eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 日産マキシマ、2019年モデル改良新型(北米仕様)を発売

f:id:eddie_k1967:20181225224116j:plain

 

日産自動車が北米で展開するフラッグシップ・セダン、「日産マキシマ」の2019年モデルが発売されました。

 

f:id:eddie_k1967:20181225224137j:plain

 

外観は、フロントフェイスがLEDヘッドライトを標準装備した新しい顔立ちにアップデート。日産デザイン・アメリカが筆をとったスタイリングで、ボリューム感のあるフロントグリルと「V」の字が深くなったVモーションが特徴だ。

 

f:id:eddie_k1967:20181225224213j:plain

 

リアエンドのスタイリングは、LEDテールライトを新意匠に変え、4本出しエグゾーストのフィニッシャーを変更し、「SR」グレードには新型スポーツ・リアスポイラーを装備した。

 

f:id:eddie_k1967:20181225224243j:plain

 

内装は、「ラクダ・タン」と名付けられたセミアニリンのダイアモンド・キルト・レザーが用意された。これは、北米向けGT-Rのプレミアム・インテリアパッケージと同様の設えとなっている。

 

f:id:eddie_k1967:20181225224311j:plain

 

安全装備については日産セーフティシールド360を設定。また、子ども置き去りの抑止効果が期待されるリアドア・アラートを標準装備した。

 

f:id:eddie_k1967:20181225224337j:plain

 

アメリカで販売されるグレード展開は、S、SV、SL、SR、プラチナムの5種類となる。SRプレミアム・パッケージを選ぶとデュアルパネル・パノラミック・ムーンルーフ、セーフティシールド360、インテリジェント・アラウンドビューモニターなどを搭載。

 

f:id:eddie_k1967:20181225224605j:plain

 

ラチナムリザーブパッケージは、専用タイプの19インチ・アロイホイール、後席シートヒーター、ラクダ・タン・セミアニリン・インテリアを採用しているという。

 

f:id:eddie_k1967:20181225224708j:plain

 

■日産マキシマ(北米仕様2019年モデル)の価格展開

マキシマS:3万3950ドル(374万円)
マキシマSV:3万5960ドル(396万円)
マキシマSL:3万8440ドル(424万円)
マキシマSR:3万9530ドル(436万円)
マキシマ・プラチナム:4万1440ドル(457万円)

 

 

【 Nissan Maxima - Exterior & Interior の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Hsu9WcyXHV0

 

 

【 2019 NEW Nissan Maxima の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=_Saj_qS0sy0

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会