eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● BMW、北京モーターショーでワイヤレス充電システムを披露

f:id:eddie_k1967:20180415220359j:plain

 
BMWは、今月25日から開催される第15回北京モーターショーへの出展概要を発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180415220540j:plain

 

今や米国を抜き、世界一の規模へと成長した中国の自動車市場。バイエルンのプレミアムブランドが北京モーターショーへ持ち込むのは、SUVを中心としたラインナップ。

 

f:id:eddie_k1967:20180415220448j:plain

f:id:eddie_k1967:20180415220624j:plain

 

欧州で販売開始となったばかりの「X2」、日本でも好評を博する「X3」に加え、本年ローンチが予定される「X4」も出展される。さらには、近くデビューするフラッグシップSUVを示唆した「X7 iPerformance」もアジア初公開となる見込みだ。SUV以外では、本年後半にプロダクションモデルが公開される大型クーペ「8シリーズ・コンセプト」が注目される。

 

f:id:eddie_k1967:20180415220657j:plain

f:id:eddie_k1967:20180415220731j:plain

 

華々しいワールドプレミアこそないが、中国でも人気沸騰中のSUVを前面に押し出し、市場のニーズへ的確に応えていく姿勢を示している。しかし、より注視すべきは同時に明らかにされた電動化に関する技術かもしれない。大きなニュースは、ワイヤレス充電システムが中国市場において世界で初めて市販化されることです。

 

f:id:eddie_k1967:20180415220801j:plain

 

BMW Wireless Charging」と名付けられたこのシステムは、路面に設置する「グラウンドパッド」とクルマのアンダーボディに設置する「カーパッド」で構成され、クルマがグラウンドパッドの上に移動すると即座に充電が開始されるというもの。「530e iPerformance」および「530Le iPerformance」にオプションで装着可能となる。

 

f:id:eddie_k1967:20180415220834j:plain

 

グラウンドパッドは屋内外問わずに設置できるということで、これまでの充電作業(ケーブル取り付け)の煩わしさからEVに二の足を踏んでいた人へも食指が伸びるかもしれません。

 

f:id:eddie_k1967:20180415220906j:plain

 

ワイヤレス充電の実用化により、EVの本格展開を図るBMWは将来ガソリン車の販売を禁止するといわれる中国市場において大きなアドバンテージを握ったといえる。

 

f:id:eddie_k1967:20180415222149j:plain

 

今回の発表で、このほかにミュンヘン近郊の自動運転研究センターの開設もあわせて公表された。電動化、自度運転化に向けBMWが引き起こすイノベーションから目が離せそうにないですね。

 

f:id:eddie_k1967:20180415222211j:plain

 

 

【 BMW Wireless Charging の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=GlrcPrzuPMM

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会