eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● フィアット総帥の急逝にイタリア工業界の驚き

f:id:eddie_k1967:20180731162305j:plain

 

フィアット・クライスラー・オートモビル(FCA)の最高経営責任者セルジオ・マルキオンネ氏が死去されました。体調を崩し手術を受けたあとの回復が思わしくないことを理由に、第一線から退くとの発表をしたのが7月21日。そのわずか4日後の訃報でした。

 

f:id:eddie_k1967:20180731162345j:plain

 

「不幸なことに、私たちが恐れていたことが現実のものとなりました」とFCA会長のジョン・エルカンは談話を発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180731162500j:plain

 

マルキオンネ氏の功績は、経営的に行き詰まっていたクライスラーを買収したこと。さらにフィアットのラインナップを刷新し、イタリアのローカルブランドからグローバル化を積極的にはかったことなどがあげられる。

 

f:id:eddie_k1967:20180731162414j:plain

 

フィアットは日本では「500(チンクエチェント)」のブランドイメージが先行するが、欧州ではセダンやステーションワゴンという車型をもつミドルクラスの「ティーポ」などが手がたい販売成績を上げている。同時にマツダと「124スパイダー」を共同開発したり、SUVマーケットにはグループ企業のジープとのシナジーを利用した車種を投入したり、と市場で確固たるポジションを構築しています。

 

f:id:eddie_k1967:20180731163058j:plain

 

同氏がフィアットに入ったのは2004年。2009年にクライスラーの買収を実行した。グループ内企業の合理化を進めるなどして、2016年には130億ユーロの負債から黒字への転換に成功しました。

 

f:id:eddie_k1967:20180731162550j:plain

 

メディア諸氏がマルキオンネ氏の姿を見かけるのは、おもにマセラティの記者発表会のときだったが、簡潔ながら的確に経営上の数字を入れ込んだ力強いスピーチが印象的だった。2019年に引退をほのめかしていたものの、予定以上に早すぎた人生からの引退は、イタリア工業界にとっても大きな打撃といわれます。

 

f:id:eddie_k1967:20180731162624j:plain

 

FCAの後任ポジションには、かねてより予定されていた人事案どおり、ジープ出身のマイク・マンリー氏が就くと発表されました。マルキオンネ氏といえば、公式の場にもセーター姿で現れることでも知られていた。シャツに品のある黒っぽいセーターをまとった恰幅のいい容姿ももう見ることは出来ないのだ。ご冥福をお祈りしたい。

 

f:id:eddie_k1967:20180731162525j:plain

 

 

【 Fiat Chrysler CEO has died の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=fV12otCLksM

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会