eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 「トヨタ」&「スズキ」 協業検討で小型ハイブリッドに着手、相互にOEM供給

f:id:eddie_k1967:20190321141415j:plain


トヨタとスズキは2019年3月20日、新たな協業について、具体的な検討に着手することに合意した。トヨタとスズキが提携を発表したのは2016年10月であったが、その後2017年2月6日の業務提携に向けた覚書締結を行ない、2018年5月に「開発・生産等に関する共同プロジェクト」の協議開始に合意している。

 

f:id:eddie_k1967:20190321141453j:plain

 

そして、今般、より具体的な協業内容が発表されました。その協業の内容は、トヨタが持つ電動化技術とスズキが持つ小型車技術を持ち寄り、生産領域での協業や電動車の普及、相互のOEM車の供給などを検討するということだ。

 

f:id:eddie_k1967:20190321141518j:plain

 

トヨタはスズキにTHS(トヨタハイブリッドシステム)を供給し、スズキはグローバルにTHSモデルを展開する。またインド市場でハイブリッド・システム、エンジン、電池の現地調達化によるインドでのハイブリッド技術の普及を担当。さらにヨーロッパ市場ではトヨタRAV4カローラ・ワゴンのハイブリッドモデルをスズキにOEM供給する。

 

f:id:eddie_k1967:20190321141619j:plain

 

一方のスズキは、インド市場でスズキの小型モデル(シアズ、エルティガ)をトヨタOEM供給すること、デンソートヨタが支援するスズキの新開発エンジンを、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ポーランドで生産し、トヨタの小型モデルへ搭載すること。

 

f:id:eddie_k1967:20190321141654j:plain

 

そして、スズキがインドで生産する小型車(スズキ・バレーノ、ビターラブレッツァ、シアズ、エルティガ)をトヨタのアフリカ市場向けにもOEM供給するなどが検討されている。さらに両社の生産での協力は、スズキのインドにおける車両開発の知見を活用したトヨタCセグメントMPVの共同開発とスズキへのOEM供給を予定する。

 

f:id:eddie_k1967:20190321141836j:plain


2022年からトヨタ・キルロスカ自動車(TKM:インド工場)で小型SUV(スズキ・ビターラブレッツァ)を生産することが検討されている。これらが実現すれば、トヨタ、スズキのいずれにとっても初の大規模な協業で、特に相互のOEM供給はトヨタにとってもかつてないことなのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190321141743j:plain

 

また、協業する市場としては、インド、アフリカ、そしてヨーロッパという範囲であることが明確で、やはりトヨタにとって大きなメリットがある地域となっている点は注目すべきでしょう。

 

f:id:eddie_k1967:20190321142123p:plain

 

 

【 トヨタとスズキ 業務提携 (News) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=QSIisU8Dn-A

 

 

【 トヨタとスズキ共同記者会見(2016) の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=EreCNMpQYGw

 

 

   
 

 

           ← 購入はこちら

 

北関東CNG車普及委員会