eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● ホンダNSXのマイナーチェンジが発表。開発拠点が日本に帰ってきた!

f:id:eddie_k1967:20181025200020j:plain

 
2019年5月からデリバリーの始まる「ホンダNSX」 2019年モデルの詳細が発表されました。価格を据え置きながらタイヤやサスペンションをバージョンアップ、あわせて可変ダンパーやV6ツインターボと3つの電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムの駆動制御などをブラッシュアップするといったのがメカニズム的トピックス。

 

f:id:eddie_k1967:20181025200106j:plain

 

また、初代NSXでも途中追加され、印象深いオレンジ色が現代的な解釈により「サーマルオレンジ・パール」として生まれ変わり、新色として追加されたのもニュースです。

 

f:id:eddie_k1967:20181025200138j:plain

 

しかし、メディア向けの2019年モデルNSXの発表イベントにおいて、もっとも気になったのは開発責任者がアメリカ人のテッド・クラウス氏から、水上 聡 氏に変わり、日米にあった開発拠点も日本に集約されたという部分だった。現在、NSXアメリカで生産されているが、その開発においてもアメリカ主導で行なわれたという経緯がある。

 

f:id:eddie_k1967:20181025200250j:plain

 

エンジニアリングの部分では日本の研究所が主体だったと聞くが、それでも最後の仕上げはアメリカで行なっていたというイメージだった。販売の半分を占めるというメインターゲットであるアメリカ市場にアジャストするという点では、非常に有効な開発手法だった面もあるだろうが、マイナーチェンジ(イヤーモデルの開発)においてブラッシュアップしていく段階では開発を一か所にまとめていくほうが合理的なのは言うまでもない。

 

f:id:eddie_k1967:20181025200312j:plain

 

2019年モデルにおいては、コンチネンタルと共同でタイヤを進化させ、それに合わせてサスペンションをバージョンアップ、パワートレインなどの制御を最適化しているというが、水口氏によれば「個々の変化は大きくありませんが、全体としては大きな進化を感じていただけるはずです」と言う。さらに進化した走りを象徴する言葉として『きれいな軌跡』という表現を水口氏は使う。駆動力やシャシー性能など電子制御による味付けの自由度が高いNSXだけに、こうした共通イメージで磨き上げていくことが「人間中心のスーパースポーツ」として煮詰めていくにはキーになったはずだ。

 

f:id:eddie_k1967:20181025200352j:plain

 

まさに熟成を進めたというわけだ。そこには、水口氏がビークルダイナミクス畑の出身というのも効いているだろう。53歳にして初めての開発責任者を務めるという水口氏だが、近年のキャリアとしてはビークルダイナミクス部門のマネージャーやダイナミック性能統括責任者(マイスター)といったポジションで活躍してきたという。そうした知見が、今回のマイナーチェンジには活かされているはずだ。人材、開発拠点とも、まさに「適材適所」で熟成が進んだNSXの走りを早く味わってみたい。

 

f:id:eddie_k1967:20181025200456j:plain

 

 

【 NSX メディア・プレビュー の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=XjF4CspOLmI

 

 

【 Fun to Drive, Honda NSX! の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=ZxnRp4p9SGk

 

 

【 Launches NSX GT3 Evo の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=XL_vmnmKYMg

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会