eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● マツダ・ロードスターを「ワゴン化」? MX-5シューティングブレークのレンダリング

f:id:eddie_k1967:20180528180523j:plain


スーパーカーやスポーツカーを他のボディ形状へとコンバートするレンダリングを作成することで有名なRain Prisk氏が今回はマツダ・ロードスターをワゴン化(”Mazda MX-5 Shooting brake”)した。

 

f:id:eddie_k1967:20180528180547j:plain

 

スポーツカーの「ワゴン化」は、実際に過去に例があり、たとえばBMWは初代Z3にて「Z3クーペ」を設定。

 

f:id:eddie_k1967:20180528180608j:plain

 

これは2ドア(リアハッチを入れると3ドア)ワゴンというボディ形状ですが、「スリッパ」と呼ばれるなど特殊なシルエットが話題になった。ただセールス的には芳しくない、しかし、今なお根強いファンを持つ一台となっている。

 

f:id:eddie_k1967:20180528180706j:plain

 

ちなみにZ3クーペ登場時にも「Love it, or leave it,(愛するか、でないと立ち去れ)」というアクの強いキャッチコピーを使用していたので、BMWも万人受けしないということが「わかっていた」のだと思われます。

 

f:id:eddie_k1967:20180528180736j:plain

 

そのほかだとアフターマーケットにはなりますが、シボレー・コルベットをワゴン化する「エアロワーゲン(シボレー公認)」といったものもあり、「ワゴンボディのスポーツカー」に注目するメーカーやチューナーは多いようです。

 

f:id:eddie_k1967:20180528180840j:plain

 

その理由としては「ロングルーフのほうが空力的に有利だから」というものがあり、そのためフォルクスワーゲンシロッコ(二代目)は180センチという長大なルーフを持つほどだった。

 

f:id:eddie_k1967:20180528180803j:plain

 

なお、Rain Prisk氏は今回の「マツダMX-5シューティングブレーク」のレンダリング制作過程を動画で公開しています。

 

 

【 Mazda MX-5 Shooting brake の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=bN6wP-WgsPw

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会