eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 正月・箱根駅伝 なんと「センチュリーGRMN」が登場! ランナーを支える平成最後の伴走車

f:id:eddie_k1967:20190101230959j:plain

 

正月の風物詩、箱根駅伝の開催がいよいよ間近かとなってきた。第95回となる2019年大会も1月2日の8時に東京大手町からスタートを切り箱根芦ノ湖へ、翌3日は逆ルートがコースとなる箱根駅伝を多くの学生ランナーが駆け抜ける。

 

f:id:eddie_k1967:20190101231038j:plain

 

そして、平成最後の大会となる今回、レースの先導車として「センチュリー GRMN」を走らせることが、トヨタに対する取材により判明しました。センチュリーは2018年にフルモデルチェンジをおこなったトヨタの最高級セダン。そのスポーツバージョンであるセンチュリーGRMNは市販されていないモデルであり、現時点で未発売モデルとなっているが異例の大抜擢ということだ!

 

f:id:eddie_k1967:20190101231106j:plain

 

箱根駅伝の“主役”といえばランナーだが、彼らを支える“伴走車”にもドラマがある。特に平成に入ってからは三菱、ホンダ、そしてトヨタと、数々のメーカーの数々の車が、ランナーとともに箱根路を駆けてきた。

 

f:id:eddie_k1967:20190101231131j:plain

 

平成最後の大会にはトヨタスポーツ車が勢揃い! トヨタ自動車広報部によりますと主な走行車種リストは以下のとおりとなっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190101231156j:plain

■第95回大会(2019年)箱根駅伝の主な走行車種
・大会本部車/センチュリー GRMN
・大会会長車/マークX GRMN
・運営管理車/ノア、ヴォクシー GRスポーツ ※計23台
・技術総務車/ヴィッツ GRMN
・広報車/プリウスPHV GRスポーツ

 

f:id:eddie_k1967:20190101231222j:plain

 

今回、トヨタはGR(ガズーレーシング)系の車種を数多く投入。スポーツモデルが提供車両の中心を占めるのは初で、例年のラインナップと比較しても実にユニークな印象。

 

 

f:id:eddie_k1967:20190101231346j:plain

 

目玉となる「大会本部車」のセンチュリーGRMNは、豊田章男社長が使用する社長専用車として東京と愛知の本社に1台ずつしか存在しない超希少な車。市販化もされていないため、箱根駅伝の中継が、全国的には初お披露目といっても過言ではない。

 

f:id:eddie_k1967:20190101231417j:plain

 

さらに、「大会会長車」のマークX GRMN(2019年初に発売予定)も市販前モデルながら箱根路を駆けることとなる。リストを見てもわかるとおり、箱根駅伝は競技を円滑に進めるため、様々な「車」に支えられている。

 

f:id:eddie_k1967:20190101231438j:plain

 

TV中継を見ていて最も目にするのは、先頭ランナーの前後を走る「大会本部車」だが、実際に沿道に足を運ぶと、TVには映らない様々な車両の姿を目にすることができる。

 

f:id:eddie_k1967:20190101231502j:plain

 

各大学に1台ずつ提供される「運営管理車」や先述の「大会会長車」はもちろん、上記リスト以外でも「競技管理バス」(トヨタのマイクロバス、コースターを使用)や「テレビ中継車」、「ラジオ放送車」など多岐にわたり、今大会は競技関係車両で29台、報道関係車両で7台の計36台が動員されます。

 

f:id:eddie_k1967:20190101231532j:plain

 

中継に映し出されるのは、ほんの一部の車両。文字どおり多くの車が陰で“ハコネ”をサポートしています。平成最後の箱根駅伝は、主役であるランナーとともに、それを支える「車」にも注目ですね。

 

 

【 箱根駅伝公式Webサイト はこちら 】

http://www.hakone-ekiden.jp/

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会