eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 中国における「コピー車裁判」、負け知らずの中国企業が敗訴した意外な理由とは

f:id:eddie_k1967:20190515170808j:plain


中国の司法当局が初めて自動車デザインの盗用を認めた。陸風汽車のSUV「X7」を提訴していたジャガー・ランドローバーの主張が認められ、同社は製造販売の停止を命じられた。中国企業によるデザイン盗用問題では過去、海外の自動車メーカーの主張がことごとく退けられてきた。知的財産権などは無いに等しかった中国に何が起きたのだろうか。

 

f:id:eddie_k1967:20190515171223j:plain

 

「またか…。」と多くのメディア関係者も諦めかけていた「中国自動車企業のコピー車裁判」、これまで同様の裁判ではすべて中国側が勝訴しているが、今回は一転して陸風汽車「X7」が敗訴、なぜ陸風汽車が負けたのか、なにか理由があるのでしょうか?

 

f:id:eddie_k1967:20190515171144j:plain

 

中国でジャガー・ランドローバー(以下JLR)が陸風汽車(英語名ランドウィンド)を相手どり訴えを起こしていた“コピー車裁判”では、意外な判決が下った。中国北京市の裁判所は、「陸風汽車製のSUV、X7がレンジローバー・イヴォークによく似ていて消費者を混乱させている」というJLRの主張を全面的に認め、陸風汽車に対し“X7の製造販売即時停止とJLRへの賠償金支払い”を命じたのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190515171448j:plain

 

陸風汽車がX7を広州モーターショーで発表したのは2014年11月。JLRはすでにレンジローバー・イヴォークを発売していたし、同じ中国の奇瑞汽車との間で12年に合弁生産契約を結び、新工場を建設していた。この工場は14年秋に完成し、中国製のレンジローバー・イヴォークは同年末から生産が始まった。同じ時期に陸風汽車がX7を発売したため、JLRはこれを「よく似たコピー車であり意匠権の侵害だ」と提訴したのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190515171526j:plain

 

JLRは裁判所に「イヴォークの特徴であるクーペスタイル」、「車体前面と後面のデザイン」、「ボンネットフード前端の文字の配置」など5項目について陸風X7の類似性を訴えた。実際、両車は非常によく似ている。裁判所はJLRの主張をすべて認めたのです。メディアは「米国が求めている知的財産権の保護について行動で示した」、「知財保護の姿勢をアピールする狙い」とJLR勝訴の理由を挙げたが、別の事情もあるようだ。

 

f:id:eddie_k1967:20190515171731j:plain

 

昨年11月、陸風汽車の親会社である江鈴汽車が、中国のBEV(バッテリー充電式電気自動車)のスタートアップ企業、愛馳汽車(AIWAYS)と工場貸与契約を結び、今年になって愛馳汽車が陸風汽車への資本参加を決めた。出資比率は50%とも伝えられている。愛馳汽車は、江鈴汽車からX7の生産工場を借り、BEVを量産する計画を進めていた。

 

f:id:eddie_k1967:20190515171021j:plain

 

中国では多くのBEVスタートアップ企業がコンセプトカーを発表してきたが、発表時点で生産工場を持っている企業は皆無だった。派手に花火を打ち上げて投資家の関心を集めることがショーの目的なのです。しかし、実態のないスタートアップ企業が多いため、中国政府は60社以上といわれるBEVスタートアップ企業を15社程度に絞り、工場を持っている企業にだけに生産認可を与える方針なのだ。

 

f:id:eddie_k1967:20190515172120j:plain

 

愛馳汽車はその“15社程度”に選ばれ、中国政府の生産認可を受ける予定。つまり愛馳汽車は、中国が国家として進めるBEV普及に賛同する企業であり、江鈴汽車との連携も共産党が認可した。その愛馳汽車のBEV生産をスムーズに行わせるため、陸風汽車はX7生産工場を明け渡さなければならなくなったのです。

ある中国メディア記者は、陸風X7を見ながら「これは私も恥ずかしいです」、「最近、こういうあからさまな模倣はめっきり減ったのですが…」と嘆く。

最近の中国でもSUVブームは真っ只中。モデル数は増え続け、非国営ではSUVを得意とする長城汽車と、国営では吉普(ジープ)名称の中国での使用権を持つ北京汽車を先頭に、SUVの新型車は年間50モデルを数えるようになった。

 

f:id:eddie_k1967:20190515172023j:plain

 

そもそも中国の自動車産業は、旧ソ連の自動車メーカーだったジルの支援で1953年にまず国営第一汽車が立ち上がり、58年に上海汽車、69年には第二汽車(現在の東風汽車)が誕生した。やがて旧ソ連の影響を色濃く残すのは第一汽車の「紅旗」ブランドだけになり、上海汽車VWフォルクスワーゲン)と合弁会社を84年に設立して以降は日米欧の自動車メーカーが中国企業との合弁設立または技術支援を行なうようになった。自動車技術のすべてが海外からの輸入であり、先達の模倣も当然の手段だったといえる。

そんな中国の自動車産業に変化が訪れたのは2002年ごろだった。中国企業が海外モデルのリバースエンジニアリングデータを販売するようになり、これをもとにコピーが流行した。ボディ外観を精密な計測機で寸法測定し、ボディを中心線で切断して分解し、内部のパネルも採寸し、場合によっては鋼板の強度測定や接合方法の検証も行なうという精密コピー作業によって得られたデータは、そのままCADデータとして設計に利用された。

 

f:id:eddie_k1967:20190515171945j:plain

 

もともと精密リバースエンジニアリングは日欧米で発展した。ライバル社の実力を知るための戦力分析手法なのです。中国のエンジニアリング会社はそれを真似したに過ぎない。同時に欧米系エンジニアリング会社も中国で設計データの販売を始めた。21世紀に入ってからの中国製コピー車は、それまでのアナログ的コピーとは別次元の精巧なデジタルコピーであり、素材の選択と接合方法さえ間違えなければボディ性能もほぼまるごとコピーできる。

もっとも、中国の自動車メーカーは精巧なデジタルコピーが可能になる前から、あの手この手で模倣を行なっていた。いわば伝統なのである。当然、真似された側の海外自動車メーカーは提訴という手段に出る。しかし、これまで中国の裁判では勝訴できなかった。

 

f:id:eddie_k1967:20190515171855j:plain

 

中国政府は従前から、あからさまなコピー車については“非難する姿勢”を見せてきた。しかし、実際の裁判で中国企業が敗訴した例はなく、日欧米からは「世界の知的財産権ルールにのっとるべきだ」との指摘を受け続けてきた。

今回のJLR勝訴は大きな前進のようにも見える。この判決事例でコピー車が少しでも改善されるようなら悦ばしいことなのだが、おそらく実態はあまり変わって行かないともいえよう。当面なのか、しばらくの間なのかは不明だが中国で生産される自動車は、まだまだ今後もコピー車天国であり続けるのかもしれない。

 

f:id:eddie_k1967:20190515171359j:plain

 

 

【 Land Wind X7 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=T3jKJ38enYE

 

 

【 Range Rover Evoque vs Land Wind X7 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=brJghY8Q9G8

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら