eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 日産の商用EV「e-NV200」の航続距離が300kmに延長…大容量バッテリーを採用

f:id:eddie_k1967:20180423214751j:plain

 

日産自動車は、商用電気自動車「e-NV200」の仕様向上を行い、4/19より注文受付を開始しました。なお、発売は12月を予定しています。

価格は、バンが395万4960円~405万4320円、ワゴンが460万800円~476万2800円となる予定。

 

f:id:eddie_k1967:20180423214820j:plain

 

e-NV200は、商用車としての積載性の高さ、使い勝手の良い運転席周り、EVならではの力強い加速と静粛性を兼ね備えた商用EVで、給電機能のパワープラグ(100Vコンセント)により外出先でも電気製品を使用でき、走る蓄電池としてもさまざまなビジネスシーンに役立っている。

 

f:id:eddie_k1967:20180423214842j:plain

 

さらに、EVパワーステーションを設置することで、e-NV200の電気をオフィスや店舗などへ供給することが可能となり、停電時や非常時などのバックアップ電源としても活用できる。

 

f:id:eddie_k1967:20180423214904j:plain

 

今回の仕様向上では、40kWhの大容量バッテリーを採用することで、航続距離300km(JC08モード)を実現したそうです。航続距離の延長で充電回数もこれまでより少なくて済むようになりますね。

 

f:id:eddie_k1967:20180423214924j:plain

 

バッテリー容量が40kWhに増えたことにより、パワープラグの1000Wでの使用時間が従来の約8時間から約15時間へと拡大するとともに、パワープラグから給電した後の走行距離にも余裕が生まれる。

 

f:id:eddie_k1967:20180423214947j:plain

 

バッテリー容量の低下抑制や耐久性の向上などにより、バッテリーの高寿命化を実現した。これにより、保証を従来の5年10万kmから8年16万kmへ延長したそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20180423215012j:plain

 

車両に標準装備している普通充電器を、従来の3kWから6kWへ変更。オフィスや店舗などで6kW普通充電器(壁掛型)を導入することにより、40kWhの大容量バッテリーでも従来と同等の約8時間で満充電が可能となるという。

 

 

【 Taxis & the e-NV200 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=1sMsAzT1G50

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会