eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● かなりイケてる!トヨタ 新型クラウンのカスタムモデルが登場

f:id:eddie_k1967:20180705165132j:plain


6/26に正式発表されたトヨタ 新型クラウンだが、早くもメーカー純正の2つのカスタムモデルが登場した。ブランドはそれぞれTRD、モデリスタで、両ブランドとも新型クラウンの端正なデザインをスポイルすることなく、よりスポーティかつエレガントにアップグレードしている。

 

f:id:eddie_k1967:20180705165214j:plain

 

まずはTRD仕様。特徴的なブラックアウト・サテン調シルバーメッキモールや翼をイメージしたセンターメッキモールが、ワイド&ローな雰囲気を強調している。つや消しブラッキでペイントされたメッシュタイプのホイールもスポーティで、足回りをスタイリッシュに彩っています。

 

f:id:eddie_k1967:20180705165240p:plain

 

続いてはモデリスタ仕様だが、スポーティ路線を全面に押し出したTRD仕様に対し、どちらかというとドレスアップ要素が強い印象を受ける。一番の特徴は、フロントバンパーやサイドスカートに配された“漆黒メッキ”パーツで、これはモデリスタ史上初採用のカラーリングとなる。フロントフェンダー後端に配された縦型のフェンダーガーニッシュも、新しいデザインだ。ホイールも、よりドレスアップよりのデザインを取り入れている。

 

f:id:eddie_k1967:20180705165029j:plain


実は2018年1月の東京オートサロンで、TRDとモデリスタのコンセプトモデルはすでに展示されていたのです。両モデルとも、今回公開された市販版とは細部のデザインが異なっているが、この時点でかなりの完成度だったことがわかります。

 

f:id:eddie_k1967:20180705165423j:plain

f:id:eddie_k1967:20180705165518j:plain

 

つや消しブラックのラッピングが印象的なクラウンコンセプトTRDモデルは、ボディと同様にブラックでまとめられた20インチのメッシュタイプのホイールや、迫力溢れる造形のリアディフューザー、大口径の4本出しマフラーによって、よりスポーティな方向性でまとめられている。

 

f:id:eddie_k1967:20180705165454j:plain

f:id:eddie_k1967:20180705165601j:plain

もう一台はホワイトボディが眩しいクラウンコンセプトモデリスタ。こちらは先に紹介したクラウンコンセプトTRDと比べ、リアディフューザーの造形やマフラーの太さは大人しい印象だ。反面、サイドスカートが装着され、ホイールもよりVIP寄りのデザインが作れられている。

 

f:id:eddie_k1967:20180705170052j:plain

 

両モデルとも、新型クラウンのスポーティな外見を上手に活かしつつ、程よいアップグレードを施しているのが印象的だ。また、明確に異なる方向性を打ち出しているのも興味深い。新型クラウンの販売開始に伴い、次第にアフターマーケット市場も盛り上がっていくことが期待できる。新型クラウンはカスタムの素材としても最高!今後のアフターマーケットに期待したい。

 

f:id:eddie_k1967:20180705170127j:plain

 

 

【 CROWN DRIVING IMPRESSION~中嶋一貴~ の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=dwU9LrGd-ZM

 

 

【 CROWN DRIVING PLEASURE~モリゾウ~ の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=jVlTa5iEJrU

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会