eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● DS 2025年以降に全車種へ電動パワートレイン搭載 フォーミュラEの知見も

f:id:eddie_k1967:20180502233800j:plain


シトロエンからラグジュアリーブランドとして独立を果たした「DS」は、2025年以降発売するモデル全てに電動パワートレインを搭載すると発表しました。同社はその時点までに販売台数の3分の1をハイブリッドまたはEVにするとの目標を掲げています。

 

f:id:eddie_k1967:20180502233819j:plain

 

CEOのイブ・ボンフォン氏は、「われわれの目標は非常に明確です。DSをこのセグメントにおける電動化のグローバルリーダーにしたいのです」と語った。

 

f:id:eddie_k1967:20180502233903j:plain

 

DSは同社初の電動化モデルとなるDS7 クロスバック E-テンス 4×4というプラグインハイブリッド車を来年発売する。そしてDSは10月のパリモーターショーで完全な電気自動車を発表する予定だ。このモデルもPHEVのSUVに続いてすぐに発売されるだろう。

 

f:id:eddie_k1967:20180502233921j:plain

 

これらのモデルは2023年までに発売予定の6車種に含まれており、それぞれに電動パワートレインを搭載したグレードがひとつ以上用意される。PSAグループによれば、これらは全く新しいモデルもあれば既存車種の新型もあるという。

 

f:id:eddie_k1967:20180502233942j:plain

 

先般、DSは2035年のパフォーマンスカー像をしめすX E-テンス・コンセプトを発表しました。このコンセプトカーにはフロントホイール内にモーターを配置するという今までにないレイアウトでした。最高出力は1360psにまで達するという。

 

f:id:eddie_k1967:20180502234009j:plain

 

同社は2014年以来フォーミュラEに参戦し続けている。ここで得られた技術がロードカーの開発にも役立てられているとのことだ。この電動モータースポーツへの参加は、DSが同じPSA内のシトロエンプジョーに対してEV技術で優位に立つことに繋がっています。

 

f:id:eddie_k1967:20180502234027j:plain

 

ただし、プジョーからは「208」のEV版を来年発表する予定という情報も出ています。PSAグループやDSの動向が気になりますね。

 

 

【 DS X E-TENSE の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=32TH8kSZ5NI

 

 

【 E-TENSE GT Concept の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=sS6oNzqw35U

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会