eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● シビック・タイプR「ピックアップ・トラック」コンセプト 英国ホンダ

f:id:eddie_k1967:20180525152953j:plain


ホンダ・シビック・タイプR「ピックアップ・トラック」コンセプトが公開された。ワンオフのピックアップ ベースはタイプRで、最高速度:266km/h、0-100km/h加速:6秒未満。

 

f:id:eddie_k1967:20180525153030j:plain

 

このタイプRをベースにした「ピックアップ・トラック コンセプト」は、ホンダのスウィンドン工場の腕利き12名が製造したワンオフ・モデル。その改造は、Bピラーに手を加えることから始まったという。

 

f:id:eddie_k1967:20180525153331j:plain

 

パワートレイン、エンジンコンポーネントに変更はない。それにもかかわらず、リアシートとトランクがあった場所をストレージ・スペースにすることができたという。

 

f:id:eddie_k1967:20180525153100j:plain

 

リアゲートの開口部を工夫し、あの勇ましいリアウイングの形を変えることで荷室へのアクセス性を高めている。そのほかにもロールケージ、SRSシステムの改修など、リアセクション以外にもモディファイした部分は多い。

 

f:id:eddie_k1967:20180525153416j:plain

 

それでは、生産化と実用性はどうなのでしょう?ハッチバックのラインを保つためにボディサイドに使用されたカスタムパーツの開発期間は8週間。そのうち最初の5週間が企画・設計のために、残り3週間が製造のために費やされた。

 

f:id:eddie_k1967:20180525153138j:plain

 

車重は非公開であるが、後席を撤去したとはいえ、インテリアとルーフをカスタム、荷室表面をメタルにしたことからウエイトアップは避けられないと考えられる。荷室は長さ1550mm、幅830mmもあり、写真のようにホンダの芝刈り機2台を呑み込む。

 

f:id:eddie_k1967:20180525153451j:plain

 

英国ホンダは、生産化の計画はないと話しているが、このコンセプト車輌は同社で機器の移動時などに使用していくという。

 

 

【 HONDA CIVIC TYPE R の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=o6zMgcGji3M

 

 

【 ニュル 最速のFF車 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=0heyexhzQ-s

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会