eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● 庭造り、場所が無いなら「軽トラ」に 海外も注目 「軽トラガーデンコンテスト」 とは…

f:id:eddie_k1967:20180716212414j:plain

 
毎年、全国各地で造園や緑化にまつわるイベントが開催されますが、その一部の会場では、軽トラの荷台に庭園を造り、完成度を競うという「軽トラガーデンコンテスト」が実施されています。

 

f:id:eddie_k1967:20180716212448j:plain

 

イベントを主催する日本造園組合連合会(本部:東京都千代田区)によると、おもに全国の支部でそれぞれ開催されているといるとのこと。近年はSNSで取り上げる人も少なくないようで、「新ジャンルだ」といった声とともに話題になったこともあります。なぜあえて「軽トラ」なのか、同連合会に話を聞きました。

 

f:id:eddie_k1967:20180716212513j:plain

 

――「軽トラガーデンコンテスト」はいつから開催されているのでしょうか?

 2011(平成23)年に富山県の緑化イベント内で実施されたのが最初です。その後、北陸近県に広がり、いまでは全国各地域の緑や技能に関するイベントで開催されています。

 

f:id:eddie_k1967:20180716212757j:plain

 

――なぜ始めたのでしょうか?

 緑化イベントでの集客目的です。もともと軽トラではなく庭園コンテストを実施していたイベントもありましたが、「軽トラの荷台=荷物置き」という固定概念を覆し、来場者の目を引くことができると考えています。

 

f:id:eddie_k1967:20180716212628j:plain

 

――なぜ「軽トラ」なのでしょうか?

 従来の庭園コンテストは、場所確保のほか、準備や後片付けも会場の都合で作業時間が左右されます。軽トラであれば駐車場でも開催できますし、準備もある程度会社でできるため、コンテストの開催や参加の敷居も下がるのです。もともとは、従来開催していた庭園コンテストの場所確保が難しく、役員会のなかで対応策として意見が出たのがきっかけです。一方で「狭い空間でも工夫すれば庭が造れる」というアピールにもなります。

 

f:id:eddie_k1967:20180716212842j:plain

 

――コンテスト出品作の評価ポイントはどのような点でしょうか?

 設計、施工、仕上がり、またテーマがあればテーマとの融合性など、業界関係者が総合的に見て評価をしています。来場者に投票してもらう会場も多く、そういった場合は一般の方の心を捉えた作品が優秀作品として選ばれます。

 

f:id:eddie_k1967:20180716212907j:plain

 

――つくった庭園は展示後どうするのでしょうか?

 軽トラで会社まで帰れるように、その場である程度解体します。

 

 

f:id:eddie_k1967:20180716213007j:plain


日本造園組合連合会によると、これまでに海外から取材されたコンテストもあったとのこと。コンテストへの出品から実際の造園工事の受注につながった例などもあり、実務的のPRにもなっているようですね。

 

f:id:eddie_k1967:20180716213035j:plain

 

 

【 The Kei Truck Garden Contest の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=lkF6ulzpcXE

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会