eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● フェラーリがニューモデル「F8 トリビュート」のオフィシャル画像を公開! ジュネーブモーターショーで発表

f:id:eddie_k1967:20190301203713j:plain

 
フェラーリは488GTBの後継モデルとなる「F8 トリビュート(Tributo)」を3月5日にジュネーブモーターショーで発表する予定だが、それに先だってオフィシャル画像が公開されました。

 

f:id:eddie_k1967:20190301203702j:plain

 

新たなV8ミッドシップフェラーリである「F8 トリビュート」の搭載エンジンは、従来モデルのフェラーリ488GTBのものより最高出力が50ps高められて720psとなった。これはスペシャルシリーズを除くフェラーリ史上最もパワフルなV8エンジンということになる。

 

f:id:eddie_k1967:20190301203725j:plain

 

そもそもこの488GTBからの流れをくむV8エンジンは素晴らしい出来映えで、2016年から2018年まで3年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの「最優秀エンジン」に選ばれている上、2018年には過去20年にわたる歴代「最優秀エンジン」の中で最も優秀であるという「ベスト・オブ・ザ・ベスト」も受賞している。この珠玉のV8エンジンにさらに磨きがかけられ「F8 トリビュート」に搭載されたわけです。

 

f:id:eddie_k1967:20190301203759j:plain

 

また、車重(乾燥重量)は1330kgとなり488GTBより40kgもの軽量化に成功している。さらにエアロダイナミック効率が10%向上したそうだ。そして最新バージョン(6.1)のサイドスリップ・アングル・コントロール・システムを搭載して、現行フェラーリラインアップの中でもトップレベルのパフォーマンスとコントロール性を備えているという。

 

f:id:eddie_k1967:20190301203747j:plain

 

キャビンは基本的にはフェラーリミッドシップ・ベルリネッタの伝統に則したもので、ドライバー重視のクラシックなデザインだが、ダッシュ、ドアパネル、トランスミッショントンネルなどは再設計されている。

 

f:id:eddie_k1967:20190301203735j:plain

 

さらにHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)は進化、ステアリングホイールやスイッチ類、新型7インチのタッチスクリーンディスプレイなどの操作感は大幅に向上しているそうだ。そんなわけで、ジュネーブモーターショーでの実車の公開が待ち遠しく楽しみです。

 

f:id:eddie_k1967:20190301204953j:plain

 

フェラーリ F8 トリビュート主要諸元】
 エンジン:90度V8ターボ

 総排気量:3902cc 最高出力:720ps/8000rpm 最大トルク:770Nm/3250rpm

 全長×全幅×全高:4611×1979×1206mm 乾燥重量:1330kg

 0→100km/h加速:2.9秒 0→200km/h加速:7.8秒 最高速:340km/h

 

 

【 Ferrari F8 Tribute の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=O_kAHtwJlX4

 

 

    

f:id:eddie_k1967:20180210104020j:plain

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会