eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● アウディeトロンGT パワー志向に戦略変更 ポルシェの遺伝子と融合

f:id:eddie_k1967:20181019211550p:plain


アウディが2020年に投入予定の4ドアEVスポーツカー、eトロンGTはSUV版と同等の航続距離を持ちながら、「よりパワーを追求」しているとのことです。

 

f:id:eddie_k1967:20181019211322j:plain

 

eトロンSUVはWLTPで400kmの航続距離を持つが「GT」も同等となるようだ。「パフォーマンス路線に舵を切った!」とされているeトロンは、もっともパワフルなブーストモードでは0-97km/h加速は5.5秒、最高速度は200km/hとなる。

 

f:id:eddie_k1967:20181019211402j:plain

 

それに対しライバルのテスラ・モデルS P100Dは0-100km/hが4.3秒、最高速度は250km/hだ。アウディはeトロンGTでこの数値を目標にしていると考えられます。

 

f:id:eddie_k1967:20181019211426j:plain

 

eトロンGTは、11月のロサンゼルス・モーターショーでコンセプトカーが発表される見込みです。同じJ1プラットフォームを使用するポルシェ・タイカンは来年発売予定。アウディの技術開発を統括するウルリッヒ・ウィドマンはeトロンGTを「ポルシェの遺伝子とアウディの遺伝子の融合」と説明しています。

 

f:id:eddie_k1967:20181019211451j:plain

 

eトロンシリーズにおいてeトロンGTは、初の「フラットフロア」構造を用いています。先日発表されたeトロンや今後のeトロン・スポーツバックは「ハイフロア」を採用しているそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20181019211515j:plain

 

これらのモデルはアウディのEVとして初めて350kW充電に対応するそうです。これにより、80%までの充電が12分以内で完了するとのこと。アウディでは、このモデルを「非常にダイナミック」であるとしており、今後のパフォーマンス部門の方向性を示すものだとしています。

 

f:id:eddie_k1967:20181019211255j:plain

 

アウディが2025年までに投入するEV10車種のうちのひとつであるeトロンGTはドイツのネッカーズルム工場で生産される予定だそうです。

 

 

【 Audi etornGT Teased の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=4uji-pKVPu4

 

 

【 Audi e-tron GT (2021) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=YseL8kj7Q5A

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会