eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● 超絶に速いSUV「ランボルギーニ 新型ウルス」が激売れ!人気の理由は?

f:id:eddie_k1967:20180625211409j:plain


ランボルギーニは、同社初となるSUV「新型ウルス」を2018年2月6日に日本初公開しました。既に予約受注は開始しており、一番早い納車は今秋を予定しています。

 

f:id:eddie_k1967:20180625211459j:plain

 

価格は2574万円(消費税抜)で、ランボルギーニラインアップの中ではお手頃な方ではありますが、決して安くはない新型ウルス。ランボルギーニのCEOであるステファノ・ドメニカリ氏が、2018年2月に行われたジャパンプレミアで、「2020年内までにウルスの日本での販売台数が、2017年の数字のダブルになる」と明言していました。ちなみに2017年でのランボルギーニ車の国内販売台数は411台。つまり2020年までに年間800台超の販売を目指すという訳です。

 

f:id:eddie_k1967:20180625211535j:plain

 

消費税込みで2780万円という驚くようなプライスでも日本で予約が殺到しているという新型ウルスの魅力、激売れの理由は一体何なのか? 新型ウルスの特徴を簡単解説します。

 

f:id:eddie_k1967:20180625211607j:plain


新型ウルスは、4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、650馬力を発揮します。0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒。最高速度は市販されているSUVの中で最速となる305km/hと驚異的な性能を実現しています。

この凄さをわかりやすく伝えるならば、山陽新幹線(新大阪~博多)の最高速度が300km/h、東海道新幹線(東京~新大阪 ※N700Aのみ)の最高速度が285km/hなので、新型ウルスはこれらの新幹線よりも速いことがわかります。

 

f:id:eddie_k1967:20180625212010j:plain

 

センターコンソールに装備したTamburoドライブモードセレクターは、車両の全ダイナミックシステムを制御しており、市街地(STRADA)やスポーツ(SPORT)、サーキット(CORSA)に加え、砂地(SABBIA)、オフロード(TERRA)、雪上(NEVE)の6つのモードで、あらゆる環境下で適した走りを実現します。なお、TERRA(オフロード)モードとSABBIA(砂漠)モードはオプションとなります。

 

f:id:eddie_k1967:20180625211638j:plain


新型ウルスのフォルムは、ランボルギーニ ミウラやアヴェンタドールなど思い起こさせる特別なデザインです。ウルスはこれら歴史的なミッドシップスーパーカーとは違い、フロントにエンジンを搭載する一般的な形式ですが、とても印象的な仕上がりとなりました。カウンタックで初めて登場したダイナミックな斜めのフードラインがボンネットにアクセントを添えています。また低いフロントノーズは、頑丈なフロントフェンダーに縁取られていることがわかります。

六角形の大きなエアインテークは、低い位置のフロントスポイラーに接続され、新型ウルスの空気力学的効率と高いパフォーマンス性能をさらに強調しています。ヘッドライトは、流線型で細長く非常にスポーティなY字形LEDライトを採用しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180625211921j:plain

 

パワフルなキャラクターラインはリアウインドウの近くで上に向かい、フロントとリアをダイナミックにつないで、シングルピースから作られたまとまりあるデザインを強く印象づけています。LM002の特徴でもあるY字形のフロントエアインテークは、イタリアの国旗が細部に用いられています。

人気カラーについてランボルギーニに問い合わせたところ、「ウルスのグローバルデビューのカラーが黄色なので、アイコニックな色は黄色ですが、色のバリエーションが多いので一概に言えません」との回答でした。

 

f:id:eddie_k1967:20180625211708j:plain


新型ウルスのインテリアは、エクステリアと同様にランボルギーニモデルらしく、スポーティでありながらラグジュアリーなデザインとなっています。高度な技術を搭載しながらも、直感的に運転することができます。

 

f:id:eddie_k1967:20180625211741j:plain

 

シートポジションは低い位置にありながらも快適さを実現。キャビン内のコックピットコントロールはドライバーの手に届く位置に設定しています。ドライバー側に向いたダッシュボードの細いY字形デザインは、上昇するセンターコンソールに連結。これはLM002やランボルギーニスーパースポーツカーにインスパイアされたものです。

 

f:id:eddie_k1967:20180625212414j:plain

 

エアベントやドアハンドルなどのエレメント、さらにはカップホルダーやエアバッグモジュールといったアイテムにまで、ランボルギーニのテーマである六角形が室内全体に施されています。

 

f:id:eddie_k1967:20180625211834j:plain

 

 

【 Super Sport Utility Vehicle の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Xo1pEPoYi8Y

 

 

【 新型ウルス大爆走 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=lm2ZxTfZaHA

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会