eddie-k’s エコカー blog

環境にやさしい!地球にやさしい! 自動車新技術やレースなどの情報ブログ 【毎日更新!】

● 「TVR」 新型グリフィス生産開始に遅れ 新工場、改修作業が始まらず

f:id:eddie_k1967:20190613221014j:plain


TVRは小型スポーツカーの製造を特徴としたイギリスの自動車メーカーだった。こだわりの自動車メーカーは製造販売と経営状況との狭間で会社運営は混乱状態に陥り、その後に経営破綻となってしまった。

 

f:id:eddie_k1967:20190613220516j:plain

 

経営者の交代や買収などを経て、政府も含めて再建が目指されていました。現在、新生TVRは、新工場で一刻も早く新たな活動を始めることを希望しています。そして、ウェールズ政府が選んだ業者よって、新しい工場がしっかり整えられる段取りだったのですが…。

 

f:id:eddie_k1967:20190613221222j:plain

 

紆余曲折の状態だったTVRは、2017年9月に最高出力507psのV8エンジンを搭載する全く新しいグリフィスを発表しました。この発表でマニアの方はTVRの復活を期待したことでしょう。同社は、ウェールズのエブブ・ベールにあるラッソー工業団地内の新工場で、その新型車の製造を予定していました。

 

f:id:eddie_k1967:20190613221141j:plain

 

しかし困ったことに、現時点では工場の改装作業がまだ延期されているのです。ウェールズ政府は2018年、TVRの株式の3%を買い取り、さらに200万ポンド(約2.8億円)を貸し付けたそうです。それによってこのプロジェクトは、欧州連合の政府出資に関する規定に従わなければならないことになってしまったのです。

 

f:id:eddie_k1967:20190613221318j:plain

 

荒れ果てた工場の改修作業を請負う業者の入札には、ウェールズだけでなくEU全体から行わなければならなくなったのです。ウェールズ経済運輸大臣ケン・スケーツ氏は、「現在、このプロジェクトには適切な建設業者を選定しているところだ」と状況を説明しています。

 

f:id:eddie_k1967:20190613221341j:plain

 

一方のTVRは、すぐにでも作業が始まることを希望しており、同社のSNSに声明を掲載しました。メッセージでは次のように述べられています。「我々がさらなる詳細を発表する以前に、いくつか細々とした問題を解決しなければなりません。しかし、本件に関わるすべての人々にとって、生産されるクルマのタイヤ・スキール音やエンジンの唸る音がもうすぐ聞こえてくるということを正式に発表できること自体が素晴らしいニュースになることでしょう」

 

f:id:eddie_k1967:20190613221403j:plain

 

遅れの原因についても、「有害で特異な物質の発見や屋根と防火装置の貯水タンクの状態など、建物内に関するいくつかの不明点や問題点をはっきりさせる必要があるため」と付け加えています。

 

f:id:eddie_k1967:20190613221512j:plain

 

TVRは当初、2019年初頭には最初のグリフィスを納車したいと考えていました。工場の改修が遅れている現状では、まだ生産開始がいつになるのかは明らかにされていません。

 

f:id:eddie_k1967:20190613221426j:plain

 

 

【 TVR Griffith Revealed の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=lk_-vnOoRMY

 

 

【 TVR Drive-by 1 の動画はこちら 】

https://www.youtube.com/watch?v=xj6uTr1AJls

 

 

 f:id:eddie_k1967:20190406132340p:plain f:id:eddie_k1967:20190406132357p:plain
  f:id:eddie_k1967:20190412103834p:plain 

 

  

           ← 購入はこちら