eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● 「空飛ぶタクシー」 新宿-横浜間10分の衝撃!? 米ウーバーが狙う「第2の移動革命」とは

f:id:eddie_k1967:20181009223107p:plain

 
配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズは、電動垂直離着陸機(eVTOL)による「空飛ぶタクシー」事業の説明会を今夏、東京都内で開いた。省庁関係者やアジア各国の企業関係者ら約150人が参加し、専門家の話に耳を傾けた。同社は日本での事業の早期立ち上げの可能性を示した。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223316j:plain

 

同社のバーニー・ハーフォード最高執行責任者(COO)は、新宿―横浜スタジアムの約30キロ間を例に挙げ、「車では1時間半超かかる」が、eVTOLを使えば10分間だとして有効性を強調した。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223609j:plain

 

スマートフォンのアプリを使い、10~100キロの距離を最高時速300キロで飛ぶeVTOLを呼ぶ安価な交通サービスの構想を示し、「ウーバーはもはや単に車だけではない。我々は世界規模の都市交通プラットフォームだ」と述べた。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223641j:plain

 

基調講演した小池百合子東京都知事は「ウーバー社は『空飛ぶクルマ』と呼ばれるeVTOLによるテストフライトを行う計画があると承知している。この空を『空飛ぶクルマ』が横切る光景がすぐに実現すると思うとわくわくする。人々を奮い立たせる新構想が都市交通の未来を切り開くことを真に楽しみにしている」と話した。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223241j:plain

 

しかし、最大の焦点は「価格」と「空域管理」だろう。ウーバー関係者は「パートナー企業が機体を大量生産すれば、1時間当たり数十万トリップも可能となるだろう」と鼻息が荒い。運行数が増えればスケールメリットで料金を抑えることができるが、一方で空域の管理は難しくなる。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223809j:plain

 

規制の問題とも関連するが、災害救助や救急のヘリコプターなどの飛行の安全にも万全を期す必要がある。ウーバーは米航空宇宙局(NASA)と都市部の航空交通などについての技術研究で連携しているとのことだが、この問題をうまく解決できるかは不透明なのだ。

 

f:id:eddie_k1967:20181009223905j:plain

 

ウーバーでは、機体開発をメーカーにゆだねつつも、2020年の試験飛行、23年の運行開始を目標に「空飛ぶタクシー」事業をすすめている。

 

f:id:eddie_k1967:20181009224023p:plain

 

 

【 UBERAIR | Uber の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=JuWOUEFB_IQ

 

 

【 「空飛ぶタクシー」の説明会 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=j6Oz_TaX36w

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会