eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● ル・マン24時間レース決勝に臨むフェルナンド・アロンソ「全員が勝利に向かって心をひとつに」

f:id:eddie_k1967:20180616183950j:plain

 
2018年はF1参戦と並行し、WEC(世界耐久選手権)にTOYOTA GAZOO Racingから出場しているフェルナンド・アロンソ。彼は世界三大レース(F1モナコGPインディ500ル・マン24時間)の制覇を目指しており、今週末はそのうちのひとつであるル・マンを走ることになる。決勝レースを前にインタビューに応じたアロンソは、WECへの取り組みについて訊かれ、次のように答えました。

 

f:id:eddie_k1967:20180616184024j:plain

 

「去年のバーレーンのテストからこのクルマにフィットできるように、理解するように努力してきて、これまでに随分と進化してきたと思う。クルマをより深く理解出来たし、エンジニアと長い時間を過ごしているし、シミュレーターでも随分と時間を費やした」、「とにかくクルマを理解するために可能な限りの時間を費やしてきた。特にハイブリッド・システムの性能を最大限絞り出すために努力してきた。

 

f:id:eddie_k1967:20180616184101j:plain

 

コーナーで可能な限りスピードを落とさないように、あるいはあらゆる角度からクルマに優しく運転するように気をつけてきた。ブレーキ回生も、ハイブリッド・システムの性能も最大限引き出せるようにね。とにかく準備が重要だった」また、アロンソの乗る8号車の中嶋一貴セバスチャン・ブエミを含むトヨタのチームメイトとやっていくことに関しても、ドライバー同士の協力と協調は難しいことではないとアロンソは述べました。

 

f:id:eddie_k1967:20180616184207j:plain

 

「難しくはないよ。去年のWECバーレーンに行ったんだけど、そこでチームに合流し、クルマを見て、素晴らしく強力なチームだということがよく分かった。それ以降、仲間のドライバーとはいつも一緒で、プレイステーションをやったりトランプをやったり、サーキットからホテルへは同じクルマで移動して、遊ぶのも一緒だ。ドライバーは常に一緒に行動するようにチームがオーガナイズしてくれている。それで我々は非常に近しい関係になって、お互いのために良い仕事をしようという気持ちになる。クルマは2台あるが、チームはひとつだ」

 

f:id:eddie_k1967:20180616184434j:plain

 

先月行われたWEC開幕戦スパ・フランコルシャン6時間レースでは、アロンソは初挑戦ながらもチームメイトの中嶋、ブエミと共に見事優勝を果たした。レース後には”表彰台で一晩過ごすよ”と言うほどに、良い気分を味わっていました。インタビューでは、「ああ、(レースは)随分楽しかった。我々は今年に向けてテストを重ねたし、準備をしてきた。ポルティマオ、モーターランド(アラゴン)などあちこちで走り込んできたし、シミュレーターもこなして来た。そしてスパで実戦に出場して、結構楽しめた。レースはセーフティカーが出たり、遅いクルマを抜く時には緊張してストレスが溜まったりしたが、久し振りに表彰台に立って気分は最高だった」

 

f:id:eddie_k1967:20180616184510j:plain

 

「ここル・マンの地でも再び勝利を狙う戦いが出来たら嬉しい。特にル・マン24時間は世界が注目しているレースだから。そのためにチームは準備をしてきて、全員が勝利に向かって心をひとつにしている。このレースは今年の最も重要なイベントだ」、先日のル・マン市内で行われた公開車検を経験したアロンソは、素晴らしいものだったと振り返り、優勝に向けての意気込みを語った。

 

f:id:eddie_k1967:20180616184532j:plain

 

「素晴らしかった。街の真ん中で行われ、ファンと大変近くで交流が持てた。インディ500の時にインディアナポリスの街の中をパレードするが、ここでも金曜日にパレードがある。車検は月曜日に行われ、素晴らしいオーガナイズで、ファンは僅か1mの距離でクルマを見ることが出来るのだから最高だろう。僕も素晴らしい時間を過ごすことが出来た」、「表彰台に上がれたら素晴らしいだろうね。我々が定めた目標を達成出来たら最高だ。そのためにこれまで猛烈に準備をして来た。今年のル・マンに向けてチームは何ヶ月も、何年も準備をして来た。それは我々が任務を全うするためだ。とにかく表彰台の一番高いところにトヨタが立つこと。2台が表彰台に上れたら最高だけど、少なくとも1台は表彰台の中央にのぼりたい。そうなれば最高だ」

 

f:id:eddie_k1967:20180614184457j:plain

 

予選でワンツー・フィニッシュを決めてフロントロウを独占したTOYOTA GAZOO Racing勢、3番手はドラゴンスピード10号車となった。その他のクラスでも、特に大きなアクシデントもなく各セッションは終了。注目の決勝レースは現地時間15時00分(日本時間22時00分)にスタートが切られ、現在(24時)もワンツーです。詳しくは下記のライブ配信をチェックしてね!

 

f:id:eddie_k1967:20180617000255j:plain

 

 

【 Le Mans24 - Live HD Stream の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=dddEiI38HV0

 

 

【 Toyota Gazoo Racing - Le Mans24 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=8H64Mc743-8

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会