eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● スバル アウトバック、SUPER GTで支援車両として活躍 - FROは走りが大事!

f:id:eddie_k1967:20180918220204j:plain

 
SUPER GTではレースカーが主役だが、セーフティーカーやFRO(ファーストレスキューオペレーション)といった、重要な役割を持つ車両も存在します。中でもFROは事故発生時にいち早く現場に到着するために、「走り」の部分は非常に重要だという。

 

f:id:eddie_k1967:20180918220239j:plain

 

各サーキットにはセーフティーカーやレスキューカーなどが配備されており、SUPER GTでは、それらの車両とも連携しながら、独自システムのセーフティーカーやレスキューカーも用意している。

 

f:id:eddie_k1967:20180918220337j:plain

 

SUPER GTのFRO車両は、3台がコースサイドで待機している。FROは現在、ポルシェ『マカン・ターボ』、日産『スカイライン・クロスオーバー』、スバル『レガシィアウトバック』がその任務に当たっており、ドライバー、ドクター、ファイア&レスキューを担う3人がそれぞれに乗車して備えている。車両には医療器具はもちろん、消火器、バックボード(身体を固定する寝板)、クラッシュした車両からドライバーを救うための工具が積まれている。

 

f:id:eddie_k1967:20180918220408j:plain

 

またFROには、いち早く事故現場に到着する動力性能が求められる。中でもスバルのレガシィアウトバックは、日本国内市場ではノンターボの2.5リットルエンジン仕様しか設定されていないが、SUPER GTではオーストラリアの3.6リットル仕様を用意している。それでもノンターボでパワー不足は否めないので、足回りを交換することで性能をカバーしている。今回からタイヤとホイールをチェンジした。

 

f:id:eddie_k1967:20180918220439j:plain

 

ホイールは、以前はレースに参戦するスバル「BRZ GT300」同じとBBSのRI-Aを使用していたが、BBSのLMにチェンジ。合わせてタイヤをダンロップスポーツMAX 050 』とした。

 

f:id:eddie_k1967:20180918220505j:plain

 

ドライバーを務める山脇大輔さんは、「観客のみなさんが思っている以上、全開近い速度で走ったります。足回りがしっかりしてフットワークも軽やかになり、コースを思いっきり走っていても不安は無いです。クラッシュした車両の近くに行き、時には牽引したりするので、グラベルを走る性能も重要です。そのため車高を下げられないですが、良く仕上がっていると思います」と、性能について語った。

 

f:id:eddie_k1967:20180918220534j:plain

 

レース会場にはたくさん支援車両が待機し、危険のないように万全の態勢で開催されているのですね。

 

f:id:eddie_k1967:20180918220634j:plain

f:id:eddie_k1967:20180918220648j:plain

 

 

【 スーパーGT FROのお仕事1 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Cnj7XVQ_M8c

 

 

【 スーパーGT FROのお仕事2 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=150M5wrSulg

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会