eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● リスター ストームⅡ 往年の名車がハイパーカーになって復活!?

f:id:eddie_k1967:20180416173940j:plain

 

英国のスポーツカーおよびレーシングカーメーカー会社であるリスターが、「ストームⅡ」と呼ばれる車を開発しているとの情報です。

 

f:id:eddie_k1967:20180416174008j:plain

 

リスターは先日、ジャガー・Fタイプのコンプリートカー「リスター・サンダー」を2018年1月に発表したばかりですが、次はオリジナルの新型モデルを計画しているとのこと。

 

f:id:eddie_k1967:20180416174033j:plain

 

かつてサーキットを暴れまわった「ストーム」の後継機ということで、新型は「ストームⅡ」という名前になるらしい。

 

f:id:eddie_k1967:20180416174628j:plain

このストームⅡは、マクラーレンのライバルとして開発されるハイパーカーで、途方もないパフォーマンスを与えられるのだとか。

初代ストームには7.0リッターのジャガーV型12気筒が搭載されていましたが、ストームⅡには7.8リッター・V型12気筒スーパーチャージドエンジンが採用される可能性が高く、最高出力は1000ps以上という凄まじいものになるらしい。

 

f:id:eddie_k1967:20180416174451j:plain

 

また、ストームⅡにはロードカー仕様とレーシングカー仕様の2つが開発されると言われているので、後者のスペックは上記のものを超えるかもしれません。

 

f:id:eddie_k1967:20180416174540j:plain

 

初代「ストーム」は、7.0リッターのV型12気筒が搭載された公認のレースカーで、生産されたのはたった4台のみだったと言われています。当時、いくつかのレースで勝利を収めていた「ストーム」ですが、ロードカーとしては、ずっと忘れ去られた存在だったのです。

 

f:id:eddie_k1967:20180416174102j:plain

 

しかし、今回、見事にカムバックを果たすようなのです。というのも先日、リスター・カーズの社長であるローレンス・ウィタカー氏が、Twitterを通じてミッド・エンジン・スーパーカーとして、「ストーム」を戻す計画を明らかにしました。そして、この新型車を「ストームⅡ」と呼んでしました。 

 

f:id:eddie_k1967:20180416174210j:plain


ツイッターの写真以外に「ストーム II」の公式情報はまだありませんが、イギリスの自動車雑誌の『オートカー』は、「最高出力は1000ps以上のパワーを発揮する、7.8リッターのV型12気筒スーパー・チャージャード・エンジンをジャガーから採用する」と伝えています。
 

f:id:eddie_k1967:20180416174257j:plain


また『オートカー』誌は、「ストームⅡ」の0-60mphタイムは3秒以下で、250kmphを超える最高速度が可能」と伝えています。さらに価格は、280万ドル以上(約3億円)になるとの予想を立てていました。ですが、これらのすべての情報に関して、リスター側からは未だに公式発表はありません。 
同社によれば、ジャガー・Fタイプのコンプリートカー「リスター・サンダー」は、すでに数多くの受注を獲得していると発表しています。 

 

f:id:eddie_k1967:20180416174417j:plain


とにかく今は、「ストーム II」のデビューがいつになるのか(または本当にデビューできるのか)? さらなる情報を待つしかありません。乞うご期待といったところでしょうか。

 

f:id:eddie_k1967:20180416174725j:plain

 

 

【 F-Type Modified thunder の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=XNghMsdXgng

 

 

【 Lister Storm supercar の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=ss4h1cfy4EY

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会