eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● レクサス、より熟成した「RC F」を公開 日本では5月に発売 【デトロイトモーターショー2019】

f:id:eddie_k1967:20190117185645j:plain


レクサスは、デトロイトで開催中の2019年北米国際自動車ショーにおいて、マイナーチェンジしたハイパフォーマンス・スポーツクーペ「RC F」を世界初公開しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190117185721j:plain

 

現行「RC F」は2014年に5.0L・V8エンジンを搭載したプレミアムな高性能スポーツクーペとしてデビューし、年次ごとに改良を加えてきたが、今回は約20kgの軽量化や空力性能の向上ほか、パワートレーン、専用開発のタイヤ、サスペンションなど、多くの部分に改良を加え、常用域での軽快な走りと限界域における優れた操縦安定性を追求するビッグマイナーチェンジを受けて新たに登場したものです。

 

f:id:eddie_k1967:20190117185751j:plain

 

エンジン出力を向上させるとともに、エアクリーナー形状を変更し吸気性能向上とスロットル制御の改良によりアクセルレスポンスを向上。駆動系ではデファレンシャルのローギヤ化を行ない、サーキット走行におけるアクセルでの車両コントロール性を向上させている。また新たに急発進用のローンチコントロールも採用している。

 

f:id:eddie_k1967:20190117185815j:plain

 

エクステリアでは、レース活動で培われた空力デバイス取り込んだデザインを採用し、フロントバンパーコーナーにカナード形状を採用し、サイドのロッカーモール後端をアンダーカット形状としてリヤタイヤ周辺の乱気流を抑制するなど、空力性能の向上を目的としながら、「F」らしさを強調するデザインとしている。

 

f:id:eddie_k1967:20190117185852j:plain

 

また、前後のホイールハウスにダクトを設けホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減。最適なコーナリング姿勢にし、ステアリングの応答性を向上させています。

 

f:id:eddie_k1967:20190117185928j:plain

 

さらに高性能な「F」の進化を象徴する「Performance package」を新たに設定する。モータースポーツ技術を応用し、エンジンフード、ルーフ、フロントスポイラーなどの外装部品とブレースにCFRPを採用。カーボンセラミックブレーキ、チタンマフラー、軽量アルミホイールなどの採用で70kgの軽量化を実現し、加速性能・空力性能も向上させ、より高い次元の運動性能を実現している。

 

f:id:eddie_k1967:20190117190050j:plain

 

このパッケージは専用のインテリアカラーやオーナメントパネルが装備される予定。なお、新型RC Fの日本での発売は、2019年5月が予定されているという。

 

f:id:eddie_k1967:20190117185949j:plain

 

 

【 The Lexus RC F Track Edition Reveal Video の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=9_cQrCgozy4

 

 

【 First glance of the Lexus RC F Track Edition の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=TtmujkJSfbg

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会