eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● DS、フラッグシップ・サルーン発表へ BMW 5シリーズと競合 2020年

f:id:eddie_k1967:20180525164846j:plain


DSの新たなラグジュアリーモデルには、PSAグループのEMP2プラットフォームが用いられるようだ。これはDS7クロスバックや最近登場したプジョー508、ヴォグゾール・インシグニアといったグループ内の多くのモデルで共有される。

 

f:id:eddie_k1967:20180525164935j:plain

 

この新モデルは、6年の間、毎年発表されるDSの新モデルのうち、3番目のモデルとなる見込みだ。これは2018年に発売されたDS7クロスバック、来年発売が予定されている電動コンパクトモデルに続く形となる。

 

f:id:eddie_k1967:20180525164958j:plain

 

サルーンの計画は明確に発表されてはいないものの、社内筋からの情報によれば「あらゆる点でBMW 5シリーズと競合する」ようだ。

 

f:id:eddie_k1967:20180525165022j:plain

 

DSが最近発表した計画では、DSは2025年以降、電動化されたモデルのみを販売することになる。DS7クロスバックには来年、300psのプラグイン・ハイブリッドが追加される予定だが、これらを踏まえると、新しいサルーンに、これに似たパワートレインが搭載されても不思議ではない。

 

f:id:eddie_k1967:20180525165054j:plain

 

DSの電動モデルラインナップについて、DS商品開発ディレクターのエリック・アポード氏は次のように語った。「初めから申し上げているように、われわれはPSAグループのイノベーティブな面を担うブランドです。従って、先頭に立って電動化を進めていかなくてはならないのです」

 

f:id:eddie_k1967:20180525165118j:plain

 

「価格面も理由のひとつです。電動化すればどうしても高価格になってしまいますから、プレミアムブランドから始めざるを得ません。その後価格が低下したら、他のブランドにも拡大していくのです。」

 

f:id:eddie_k1967:20180525165135j:plain

 

アポード氏は加えて、DSはフォーミュラEからの知見も利用していくと語った。「われわれはこれまで、フォーミュラEに3年間参加しています。電動化について最大限の知識と経験を蓄えるとともに、それを市販車にもフィードバックしていきたいと思っています。」、「市販車がわれわれの活動の中心なのです…」っと!

 

f:id:eddie_k1967:20180525165205j:plain

f:id:eddie_k1967:20180525165307j:plain

 

 

【 DS 7 CROSSBACK の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=c5R95WdoHvc

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会