eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 2500ccエンジン搭載のオートバイ! トライアンフ「Rocket 3 TFC」が日本上陸

f:id:eddie_k1967:20190507101122j:plain


トライアンフモーターサイクルズジャパンが、トライアンフの最新型ファクトリーカスタム「Rocket3 TFC」を発表しました。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101044j:plain

 

量産バイクとしては世界最大となる2500ccエンジンを搭載し、世界限定750台が販売されるそうです。ナナハンと呼ばれるバイクの排気量は750cc。2500ccといえばミニバンやセダンに搭載する排気量になるといえば、その凄さが理解していただけるでしょう。販売価格は325万円という。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101159j:plain

 

バイクの知識がある人なら、シボレーの8.2リッターV8エンジンを搭載したボスホス、30年くらい前に登場のVWビートル1.8リッター水平対向4気筒エンジンを搭載したアマゾネス、といった自動車用エンジンを流用搭載したバイクを思い浮かべるでしょう。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101216j:plain

 

トライアンフが発表したRocket3 TFC(TFCとは Triumph Factory Custom の略)は、このバイクのためにカスタム製作された量産バイクとして、世界最大の2.5リッターエンジンを搭載。しかもマルチシリンダーではなく直列3気筒。これを縦置き搭載するという一般的なバイクと異なる驚きのモデルなのです。最高出力は170psと控えめですが、最大トルクは221N・m(22.5kgf)を発揮するそうです。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101303j:plain

 

マッチョなスタイリングを引き立たせるのが、カーボン製パーツを採用するボディや専用設計のArrowサイレンサーのエンドキャップ。アルミ製の片持ちスイングアームなどによって前モデルより40kgの軽量化を実現したそうだ。ただし正式な車重は未発表となっています。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101353j:plain

 

さらに充実装備として、シグネチャープロファイルデイタイムランニングライト(DRL)を特徴とする最新型フルLEDツインヘッドライト、コンパクトLEDインジケーター、テールライト、ナンバープレートライトを含むオールLEDライトを装備する。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101448j:plain

 

ブレーキはブレンボ製を採用し、前後のサスペンションは日本のSHOWA(ショーワ)製。フロントは倒立式フォークで、リヤはリザーバータンク付きフルアジャスタブルモノショック。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101332j:plain

 

このほかコーナリングABSやトラクションコントロール、クルーズコントロール、キーレスイグニッション、タイヤ空気圧モニタリングシステム、USBソケットなど安全・快適なシステムも装備する。なお、各車にはシリアルナンバーが刻印されたプレートが装着されるとのこと。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101622j:plain

 

さてさて、このマッチョで強心臓なバイクはどのような方が所有されるのでしょうか?ちょっと興味津々ですね。

 

f:id:eddie_k1967:20190507101238j:plain

 

 

【 Triumph Rocket 3 TFC の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=iLQbIOCTBjU

 

 

【 New Triumph Rocket 3 TFC Сoncept の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=Pfc6pX8Cnf4

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら