eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● トヨタ 新型「クラウン」はハイパワーユニット搭載でスポーツセダンに進化

f:id:eddie_k1967:20180610153432j:plain


2018年6月26日に発売となる予定のトヨタ新型「クラウン」、販売店ではすでに先行受注を開始しており、早くも4万台を超えるバックオーダーが入っているとの情報もあるほどの人気ぶりです。

 

f:id:eddie_k1967:20180610153720j:plain

実際に新型「クラウン」を事前にオーダーした皆さんは実車も見ていないし、当然の如く試乗もしていないことでしょう。そこで、国沢光宏氏のプロトタイプ試乗体験から記事の一部をご紹介します。

 

f:id:eddie_k1967:20180610153740j:plain

 

まず新型「クラウン」の総合的な印象ですが、これまでの「クラウン」より圧倒的にベースとなるシャシ(車体の骨格)の性能が上がっています。考えてみれば、現行「クラウン」は基本設計が古いシャシを改良しながら使ってきています。増改築を繰り返した古い建物と同じです。

 

f:id:eddie_k1967:20180610153802j:plain

 

今回発売される新型「クラウン」は、レクサス「LS」などと同じで、トヨタ技術陣がゼロから開発した後輪駆動用のTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用しています。サスペンションの基本構成やジオメトリーまで一新し、ドイツ車と同じく剛性感が大幅に高まる「接着構造」をボディ各部に取り入れるなど、最新の生産技術も投入しています。

 

f:id:eddie_k1967:20180610153830j:plain

 

一方、インテリアはクラウンらしさをキッチリ残しています。新しい素材や技術を使いながらも、いろんな意味で「和風」です。難しい表現ながら、明治維新後に作られた洋館や、高級旅館の洋間のような感じがあります。これが良いか悪いかは意見が分かれるところですが、個人的にはこれが「クラウン」の味だと思います。

 

f:id:eddie_k1967:20180610153951j:plain

 

日本の魂を持ちながら、西洋の良い面をしっかり取り入れるという、いわゆる「和魂洋才」です。細やかな気遣いは和風ですし、ボディや足回りの逞しさはヨーロッパ車的。この新型「クラウン」なら、価格的なライバルとなるメルセデス・ベンツ「Cクラス」やBMW「3シリーズ」あたりから乗り換えても「いいね!」と思うでしょう。

 

f:id:eddie_k1967:20180610154050j:plain

 

今回乗ったプロトタイプ車両(市販車になると改良される可能性大)は、ヨーロッパ車のようなハンドリングを追求した副作用か、通常の速度域での乗り心地が少しばかりザラついた感覚を受けました。

 

f:id:eddie_k1967:20180610154123j:plain

 

速度域が高くなれば気にならないレベルになるのですが、わかりやすく言うと街中で路面のデコボコを少し大ゲサに伝えてしまう感じ。ステアリング系の”しっかり感”も追求しているため、ハンドルに細かいゴツゴツ感が伝わってきてしまいました。

 

f:id:eddie_k1967:20180610154146j:plain

 

ここがドイツ車のように滑らかになってくれば申し分無しです! 実際に6/26に販売開始される量産車で、このあたりがどう改善されるのか試乗を楽しみにしておきます。

 

f:id:eddie_k1967:20180610154207j:plain

 

 

【 CROWN CONCEPT の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=r0PyylNf-LQ

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会