eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● サーキットデザイナーのヘルマン・ティルケ氏「F1は公道レースを増やした方が良いレースが増える」と主張。その理由は?

f:id:eddie_k1967:20180606164643j:plain

 
F1の会長であるチェイス・キャリー氏は今週初め、新たにカレンダーに加わるサーキットは、良いレースが展開されるものでなければならないと主張した。これについて建築家のヘルマン・ティルケ氏は、リバティ・メディアが推進している公道レースの開催を増やす方針が、それに役立つはずだと示唆しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180606164604j:plain

 

これまで、数多くのサーキットデザインを手がけてきたティルケ氏は、素晴らしいレースを確約して常設サーキットを作ることは、非現実的であると考えている。そして、フィリピンで行われたFIAのスポーツ・カンファレンスで、次のように語った。

 

f:id:eddie_k1967:20180606164819p:plain

 

「我々は、プロのドライバーのためだけにサーキットを建設しているわけではない。様々なドライバーが走るれるようなサーキットを作っているのだ」

 

f:id:eddie_k1967:20180606164857j:plain

 

「それはつまり、アマチュアドライバーのことを意味している。様々な種類のレーシングカーや高性能車をドライブしたいと考えている60歳のドライバーのことも考えなければならない。そして、それらすべての人々にとって安全でなければならない。F1のことだけを考えるわけにはいかないのだ」

 

f:id:eddie_k1967:20180606164917j:plain

 

「しかし、アゼルバイジャンの首都バクーでのレースをご覧になったでしょう。あの市街地コースは、プロのドライバーのためだけに考えられ、作られたコースだ。長い直線からのナローでタイトな高速コーナー、接触多発、アマチュアのお歳を重ねたドライバーや、若い未熟なドライバーが走れるところではない。そこには、大きな違いがある。常設サーキットの投資家たちは、F1だけでなく、誰でも使えるようなサーキットを求めている」

 

f:id:eddie_k1967:20180606164939j:plain

 

ベトナムやマイアミなどが、近い将来のF1開催を目指しています。そのいずれも、公道コースを使ったレースとなる予定とのこと。リバティ・メディアは、新たなファンを構築するためのベースとなる都市に、新たなF1開催地を求めており、公道でのレース開催はその方針に合致しています。

 

f:id:eddie_k1967:20180606165004j:plain

 

ティルケ氏も公道レースが増えることを歓迎しています。「都市のコースで行うのが、現在のトレンドになりつつある。これは、プロスポーツにとっては本当に良いことだ」と語った。

 

f:id:eddie_k1967:20180606165034j:plain

 

「その背後にあるアイデアは、非常にユニークだ。そして、すべての都市も同じようにユニークだ。もし都市の中心部で行うことができるなら、他のこととは比較できない」「現時点では3つの公道レースがある。モナコシンガポール、バクー……その3つのどれもが異なっていて、それぞれが独特だ」

 

f:id:eddie_k1967:20180606165315j:plain

 

こういった動きは本当にとても面白い。F1レースのような真のプロスポーツにとって、それは正しい未来への方向性だと思われますね。

 

 

【 Azerbaijan GP の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Iculr0LElws

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会