示していました。2018年2月にタイでの新型スイフトの発表にこぎつけたことから、今回のショーにはスイフトだけを展示したようなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20180412223934j:plain

f:id:eddie_k1967:20180412223633j:plain

 

デュアルジェットエンジンを搭載する新型スイフトは、タイの新しいエコカー基準に適合し、税制上の優遇も受けられるクルマです。そうしたこともスイフトだらけの展示につながったのだと思います。

 

f:id:eddie_k1967:20180412223709j:plain

 

スズキはタイ市場に4ドアセダンのシアズ、コンパクトハッチのセレリオ、ミニバンのエルティガ、小型トラックのキャリイなど、それなりに充実したラインナップを用意しているのに、スイフトだけしか展示しないのというは、新型スイフトに対する力の入れ方が分かるというものです。

 

f:id:eddie_k1967:20180412223747j:plain

 

ただ、バンコク国際モーターショーは、見るためだけのショーではなく、販売するショーという側面もあり、初日にVIPデーが設定されているのは有力顧客を招いて販売交渉するためでもあります。肝心な販売初日にスイフトしかなくても大丈夫だったのか、むしろ、初日に来場する得意客にはぜひともスイフトを買ってもらいたいという意気込みだったのでしょう。

 

f:id:eddie_k1967:20180412223827j:plain

f:id:eddie_k1967:20180412224232j:plain

とにかく、ちょっと珍しいスズキの展示ブースでした。

 

f:id:eddie_k1967:20180412224149j:plain

 

 

【 Suzuki All New Swift の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=a6bby3IMk5E

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会