eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● レーシングEV、日産リーフNISMO RC発進! 松田次生選手がサーキット走行

f:id:eddie_k1967:20181214183902j:plain

 
日産の電気自動車「リーフ」の名を冠したレーシングEV『リーフ ニスモ RC(LEAF NISMO RC)』が発表されました。併せて、スーパーGT松田次生選手がサーキットで運転する動画も公開されました。

 

f:id:eddie_k1967:20181214183608j:plain

 

動画の冒頭、あまりのパワーにリーフ ニスモ RCがホイールスピン!? 日産のLEAF NISMO RCは、前後車軸に配置されたふたつの電動モーターで駆動する4WDです。合計240kWの最高出力と、640Nmの最大トルクを発生する。従来モデルと比較して、最高出力と最大トルクはともに2倍以上だという。

 

f:id:eddie_k1967:20181214183538j:plain

 

公開された動画については、LEAF NISMO RCのサーキット走行!この車輌のコクピットに収まるは、スーパーGTのGT500クラスでニスモMOTUL AUTECH GT-Rをドライブする松田次生選手。停車している間はEVらしく無音だ。見えているコクピットの景色はガソリンエンジンを搭載したレーシングカーとそう変わらないものの、その静けさは異様だ。

 

f:id:eddie_k1967:20181214183718j:plain

 

そして、松田選手がアクセルペダルを踏み込むと同時に、予想していたよりも大きなモーター音が車内に反響する。しかも、640Nmという大トルクにタイヤのグリップ力が耐えられなかったのか加速中にホイールスピン、ペダル踏量を調整する様子がわかる。

 

f:id:eddie_k1967:20181214183742j:plain

 

順調にショートコースを周回している様子が続くが、ハンドルを握る手を注視していると指で何かを操作しているようにも見える。その瞬間、まるでギアチェンジしているかのようにモーター音が急に低くなる。公式にパワートレーンの詳しいスペックは発表されているわけではないが、特別な変速機が内蔵されているのかもしれない。

 

f:id:eddie_k1967:20181214183816j:plain

 

日産リーフ NISMO RCは合計で6台生産され、イベントでデモ走行するというから見る機会に巡り会うこともあるだろう。はやく実車を見てみたい。その時がちょっと楽しみですね。

 

f:id:eddie_k1967:20181214183659j:plain

 

 

【 日産リーフ NISMO RC 松田次生選手がドライブ の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=-ahrNi7hiZA

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会