eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● ミニ「電動化、真のチャレンジ」、小型車ゆえのスペース不足の悩み

f:id:eddie_k1967:20180615190808j:plain


ミニは欧州における「もっとも市街地向けブランド」ではあるものの、サイズ上の制約によりバッテリーを搭載するスペースが不足し電動化は難しいようなのだ。

 

f:id:eddie_k1967:20180615190840j:plain

 

ピーター・シュヴァルツェンバウアーCEOは、2019年にオックスフォードで生産が開始されるミニEや、中国の長城汽車と共同開発される派生型などに触れ「ミニの電動化は非常に難しい問題です。主な理由はその底面積の小ささです」と語る。つまり、バッテリーを搭載するのに十分な床面スペースがないということだという。

 

f:id:eddie_k1967:20180615190911j:plain

 

「しかし、都市環境における電動化の重要性を考えると、ミニ以上にその責任を負ったブランドはないでしょう。これは自然な流れであり、われわれが将来に向け達成しなければならないことでもあります」

 

f:id:eddie_k1967:20180615190947j:plain

 

「カントリーマンのプラグインハイブリッドの成功により、これが実現可能であることが明らかになりました。さらに、今後登場する完全電動ミニはさらに先を行くものになります」

 

f:id:eddie_k1967:20180615191030j:plain

 

シュヴァルツェンバウアーCEOは、中国企業のジョイントベンチャーによる電動ミニ生産についても触れた。ミニが初めて欧州以外で生産されることになる。これは中国が販売車両の一定割合のパーツを中国製とすることを義務付けたことに対応するものだ。

 

f:id:eddie_k1967:20180615191054j:plain

 

BMWグループはトヨタとの提携により「ソリッドステートバッテリー」を開発している。2025年をめどに実用化され、現在のものよりも小型でパワフルだ。これが電動ミニ開発を後押しするかもしれない。

 

 

【 MINI Electric Concept の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=kEdf-R5qHX8

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会