eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! エコカーブログ

● 新型カローラ日本仕様、新型カローラセダンがカッコいい!! 最近のトヨタデザインはマシになっているのか?

f:id:eddie_k1967:20181217181421j:plain
 
2018年も残すところあとわずか。2018年6月にカローラスポーツがデビューし、そのスタイルを見て「トヨタのデザインが変わってきたのでは?」と思った方も多いのではないでしょうか。

 

f:id:eddie_k1967:20181217181450j:plain

 

フランス・パリモーターショーでワゴン版の「カローラツーリングスポーツ」を発表したのに続き、11月16日に開幕した中国・広州モーターショーにてトヨタがセダンの「カローラ」、そして「レビン」を世界初公開!

 

f:id:eddie_k1967:20181217181615j:plain

 

これで、いよいよセダン・ワゴン双方の新型カローラも出揃った。待望の国民車、日本国内の仕様はまたひと味違う長年の名車に“らしさ”を伴ってデビューしました。

 

f:id:eddie_k1967:20181217181713j:plain

 

トヨタ大衆車のデザインは悪い……?そんなふうに言われてから幾年が経ったのでしょうか?もしや、トヨタのデザインは、大きく変わったのでしょうか? 何かが起きているのでしょうか?

 

f:id:eddie_k1967:20181217181753j:plain

 

発表されたカローラセダンやツーリングスポーツのデザインを見て多くの方が、はからずも「え、マジ?」、「ちょっとカッコいい!!」という声がでてきたとされます。

 

f:id:eddie_k1967:20181217181828j:plain

 

SUVに取って代わられる形で、やや斜陽化しているセダンやワゴン市場。特に日本市場のセダンラインナップは年々縮小傾向にあります。

 

f:id:eddie_k1967:20181217181923j:plain

 

そんな市場動向において、2018年はトヨタの旗艦といわれるクルマからもスポーティ色を強めた新型クラウンが発売されるなど、“スポーツセダン”は今なお一定の存在感を放つカテゴリーなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20181217181951j:plain

 

トヨタデザインが「攻め」の姿勢を明確にしたのは、福市得雄氏がデザイン責任者になってからではないだろうか。福市氏は、初代エスティマや初代アルファード、iQなどのデザインに関わったデザイナーだが、2008年に子会社の関東自動車に出向していた。

 

f:id:eddie_k1967:20181217182057p:plain

 

豊田章男社長からの「もっともっといいクルマを!」の掛け声のもと、2011年にトヨタに呼び戻され、デザイン本部本部長に就任。現在も、チーフブランディングディレクターとして、レクサスを含む全トヨタ車のデザインを統括している。

 

f:id:eddie_k1967:20181217182020j:plain

 

カムリWSなど、最近増えつつある前輪駆動スポーツやFFスポーツセダンもなかなかの実力で魅力的なのです。さてさて、今後も気になる新型車やMC車の動向、ぞくぞくするファンの皆さんも多いのでは……。

 

f:id:eddie_k1967:20181217182149j:plain

 

 

【 「カローラ」SEDAN<海外仕様>コンセプトPV の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=8P_y6Zc_o_A

 

 

【 「カローラ」WAGON<海外仕様>コンセプトPV の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=l8H1v0RpjXo

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会