eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● JAF-TEST クルマは冠水した道路をどの程度走り抜けることができるか?

f:id:eddie_k1967:20180709231825j:plain


西日本豪雨の影響を受け、現地では依然として道路冠水や土砂災害、集落の孤立が続いている。そんな中、JAFが大雨による冠水の被害を防ぐ方法を公開しています。

 

f:id:eddie_k1967:20180709231845j:plain

 

JAFの発表によると、7月5~6日の2日間、福岡県内だけで74件、九州全体で86件もの車両浸水トラブルの報告・相談が寄せられたという。トラブルの多くを占めていたのが浸水によるエンジン不始動、ついで落輪という。大雨の際には避難や買い出しなどで自動車を使う機会も多くなりがちだが、JAFは下記の点に気をつけるよう呼びかけています。

 

f:id:eddie_k1967:20180709231911j:plain

 

大雨・集中豪雨の際はなるべく運転を控えてください!1時間に50mm以上の激しい雨がふると、滝のような雨でワイパーが利かず視界・見通しが悪くなるとのこと。そのためJAFでは、不要・不急な外出は控えるよう呼びかけている。

 

f:id:eddie_k1967:20180709231935j:plain

 

周囲より低い位置にある道路は避けてください!地下道、アンダーパスは水がたまりやすいため、浸水の被害に遭いやすい。できるだけ該当する場合のルートは迂回して使用しない。

 

f:id:eddie_k1967:20180709232020j:plain

 

水深の浅い冠水路(5cm~10cm)でも慎重に!落輪やエンジンルーム等に水が入る恐れがるため、仮に目視で水深が浅そうに見えても、警戒するように呼びかけています。

 

f:id:eddie_k1967:20180709232048j:plain

 

JAFでは、冠水した道路を無理に渡ろうとするとどうなるかのテスト動画を公開しています。結論からいうと、深さ60cm、長さ30mの冠水道路に10km/hで侵入の場合、冠水域を渡りきれずに車両は停止。

 f:id:eddie_k1967:20180709232551j:plain

 

ドアはなんとかこじ開けることができているが、これより水深が深い場合は、ドアの開閉が難しくなる可能性も十分に有りうる。特に大雨の際は、車両が動かないことにより、土石流に飲まれたり安全な場所まで避難できなかったりといったさらなる被害にあう可能性もある。冠水した道路にはうかつに近づかないようにしたいものです。

 

f:id:eddie_k1967:20180709232620j:plain

 

 

【 JAF-冠水路走行テスト の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Ud_HGbruPFA

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

        ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会