eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● ホンダ・パスポート 新型のサイズ/内装/スペック ロサンゼルスモーターショー

f:id:eddie_k1967:20181129203244j:plain


アメリカで開催されているロサンゼルスモーターショーにおいてホンダがミドルサイズSUV「パスポート」を発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20181129203324j:plain

 

グローバル・ライトトラック・プラットフォームを採用する「パスポート」は、高剛性ユニボディ・コンストラクションを含め、基本的なストラクチャーをピックアップのリッジライン/3列SUVパイロットと共有します。

 

f:id:eddie_k1967:20181129203411j:plain

 

初代パスポートかと思われましたが、実は「3代目」のホンダ パスポート、ホンダは現在、北米市場でSUVラインアップをHR-V(日本名:ヴェゼル)とCR-Vパイロット(日本未導入)と、コンパクトサイズからラージサイズまで3つを取り揃えている。そして今回、CR-Vパイロットの中間を埋めるように、ミドルサイズSUV「パスポート」がロサンゼルスモーターショーに登場したもの。

 

f:id:eddie_k1967:20181129203437j:plain

 

ボディサイズは全長4839×全幅1996×全高1819mm、ホイールベース2819mmで、搭載されるエンジンは3.5L V6 DOHCで284ps/355Nmを発生し、9速ATが組み合わされます。

 

f:id:eddie_k1967:20181129203504j:plain

 

また、路面状況に合わせて前後輪の駆動配分を制御する4WDシステム「i-VTM4」を採用する。さらに、泥濘路や雪上などの路面状況に合わせて走行モード(4つ)を切り替える「Intelligent Traction Management(インテリジェント・トラクション・マネージメント)」を組み合わせ、多くの状況下で高い走破性と走行安定性を発揮する。

 

f:id:eddie_k1967:20181129203540j:plain

 

もちろん、ミリ波レーダーや単眼カメラによる先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も搭載しています。このサイズ感、トヨタ ランドクルーザーを90mmほど短くしたくらい。現在SUVブームの真っただ中ではあるものの、日本で走行するにはなかなかに大きいサイズのため、日本国内への導入は見送りのようなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20181129203615j:plain

 

ちなみに、このパスポートという車名を聞いたことがあると思った人もいるかもしれない。新型モデルは3代目となります。初代(1993~1997)と2代目(1997~2002)はともに北米で販売されていたモデルであり、いすゞ ロデオ(北米仕様)のOEM供給を受けたモデルでもあります。これが16年ものブランクをおいて再登場することになるのです。

 

f:id:eddie_k1967:20181129203645j:plain

 

■新型ホンダ パスポート 主要諸元

・全長×全幅×全高=4839×1996×1819mm
ホイールベース=2819mm
・エンジン=V6 DOHC
・排気量=3471cc
・最高出力=283ps/6000rpm
・最大トルク=355Nm/4700rpm
トランスミッション=9速AT
・駆動方式=4WD
・タイヤ=前245/50R20/後265/45R20

 

f:id:eddie_k1967:20181129203724j:plain

 

 

【 All-New Honda Passport-Global Debut の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=3HMo1gKXxys

 

 

【 Honda Passport - First Look の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Tp8TKC4mAgM

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会